FC2ブログ

記事一覧

ツバメのさえずり


 ファーストランのツバメの目撃情報が続々とお寄せいただけるようになりました。春本番となりあったかくなって、いよいよツバメの子育てが始まりまっせ(^∇^)

ところで皆さんはツバメのさえずりの鳴き声をお聞きになった事があるでしょうか? 藪さんの観察ではオスのみがさえずっていると思います。メスはさえずらない。ただしお母さんは、ヒナが大きくなって産卵床から巣立つように促す時に、ヒナに向かって「巣立ちなさい」と声を掛けます(^ω^)

ツバメのさえずりはオスのヘルパーさんがやります。藪さんには「♪チュピチュピ チュピチュパ ズィー」と聞こえます。それを「土食って 虫食って 口苦い」と聞きなした人もいるようです。

まあそれはどうでもいいんですが、そのさえずりの意味は何なんでしょう? ツバメのオスは飛行しながらもさえずっているのを藪さんは観察しています。その事から、オスがメスを呼ぶ為にさえずるのではないかと考えられます。

しかし以下の動画をご覧になるとお判りになると思いますが、既に産卵場所を決めたお母さんをガードしているヘルパーさんも同じようにさえずっているんです。

その意味を考えると、ここに産卵床があるので、他のメスは近寄るんじゃねぇ~! と縄張りを主張してさえずっているのか? それともカラスやスズメを威嚇しているのか? う~ん。ツバメに聞いてみないと判らない(^ω^)

 撮影データ=平成30(2018)年4月26日(木)午前4時20分 藪さんローカル

ちなみにまだ日の出前なので、あたりは真っ暗で街路灯があっても上空の電線に止まっているツバメの姿は、さえずりの声は聞こえても肉眼では見えません。人間の目よりも夜目が利くビデオカメラのCCDのズーム機能があってこそ、こう云う撮影が出来るんですね。カメラさんありがとう(^ω^)

コメント

No title

(*^o^*)お(*^O^*)は(*^o^*)よ~ッございます。
元気に囀っていますね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
お母さんは丸くなって寝てますが・・・(*′艸`)
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
オスが鳴くのですね。....〆(・ω・。) メモメモ
早朝の空に甲高い声が響き渡ってますね。
ツバメの声から「今日も頑張ろう」って
元気をもらいました。(人''▽`)ありがとう☆

No title

つばめのさえずりを聞いたのはいつが最後か思い出せません。
懐かしいな。
ありがとうございました。

No title

確かに仲間に何かを伝えている感じもしますね。面白いですね(^^)
それにしてもツバメのさえずり、久々に聞きました。ありがとうございます!(^^)

No title

今年も飛んでいるのは見ましたが囀っているのはl聞きません。
こんなに鳴くんだってビックリです。
ツバメもそうですが雀の鳴き声も最近聞きません。
シジュウカラとウグイス、コジュケイは聞こえますが・・・(*^-^*)

No title

*まーぶるさん。。
今日の午後の観察では、ヘルパーさんは「ズィー」をやってました。それを考えると「ズィー」を入れないさえずりは縄張り宣言で、「ズィー」を入れるさえずりは、産卵床へ近寄るなと云う威嚇ではなかろうかと推測しています(^∇^)

動物は意味のある言葉を喋れないと人間は勝手に思ってますが、それはあくまでも人間がその言葉を理解できないだけであって、動物同士では意味が通じているんだと思います。

少なくともツバメは五種類くらいの鳴き方をします。スズメは十種類くらいの鳴き方をし、カラスはそれ以上の異なる鳴き方をします。

イルカは数十種類の異なる鳴き方をするので知的動物だから食ってはいけないといい加減な事を云う連中がいますが、イルカよりカラスの方がはるかに知的動物だと藪さんは思います。一説にはカラスは千種類の事を記憶すると云われています。

藪さんもそう思います。何故ならカラスは地域のツバメの産卵場所をすべて覚えているし、ヒナの生育状況さえ覚えていて、巣立ち間際の一番大きくなったヒナを狙うんです。

No title

*キャバンさん。。
ツバメのヘルパーさんはもちろん、日中でもさえずります。でも早朝の静かな時に聞くと、とんでもなく大音量で聞こえます(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
ツバメは無意味にさえずっているんじゃないと思います。藪さんがもっと若くて気力があるならば、ツバメのさえずりをすべて録音して、それぞれの鳴き方にはどう云う意味があるのかを解明したい(^∇^)

イルカでそれをやってる人もいますけどね。

No title

*安寿先生。。
日の出前の午前四時台ですから、新聞配達のバイクの音しか聞こえないような静かな状況だと、ツバメのさえずりはかなり大音量でうるさく聞こえます。

藪さんローカルで野鳥の鳴き声が聞こえる順番を申し上げますと、一番早いのが制空権を持っているカラスで、二番目がツバメのさえずり。それが終ると、当番スズメが安全確認のさえずりを始めます。

先生、欲張ってはいけません。ウグイスの鳴き声なんて植物園で数年に一度しか聞けません。それぞれの地域で野鳥はちゃんと棲み分けをしているんです。

No title

藪さんの早起きもさることながらヘルパーさんの早起きにも驚きです
しかし電気が付いたままの所でお母さんも良く寝ていられますよね
ここで子育てもするのだから感心です

No title

*右近さん。。
ツバメは毎日午後6時にお宿に帰って来て、メスは棚、オスのヘルパーさんは黄色いポールにとまって、7時までには寝ます。ツバメは早寝だから早く起きられるんです。

ぺルパーさんは午前4時15分までポールで寝てます。9時間睡眠です。4時20分には外の電線にとまって、約20分間同じ場所で大音量でさえずります。そのさえずりが終ってから、メスは5時前に起きます。

ここは駐車場の入口なので夜間には蛍光灯が点灯するから観察がしやすい。天井からボール紙が下がっているのがご覧になれると思いますが、ツバメがまぶしくないように、蛍光灯の光を遮る為に設置してるんです。こんないい環境の子育て場所は他にはありません。

だからファーストランの子育てが終わったあとは、セカンドランのメスたちはこの場所で子育てをしようと奪い合って喧嘩が勃発するほどなんです(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ