FC2ブログ

記事一覧

新緑の播磨坂


 しっかし今年は四月になってから、雨風の強い春の嵐が多いですね。藪さん取材に出掛けられないじゃないか。プンプン(^ω^)

明日ありと 思う心の 仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは

この都々逸^^は、親鸞聖人が九歳の時に得度式を延期された際に作った恨み節と云われてます。数え年で九歳ってのは現代の満年齢で云えば八歳。小学校二年生とか三年生くらいの年齢です。

つまり親鸞聖人ってのは、毒舌の元祖でませたガキだったって事ですね(^ω^)

まあそれはさて置き「新緑の候」と云う言葉がありますが、若葉が茂るこの頃は葉ザクラになったソメイヨシノの若葉も瑞々(みずみず)しく、雨上がりで気圧が高くなって晴れた時に散歩すると実にいい気分。

「セブンイレブンいい気分」と云うCMのフレーズがありましたが、その作者は新緑の小路(こみち)をおにぎりを食べながら思い付いたのかも知れませんねぇ(^∇^)

 撮影データ=平成30(2018)年4月26日(木)午後二時過ぎ 播磨坂

コメント

No title

桜の都々逸と言えば、

君は吉野の千本桜 色香よけれどきが多い

先代の澤瀉屋、猿之助丈の事を、義経千本桜に掛けた唄かと思ったら、もっと古い作品みたいです。

No title

海抜1100メートルの高原では、ヤマザクラが満開から散り始め(普段は5月なのですが)。新緑が本当に美しい。
これで緑がもっと濃くなると、やや威圧感を感じます。
葉はやはり春と秋です。

No title

RainのLaneとはしゃれてますね。
のんびり散歩できるのは素晴らしいことですね。

No title

わたしゃ奥山一もと桜八重に咲く気はさらにない
咲いた桜になぜ駒つなぐ駒が勇めば散る桜

桜の都都逸口ずさみながら新緑の散歩道を歩きたい。( ;∀;)

No title

こんにちは。(*^-^*)
風薫る季節になりましたね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
緑が綺麗です。
ツツジも咲き、次から次へと楽しめますね。
お子様は代休だったのかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
日差しを浴びながらノビノビと遊んで楽しそうです。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

いい季節になりました!(^^)
これから梅雨に入るまでが爽やかで一番良い季節ですね。
(^^)

No title

*Marsさん。。
お亡くなりになった入船亭扇橋さんは、以前にNHKラジオで月に一回、都々逸講座と云うのをやってました。

落語には都々逸に関する話はたくさん出て来るのですが、今の若い噺家は落語が好きで入門するんだけれども、都都逸なんかまったく知らない訳ですよね。それにもかかわらず、八五郎が都々逸をやって殿様が「左様か」って妾馬のような話をやって客を納得させるのは至難の業ですね(^ω^)

No title

*けんちゃん。。
春は新緑、秋は紅葉って感じですかね。今朝根津神社のラジオ体操会の取材に行ってきたのですが、今年はツツジも早くて、かなり散ってました。

No title

*キャバンさん。。
ピートルズの四人が横断歩道を渡っている写真は有名ですが、あれはアビーロード(アビー通り)だったか、ペニーレーン(ペニー通り)だったか(^ω^)

この時の藪さんは五百歩くらいしか歩いてませんが、地元に散歩道があるってのはありがたいですね。

No title

*安寿先生。。
都々逸なんて今の若い人はまったく知らないでしょうねぇ。

藪さんが都々逸を知ったのは、柳家三亀松さんとか都家かつ江さんをテレビで見た時ですね。今はそんな事はテレビではまったくやりませんね。

和歌の五七五七七(ごしちごしちしち)とは若干文節が違うと云うのを、入船亭扇橋さんの都々逸講座で知りました。和歌とは違って季語や季題がある訳ではなくて、狂歌のように自由なんですよね。

No title

*まーぶるさん。。
リコメが遅くなってすいません。全部のリコメをメモ帳に書いてコピペしようとしたら突然のシャットダウン。すべての原稿が失われました。藪さん頭に来てそれ以上パソコンをやらない。

話は変わりますが、今朝、根津神社へ花のラジオ体操会の取材に行って来ました。今年は例年よりも参加者が多かったように思います。二百人くらい来てました。ツツジは既に散り始めていて、遅咲きのオオムラサキが満開になってました。

根津神社のそばの須藤公園の藤棚の取材に行ったら、なんと須藤公園は6月末まで一年間の工事中で、中に入れませんでした。おいおいと記事にして行きますね。

No title

*菖蒲園さん。。
今朝、根津神社の取材に行って四千歩歩いて帰ってきました。奉納演芸や権現太鼓や千駄木でかっぽれパレードがあるんだけれども、もう一度取材に行くのはちょっとかったるい(^ω^)

根津のたい焼き屋の前を午前7時に通ったら、もう仕込みをやってました。千駄木のたい焼き屋はシャッターが閉まってました。

ツツジは咲くのも早かったけど散るのも早かったです。遅咲きのオオムラサキは満開になってましたけどね。

No title

昨日一昨日と山に行きました
新緑が一番きれいな時ですね
今日は午前中、筋肉痛を和らげるためにゆっくり散歩をしてきました
田んぼに水が入って燕も飛んでいました
まさに燕尾服です^^

No title

*右近さん。。
記事にコメントさせていただきましたが、鳥海山の山歩きご苦労様でした。

右近さんのアドバイスで最近は体幹を鍛える筋トレを自己流でやってます。でもやり過ぎは禁物ですね。若い頃と比べると回復力が遅いので、余計に腰が痛くなってる感じがします。でもこれを乗り越えれば、一万歩歩くのも夢じゃないと思ってます。

田圃に水が入ったで思い浮かぶのは、小石川後楽園の50坪ほどの徳川家の由緒ある田圃で、地元の小学校の五年生が毎年五月中旬に田植えをします。その時期の藪さんは生まれたばかりのツバメのヒナの観察とか、東京の各神社の夏祭りの取材に忙しくて、まだ一度も田植えの取材をしていません。

今年こそは取材をしたいと思ってるのですが、田植えをするのが何日なのかがよく判らないので悩ましいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ