FC2ブログ

記事一覧

さんてんいちいち

 なんか「ごういちご」とか「にいにいろく」ってのに似てますが、7年前の平成23(2011)年3月11日に発生した東日本大震災から7年が経過しました。

ほとんどの被災者は今だにそれ以前の生活に復帰出来ていない。福島原発の放射性物質流出により現地住民は自分の家に戻る事さえ出来ていない。陸地の放射性物質に汚染された土壌の除染は完了したようだが、大量の除染物質の置き場が問題になっている。

どうするんだよ? 現在政府がやっているのは汚染物質を一時保管する場所への移送です。汚染物質が大量な為に福島県内の10トンダンプを総動員しても数十年も掛かってしまう作業です。

しかもそれは一時置き場への移送であって、使用済み核燃料を保管している青森県の六ヶ所村同様に、一時的に保管するだけであって放射性物質が人間に安全なレベルになるまでは十万年掛かると云われています。

北欧ではオンカロと云う地下施設に使用済み核燃料を保管していますが、十万年後の人類にその危険性を伝えるにはどうしたらいいのかが問題になってます。たかだか五千年前のエジプト文字を読み解くのさえ苦労してるんです。今の言語が十万年後の人類に伝わるのか?

被災者には申し訳ないけど地震や津波は天災です。人間がどう頑張ったってその予知は出来ないし防御も出来ません。でも原発事故は明らかに人災です。人間が安易に便利を求めた事への報い(むくい)なのかも知れません。

ダイナマイトを作り出して多大な利益を得たアルフレッド・ノーベル財団はノーベル賞ってのを作り、受賞者には一億円程度の現金を与えてます。何故そんな事をするようになったのかと云えば、自分の発明が戦争に使われて多くの死者を生んだ事を反省したからです。

人類に取っての不幸は、放射性物質が人類にはコントロール不能な悪魔である事を強力に訴える科学者がいなかった事です。アインシュタインでさえそれができなかった。十万年後の心配をする事はない。あと百年以内に人類は核兵器や原発事故の放射性物質によって滅亡します。

元総理大臣だった小泉純一郎さんの原発廃止論に付いて、年寄りのたわ言だと馬鹿にする人がいますが、藪さんはそうは思わない。小泉さんは総理にのし上がって頂点に立った人です。今更求める事なんか何もない。頂点には立ってないけど今の藪さんと同じ心境だと思います。

子孫に残すべき提言としては原発廃止しかないでしょう。

コメント

No title

今すぐに原子力発電所をなくすのは難しいかも知れませんが、政府は廃絶に向けて努力しないとならないと思います。
我々もその為のコストを払わねばならないと考えます。そっして政府をきちんと監視せねばならないのではないでしょうか?
野党も騒いでるだけではなく、このような事のロードマップをきちんと出さないと駄目ですね(^^)

No title

(*^o^*)お(*^O^*)は(*^o^*)よ~ッございます。
素晴らしいご意見です。ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆
原発廃止大賛成です。

日本をこれから支えてくれる子供達が
安心して暮らせるように・・・https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/059.png">

No title

原発廃止に協力します。停電でもなんでもやってください。
不便はみんなで我慢しましょう。

小泉さんは在任中になぜ原発廃止をやらなかったんだろう???(?_?)

No title

*菖蒲園さん。。
今すぐ銭食い虫の原発を廃止してもぜんぜん問題はありません。原発による発電ってのはもっとも高価な発電なんですが、歴代政府はそれを誤魔化してきた。

何故? 原発利権と云う美味しいエサがあったからです。原発の開発費に何兆円が使われてきたのか。使用期限が40年と云われている原発の廃炉に何十兆円掛かるのか。更には使用済み核燃料の処理には数百兆円も掛かるのです。

それを税金で補填してるんですから、こんなとんでもなく高価で危険な電力はないんです。

No title

*まーぶるさん。。
北朝鮮の核兵器を批判する権利は日本政府にはないと思います。何故なら核兵器と同じくらい危険な原発を放置しているからです。

原発の事故による放射線物質流出は、核爆弾の脅威と同じです。藪さんは敢えて苦言を呈しますが、もう一度どっかで原発事故があったらいいと思ってます。そしたら日本でやっと原発廃止論が沸騰するでしょう。

No title

*安寿先生。。
藪さんが幼児の頃の昭和20年代末には、頻繁に停電がありました。ローソクや灯油ランプを点けてなんともなく生活してました。不便なんて感じてませんでした。

電力が止まると困るのは大企業であり庶民ではありません。もちろん大企業はたくさんの庶民を雇用しているので、共産党のように大企業から法人税を取れってのは、経費節減の為に庶民がリストラされちゃうので無茶苦茶な話なのですが、江戸時代の事を考えたら長屋の住民で無職の人はいっぱいいたんです。

それでも生活できていた。それは日本の江戸時代こそ本当の共産主義だったからです。マルクス=レーニンの共産主義ってのは机上の空論であって、日本の江戸時代でこそ共産主義は実践されていたんです。

No title

こんばんは。(*^-^*)
環境を守る為に政府はエコカーとして
電気自動車を推奨していますが、
日本中の車が電気自動車になったら
電力が不足して原発に頼らないとならない事実。

矛盾だらけの世の中です。

No title

核を制御できないのに稼働ウンヌンを云うのが理解できない
今の政治家に体を張る人がいないのが残念です
自民党の一党独裁にも問題があるが野党ももう少し頑張ってもらいたい
ブレない共産党は支持者が少ないが社民党とタッグを組んで原発反対を大きな声にしてもらいたいですね
小泉元総理も細川さんを抱き込むのではなく、民進党などの反自民党を抱き込んで原発反対運動を大きくしてもらいたいです
福島の原発被災者にもっと話を聞いてほしいですね
補償する東電はなるべく安い金でごまかそうと書類を面倒にしている現状を福島の国会議員は黙認しているんです
見捨てられた福島、埼玉の加須で浪江町の避難住民が帰りたがりません
汚染水が垂れ流し、汚染物質が東風や南風で内陸に流れている現状です
いまだに核汚染容器に蓋がされていないことも取り上げられなくなっている
風評被害をいい事に棚上げです
原発事故後各地の空き地に太陽光発電所が至る所にできて電気が余り状態です
もう国と東電に騙されないようにしたいですね

No title

*まーぶるさん。。
排気ガスを出さない電気エネルギーを使った自動車はこれからの主流になるはずです。もちろんその電気を作る方法が問題になりますね。

エネルギーを作り出す様々な方法を考えてみると、すべてに問題があるんです。日本列島は山と海が接近しているので水力発電をしやすい。だからと云ってアチコチにダムを作ると自然環境を破壊しかねない。

もっとも高コストでダーティーなエネルギーの原発なんかもっての他。現代日本の状況を考えてみると、ゴミを燃やして発電する方法がベストではなかろうかと思います。もちろんダイオキシンや二酸化炭素の発生と云う問題がありますが、放射線汚染よりマシだし、石油を燃やす火力発電より低コストです。

ゴミ処理と発電が両方できますからね(^∇^)

No title

*右近さん。。
キューリー夫人はラジウムを発見しましたが、放射性物質が人体には危険だって事が判ってなかったので、確か白血病で亡くなりました。

今から40年前には評論家の竹村健一なんかが東電がスポンサーの番組で、原子力発電はもっともクリーンなエネルギーだって云ってました。使用済み核燃料の処理さえ出来ないのに、なんでクリーンなエネルギーなんでしょうか。でも40年前にはもっともダーティーなエネルギーだって事が判らなかったんですからしょうがない。

原発事故の現場には十万年経っても帰れるかどうか判らないんです。周辺の子供たちには甲状腺異常が出てきているのに、今だに原発を推進しようとする連中がいる。原発利権で頭がおかしくなっているとしか思えません。

No title

おはようございます。(*^-^*)
太陽光発電はパネルに耐久性がないようですし・・・
ゴミ発電が良いのですね。(@^-^@)

我が県を通るリニアの建設で、
大鷹が生存が危ぶまれています。( ̄ー ̄;
環境破壊は避けたいですよね。

No title

*まーぶるさん。。
ソーラーパネルってのは、台風や地震の多い日本ではメンテナンス費用がかさんで収益が出るまでには至ってないようですね。

日本列島は火山帯の上に乗ってるので地熱発電は有望です。しかしながら、温泉の景観を崩すと云うので開発はストップしてます。海に囲まれている日本列島ですから海から資源を得る方法が考えられます。

つまりメタンハイドレートと云う凍結した天然ガスが日本の海底の周囲に無尽蔵に埋まっていて、自然の状態で気化しています。もしその天然ガスを回収する事ができたら、日本はエネルギー資源大国になります。

しかし残念ながら原発利権や石油利権に溺れている政治家によって、メタンハイドレートの掘削費用の予算がカットされちゃってます。

藪さんが提案したゴミ発電ってのは、都会のゴミ問題と発電を両方解決する方法だと思うからです。落語にも出てきますが江戸時代の生活ってのはゴミは資源でした。つまり究極のリサイクル社会だったのです。

落語は単なる面白いだけの話ではなくて、現代社会が学ぶべき多くの事を語っているんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ