FC2ブログ

記事一覧

後楽園のカルガモ


 カルガモが有名になったのは20年位前だったろうか。大手町のビル街でお母さんのあとを付いて十羽くらいのヒナがヨチヨチと道路を横断しているのが可愛いと、盛んにテレビで報道されました。

その他にはカルガモ農法と云って、農薬を使わずに稲作の雑草や害虫をカルガモに食べさせると云うのも知られています。

都会で子育てをする野鳥で有名なのは、何と云ってもツバメちゃん。例年だと、あと一週間ちょっとで藪さんローカルの四ヶ所の子育て場所に、ツバメが帰ってくるはずです(^∇^)

今の時期に小石川後楽園の庭園に行きますと、一番大きな池の真ん中にある蓬莱島と云うところを産卵場所にしてカルガモが子育てをしています。カルガモのひよっ子がチョコチョコと泳いでいて可愛い(^∇^)

とは云え藪さんローカルには護国寺の奥に豊島岡墓地と云うのがあり、そこが東京のカラスの三大生息地の一つになってます。東京のカラスは童謡にあるように山で子育てするんじゃなくて、都会で子育てするんです。

だから、ツバメのヒナやカルガモのヒナ、更には小猫さえもカラスの子育てのエサとして攫われてしまうんです。だからってそれは自然界の弱肉強食の掟であって、人間が余計なチョッカイを出してはいけないと藪さんは思います。

藪さんはツバメの専門家なのでカルガモの事は良く知りませんが、だいたい十羽くらい生まれて、成鳥になれるのは二、三羽らしい。その歩留まりはツバメとだいたい同じだと思います。生まれたヒナのすべてが成鳥にはなれないんです。悲しいけれどもそれが自然界の掟なんです。

 撮影データ・・・平成30(2018)年3月23日(金)午前十時 小石川後楽園

コメント

No title

かつて勤務していた高校の玄関前の池に毎年カルガモの親子がすみついていました。
池の真ん中の小さな島に技能員さんが小屋を作ってやり、毎日餌もやってました。
親子は野良猫が池へ来られないのでゆっくり眠れるようで、
しかも食事付きの宿ですので天国でした。
毎年巣立つまで全員無事でしたが近くの川へ巣立ってからは行方は解りませんでした。
生徒たちもみんなで可愛がっていました。(*^-^*)

No title

動画の中で藪先生が解説の人みたいに説明してるのが妙におかしかったです。
常連だというおじさんも良い味出していましたね(^^)

No title

こんにちは。(*^-^*)
お母さんが丘に上がっても、
カルガモちゃんが元気に泳いでますね。
可愛い~。(。→∀←。)キャハ♡
職員さんも自然界の掟に逆らわず
毎年カルガモちゃんを見守っているのですね。

No title

*安寿先生。。
子供の頃に動物と触れ合う事は、人間の情操教育にとって非常に重要だと思います。子供の頃の藪さんの家の狭い庭には、ニワトリとアヒルとチャボが、おばあちゃんが丹精した植物の若芽を食べてました(^∇^)

アヒルのヒナをお菓子の懸賞で当てて二羽貰って来ました。でも一羽はすぐに死んじゃって一羽だけが育ちました。ガー公と云う名前を付けましたが、こいつが凶暴で番犬のように人間を襲うんです(^ω^)

半ズボンを履いていた子供の頃の藪さんは、ガー公に随分ふくらはぎを齧られました。ガー公はどう云う訳かサンダルが大好きで、ガー公に襲われそうになると履いていたサンダルを投げます。そうするとガー公はサンダルを加えて戯れる(^∇^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんの呟きに入って来ているのは、ここで三年間ガードマンをやっていると云う話好きの人でした。だから藪さんはその人といろんなお話をしました。

そのガードマンさんはよっぽどカルガモが自慢らしく、お客さんを連れて来てはカルガモを見せてました(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
小石川に住んでいる藪さんはなかなか自然に接する事が出来ませんが、150円払って後楽園に入園するとたくさんの自然に接する事が出来ます。まさに都会のオアシスです。

植物園や六義園は広過ぎてなかなか見て回る事が出来ませんが、後楽園は適当な広さで丁度いい。

No title

(*´▽`)ノ ・゜:*:゜★こんばんわ~☆・゜:*:゜
リコメもお疲れ様でした。
(^ー^@)qq(・▽・*)お肩をたたきましょ♪
植物はお手入れも良く管理されているし、
カルガモも巣を作り毎年子育てできる環境を整えて、
まさに都会の中のオアシスですね。
素晴らしいです。ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆
カラスが多いのに田舎よりカルガモの生存率が高い事も
庭園内の環境が整っているのだと思います。

No title

*まーぶるさん。。
後楽園はどう云う経営形態になっているのか判りませんが、都立公園ですから都の予算が多少は入っているんでしょうね。常に植木屋さんが数人入って松の手入れなどをやってますので、入園者数も少ない事から入園料が300円程度ではやっていけないと思います。

小石川植物園は入園料が400円ですが、入園者数も多く東京大学の植物研究施設ですから、植物の手入れはしてなくて自然の状態にしているし、理学部の学生が運営しているので、本来なら入園料はタダでもいいはずですが、広大な敷地の固定資産税を払うためには入園料が必要なのかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ