FC2ブログ

記事一覧

林家正蔵


 落語には廓噺(くるわばなし)と云うジャンルがあります。現在は廓が廃止になってしまったので、江戸時代
からあった廓遊びと云うものがどう云うものなのかが判らなくなっており、廓噺をする噺家も廓の事を知らないし、それを聴く客もよく判らないと云うのが実情ではないでしょうか・・・

と云う事で廓とはどう云うものなのかを改めて考えてみたら・・・意外な事に気が付きました。幾つかの廓噺を
聴いてみると判りますが、そのシステムが一つではなく幾つかのパターンがあります。

一番多いのは、いわゆる「ぎう(妓夫)」と云う遊郭の若いもんが、店の前で客に声を掛けて登楼させ、幅の
広い階段をトントントンと二階へ上がり、「ひきつけ」と云われる部屋に待機している「おばさん(遣り手婆)」に客を渡す。そのおばさんは、年が明けて(店への借金が完済し)自由の身になったのであるが、身受けもされず、さりとて女郎を続けるには盛りが過ぎていて客を取れないので、おばさんと云う、客から有り金を巻き上げるマネージャーの仕事をしている。

客から先払いで料金を取り上げたおばさんは、そこで初めて客に女郎を引き合わせて部屋へ送り込む。この「
妓夫とおばさん」のパターンがどこの遊郭でもやっている一番多いパターン。

志ん生が作った小噺とされる「カエルの冷やかし」ってのがありますが、それでやっているシステムは、「妓
夫とおばさん」とは別のパターンで、在籍女郎の実物見本を格子内に見せている、いわゆる「張り店」タイプ。この張り店で営業しているところでないと冷やかしは出来ない。格子の中にいる女郎は、客を誘う方法として煙管を用い、客に対して「一服お上がんなさい」と煙管を渡す。客は一服吸って気に入れば登楼すると云うパターン。

ちなみに「冷やかし」の語源は・・・浅草の紙漉き職人が、和紙を干やかす(ひやかす=乾かす)間は仕事にな
らないので、その空き時間に吉原の張り店の女見物をやりました。煙草を只飲みするだけで登楼しないので、その事から冷やかして歩くと云われるようになったらしい。

更には、落語の「五人廻し」と云う演目で語られている「廻し」と云うパターンがあります。この「廻し」を
やっていたのは浜松から東の地域の遊郭であり、西の遊郭では「廻し」はやってなかったと榎本滋民さんは解説しています。その理由は・・・新興都市江戸には多数の人間が新たに流入しましたが、その多くは男性であり女性は少なかった。つまり江戸と云う都市の男女比率は、男が圧倒的に多かった為に女不足だったと云えます。

それが遊郭のシステムのパターンにも現れていて、客に対して女郎の数が少なかったので、どうしても客は行
列して待つ事になります・・・が、それでは女郎の数だけしか店としては収入にならないので、指名だけ受け付けて客から金を取り廻し部屋に入れました。もちろんそれは貧乏な客の場合で、大金を支払う常連客は、本部屋に入りちゃんと指名した花魁が来ました。一般客は金を払って登楼したのに女が来ないのでは帰るに帰れません。夜中に客から苦情を云われるのは、火の用心の為に夜回りをやっている若いもんと云う事になります。

その他には「お直し」と云う落語に出て来る最下層の蹴転(けころ)と云う、やらずぼったくりの暴力システ
ムもあったらしいが、よゐ子はそんなところへ出入りしてはいけませぬ(^ω^)

こう云う演目のサゲを書いちゃうと推理小説の種明かしをしちゃうようなものなので、書かない方がいいです
ね。江戸時代に歌舞伎にも取り上げられた演目ですが、東京の廓噺と云えば、志ん生、正蔵、圓生のようなそうそうたる大師匠の若き日に廓噺を伝授したのは、三代目 小さんの弟子のメクラの小せんでした。

https://www.youtube.com/watch?v=a946itTD1ws

映像データ・・・昭和47(1972)年4月24日(月) 第五次落語研究会 第50回公演 国立劇場小劇場 正蔵77歳時

データ・・・八代目 林家正蔵 明治28(1895)年5月16日~昭和57(1982)年1月29日 享年86 前名=五代目 蝶花楼馬
楽 最晩年一年のみ=彦六 出囃子=菖蒲浴衣 本名=岡本義 通称=稲荷町 トンガリ馬楽

コメント

No title

学生時代に例の防止法が施行されました。
もう学割では行かれないって男子学生が嘆いていました。
「青春の門」の時代でした。
それから60年安保になるんでしたっけ???(*^-^*)

No title

> 安寿さん、横レス失礼。
防止法の施行は昭和33年、1958です。
行き場を失った若者たちが当然の帰結として60年安保で騒ぎまくりました。
防止法の施行がもう2年遅れていたら、60年安保もすんなりいったでしょうね。

No title

藪さん、涙が出るほど懐かしい映像をありがとうございました。多分私もVHSで持っていると思います。
この噺のサゲはこれでなくてはいけません。男の自惚れがよくわかるのです。
相撲取りが「まわしを取られてふられています」のサゲは好きではありません。喜多八師に言おうと思っていたのですが、その前に死んじゃいました。

No title

神近市子
この婆さんが、「あんなもんは要らないんです!」と、国会で迷言を吐いて売春防止法を成立させました。
本人は、あの大杉栄の愛人で、新しい愛人を大杉氏が作った事に激怒、大杉氏を刺して殺人未遂で逮捕されている。
そんな奴に、廓は廃止されたかと思うと、当時の議員は情けない。

八代目、稲荷町の正蔵は、三遊亭圓楽を二つ目で襲名、そのまま真打。しかし、落語革新派に参加し一時協会を抜けて、再度協会に戻り四代目小さん門下へ。
小さんの死後、蝶花楼馬楽を襲名したが、五代目継承を小三治と争いまけて、正蔵になる。

No title

(*´▽`)ノ ・゜:*:゜★こんばんわ~☆・゜:*:゜
おばさんと言えども女のま~ぶるでございます。
(*⌒▽⌒*)
江戸弁や地方のなまり言葉まで上手に話されていますね。
一般客さんはお金を払っても
女郎さんに来てもらえなかったのですね。(*′艸`)
ゆっくりと丁寧な話し方なので聞きやすく、
面白かったです。(^_-)-☆

No title

*安寿先生。。
昭和33年と云えば藪さんは小学校三年生の紅顔の美少年。そもそも廓なんてのは知らなかった(^ω^)

昭和25年に日本の戦争責任をどうするかと云うサンフランシスコ講和条約ってのがありました。当時のソ連と中国は講和条約に署名していないので、今だに敵国なんです。

講和条約のあとに日本全権代表の吉田茂は賠償責任を回避する為に、日米安全保障条約を結び、日本への米軍基地を了承しました。

日米安保条約は十年ごとに再締結されるって事になっていて、一回目の60年安保の時のデモが有名ですね。藪さんから云わせると、今の野党もそうなんですが日本の歴史を判ってないIQの低いバカばっかりなんだよね(^ω^)

No title

廓噺は寄席の花と誰かが言っていましたが、今や寄席では郭噺を聴く回数が減りましたね。精々「明烏」とか「とかトリで大ネタの「居残り」ぐらいですかね。喜多八師が亡くなってから「二階ぞめき」も聴けなくなりましたしね。
演者も聞き手も知らない廓噺は録音や映像の世界だけのものになって行くのでしょうか? 残念な気持ちですね(^^)

No title

*けんちゃん。。
石原裕次郎さんの映画で、裕ちゃんが安保反対のデモ隊に参加するってのがありましたが、当時は安保反対ってのが旬だったんですよね。

10年毎の60年安保再締結当時の岸信介総理邸には安保反対のデモ隊が押し寄せました。岸さんの孫の安倍晋三現総理はデモ隊の真似をして、安保反対と云って遊んでいたそうです(^∇^)

No title

*けんちゃん2。。
この演目は、正蔵にしては珍しく笑わせてますね。「まわしを取られて・・・」ってのは下根多のサゲになっちゃうので大師匠たちはやりませんでした。落語ってのは何をやってもいいんじゃなくて、品が大事なんです。

緋縮緬の裾が開いて・・・この先、本が破れてましてってやるのが下根多をやらなかった志ん生の定番です(^∇^)

No title

*Marsさん。。
売防法が出来た時に一番困ったのは男ではなくて、そこで働いていた女性です。男は遊びで行ってるんだけれども、それを相手する女性はそこで仕事をしているので、売防法は女性の仕事を奪ってしまったと云う事を、ばあさんたちは判っていない。

後年に圓生の天敵になってしまった正蔵は、当初は三遊派の同門だったんですね。落語改革派と云うのは、「ちりとてちん」を作った柳家小はんと古今亭今輔と正蔵ですね。残念ながら協会を脱退した圓生一門同様に落語を演じる場所がなくてポシャリました。

三代目 圓楽を名乗っていた時に師匠が亡くなって行き場がなくなっていた正蔵を救ってくれたのが三代目 小さんでした。小さん門に移ってから馬楽の弟弟子になりました。馬楽が四代目 小さんを襲名すると、正蔵は兄弟子の馬楽名跡の五代目を襲名したんですね。

No title

*まーぶるさん。。
ははは^^気を付けて下さい(^ω^)

落語のご通家は正蔵と云えば先代の八代目なんです。その他の連中を正蔵とは呼びたくないんです。それほど八代目の落語は、戦後昭和の大師匠たちと肩を並べるほど素晴らしかった。今の一山幾らの落語家なんて足元にも及びません。

No title

*菖蒲園さん。。
落語って客を納得させなくてはならないので、こぶ蔵のように絵空事を語っても客は何云ってんのと思うのは当然です。それは落語の芸ではなくて、落語の粗筋を語っているだけなんです。

正蔵が残してくれた(TBSのおかげですが)この落語研究会の映像は、実に素晴らしいモノで永久保存版だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ