FC2ブログ

記事一覧

ツバメの観察 二日目と三日目


 連日ツバメの観察をなさっている皆様、ご苦労様です。出来れば皆様の観察状況を知りたいので、ちょっとでもいいからコメント欲しいです。日本野鳥の会よりもはるかに詳細な観察をしていると自負している藪さんです(^-^)v

ローカルでは、今年は3月31日の早朝5時過ぎに毎年二回の子育てをする場所のそばで、一羽のツバメが休んでいるのを発見しました。地面に落ちているフンの状況から、前日の深夜に飛来したものと思われます。

ご承知のようにこの時期のツバメの観察は非常に難しい。なぜかと云うと、午後6時頃には寝床に帰って来るのですが、朝5時頃にはどっかへ飛んで行っちゃって日中は子育てをしようとしている場所のそばにはいないからです。

飛行中のツバメを発見したと云う報告を幾つかいただきましたが、そのツバメは上記のような状況で日中に飛行しているツバメです。出来ればそのツバメの寝床を発見していただくと、子育てをする場所が判ります。

藪さんローカルでは、例年と比べるとツバメが寝床にやってくるのは早かったのですが、残念ながら一週間以上経過してもまだ産卵床を作る行動には入っていません。

藪さんがファーストランと云っている、一回目に子育てをするツバメは、去年子育てをしたローカルの四ヶ所の産卵場所でも、まだ産卵床作りには入っていないようです。

お母さんの子育てを支援する、4~5羽の地域のオスのヘルパーさん軍団もまだ組織されていないようなので、無防備なお母さんはなかなか産卵床作りには入れないようです。

以下の動画は、まだほとんど動きのない状態で、お母さんが子育てをしたい場所のそばを寝床にして毎日帰って来ているだけです。ツバメはその地域の集団で子育てをする野鳥なので、子育てのガードをしてくれるヘルパーさん軍団が組織されないうちは、産卵床を作らないんです。

 撮影データ・・・平成30(2018)年4月1日~2日 ローカルのツバメのお宿

コメント

No title

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございます。
早朝からのご観察お疲れ様です。
毎日帰って来るという事は、
今年も子育てが始まりますね。
(((o(*゚▽゚*)o)))
こちらでは高速道路の高架橋の下で軍団で飛んでます。

No title

神奈川県西部の私の家のそばは、二年から三年前までは、駅の屋根にツバメが来ていましたが、近年来なくなりました。
飛んでいるツバメの姿も、まだ目撃しません。

No title

取材、ご苦労様でした。ウチの近所にもツバメは見なくなりました。他の鳥は多く見るのですが……何かツバメに子育てしにくい環境になってしまったのでしょうね。

No title

*まーぶるさん。。
毎日午後6時ごろにツバメのお宿にツバメが帰って来てそれを観察できる藪さんは、なんて幸せなんでせう(^ω^)

時々日中にポールに止まっているのを発見するのですが、土や柴を運んできて産卵床を作る行動には至ってません。24時間観察している訳ではありませんが、地面に土が落ちていない事で産卵床作りはまだ始まっていない事が判ります。

ツバメレポートありがとうございます。まーぶるさんローカルと都心部の藪さんローカルのツバメの子育ては若干違うと感じています。ツバメの最初の発見から十日が経過していますが、まだ一羽しか見ていません。

多くのファーストランのツバメは多摩川の河川敷に帰って来ているとは思うのですが、まだ藪さんローカルの地区担当が決まっていないようです(^ω^)

No title

*Marsさん。。
ツバメレポートありがとうございます。

以前のツバメは電車の駅で子育てをする事が多かったのですが、公共の場所ではどうしてもフンが落ちる苦情が入って産卵床が撤去される事が多くなりました。カラスやヘビなどの自然の天敵にやられた場合は、問題なく同じような場所に産卵床を作るのですが、人間が産卵床を撤去した場所ではそれ以降、ほとんど子育てをしないと云う状況を藪さんは観察しています。

カラスやヘビにやられるのはヘルパーさん軍団のガードが弱かっただけで、たまたまなんですが、人間が産卵床を撤去した場合は次も必ず撤去されると云う事をツバメは学習しているんだと思います。

No title

*菖蒲園さん。。
菖蒲園さんローカルのそばにはツバメが集団でやって来やすい河川敷がありますよねぇ。それなのにツバメがやって来ないと云うのは、過去に何度も産卵床が撤去されてしまった為に、ツバメが危険ゾーンと思っているためではなかろうかと推測します。

ツバメって結構根に持つ野鳥で、産卵床が撤去された場所の近くには二度と産卵床を作らないと藪さんは感じています。

No title

こんにちは。(*^-^*)
お疲れ様でした。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
毎年帰ってきて、毎年ツバメちゃんの子育てをご覧になれるって
素晴らしい事だと思います♪(゚▽^*)ノ⌒☆
今朝は富士山の見える大きな田んぼに行ってきましたが、
ツバメは飛んでませんでした。
もしかすると・・・大きな田んぼはファーストランの飛行訓練の場所なのかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
市内でも違うので面白いです。(*′艸`)

No title

*まーぶるさん。。
ツバメが低空を飛行する時は、ほとんどの場合エサの虫を捕食するためです。ツバメが高速移動する時には、肉眼で辛うじて視認できるくらいの、かなりの上空を飛行します。

地域のヘルパーさん軍団が集団で地域の子育て状況をパトロールする時は、中空を飛行します。その知識を披瀝するだけでもツバメ博士と云われます(^∇^)

ファーストランで日本に飛来しているツバメは、長距離を移動してきた大人のツバメですから飛行訓練は必要ありません。何メートルぐらいの高度を飛行していたのかってのは、その飛行の意味を知る上で重要な事なんです。

産卵場所とエサ場の調査。天敵が少ない場所を探すのはツバメの子育てにとって重要な事なんです。引き続きツバメレポートをお願いしますね(^∇^)

No title

朝早くから夜6時、定期観測とはいえ日の出前と夕方6時はきついですね
私は出かけない日は、まだ布団の中と夕方は飲んじゃっています
もっとも出かけるのはお天気のいい日だけです
天予報を見て計画を立てています^^
夏まで大変ですが頑張ってください

No title

*右近さん。。
藪さんローカルのごみ収集は朝8時に来ます。ですからゴミ出しのついでにツバメ観察ってのが、この時期の藪さんのルーティーンです(^∇^)

さっきゴミ出しのついでに見たら、まだ外は暗いので、表の右の棚でツバメは起きてましたが出かけてませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ