FC2ブログ

記事一覧

午前五時のツバメ談義


 相変らず毎週ルーティーンのように雨が降ってますねぇ。しかも五月としては20数年ぶりの寒さだったとか。藪さん朝から鼻水が止まらなくて、脱水状態になるかと思った(^ω^)

まあバーボンをグビグビってやれば鼻水なんざ止まるんだけれども、そのバーボンを切らしちゃったから、ツバメも寝ている早朝の雨の中、長靴履いて傘差して、♪イン・ディ・アーリーモーニン・レインって、「雨のジェット機」と云うPP&Mの歌を歌いながら、24時間営業のコンビニへ酒を買いに行く羽目になる。

ツバメのヘルパーさんは物凄くタフで、雨なんかものともせずに電線で産卵床の見張りをしているんだけれども、さすがに寒さは苦手らしくて、羽を膨らませて寝てました。寒さの中じゃカラスはやって来ないからそれでも大丈夫です。

一方でスズメは、雨に濡れない軒下などで雨宿りしながら、見張り役が「今は安全ですよ」と云う意味の継続的なさえずりをやってます。カラスがやって来ると途端に鋭い警戒音を発します。

スズメがツバメの数の十倍くらいいる藪さんローカルでは、結構ツバメとスズメは共存していて、共通の敵であるカラスを警戒しています。

もっともスズメはカラスが入って来れない狭い場所に巣を作っているので、あくまでも見張り役が警戒音を発するだけなのですが、ツバメはスズメのように狭い場所には産卵床を作らないので、ヘルパーさんは猛スピードでカラスの回りを飛び回り、カラスを撃退します。

ツバメのお母さんはオスのヘルパーさんのようには飛行力がないので、カラスを威嚇する事なく産卵床を放棄して逃げます。だからこそヘルバーさんが産卵床をガードする必要があるのです。

 撮影データ=平成30(2018)年5月9日(水)午前五時 ツバメのお宿

コメント

No title

極寒の雨ん中、ご苦労様でした。無事に産まれて欲しいです。

No title

寒くて、雨でもある中、お疲れ様でした。藪さんの活動は、表彰ものですね。

No title

おはようございます。(*^-^*)
(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
スズメさんもツバメさんの子育てに協力してるのですね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
お宿の住人さんも楽しみにしてるようで・・・
楽しみですね。ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

No title

懐かしや「雨のジェット機」!
私は♪シンギインザレーン♪って「雨に唄えば」ジーンケリーになって唄ってます。じゃないと寒くて寒くて。
ツバメとカラスの戦いって見たことがないです。ツバメもカラスも飛んでますが・・・(^O^)

No title

*Marsさん。。
ツバメちゃんもクリビツのとんでもない寒さでしたね。寒暖の差が激しいので体調を崩されませんように(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
好きだからやってるんです。じゃなかったらこんなとんでもない時間に起きてツバメの観察なんかしませんよ(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
実はこのマンションの三階にお住まいの方が、スズメにエサをやっている困ったチャンなので、30羽くらいのスズメがここの右隣の木や電柱のトランスの中に住み着いちゃってるんですよ。

ツバメのヘルパーさんのさえずりが終ったあとに、スズメの見張り役が継続的に鳴き続けて安全音を発してます。野鳥もちゃんと時間割ができてるんです。

ここのツバメのお宿のサポーターは、だいたい50人くらいいます。ツバメの数よりも人間のサポーターの数の方がはるかに多い。カラスが来たら、人間がカラスを追っ掛けまわしてます。藪さんはレーザービームでカラスの目を攻撃してます(^ω^)

No title

*安寿先生。。
先生すいません。曲を間違えました。イン・ジ・アーリーモーニン・レインはイアンとシルビアの歌でした。ピーピーエムのは、「悲しきジェットプレーン」と云う邦題で、リーヴィン・オンナ・ジェットプレーンと云う歌詞で、雨は出てこなかったと思います(^ω^)

藪さんのアメリカン・フォークのレパートリーは三千曲くらいあるので、時々曲がゴッチャになります。志ん生が78歳で高座を降りた時も、途中で別の話になっちゃったので、マネージャーをやっていた長女の美津子さんが、「お父ちゃん。もうやめよう」と志ん生に引導を渡しました。

ツバメがカラスを攻撃するシーンは何度か目撃しているのですが、いつもカメラを持っている訳じゃないので、なかなか撮影できません。NHKのドキュメンタリーでも見た事はありません。

とにかくツバメの産卵床を発見してください。ヒナが大きくなって巣立ちが近くなると、産卵床のそばでそう云うバトルがあります。

No title

ヘルパーさんじゃないけど雨で寒い日はのんびりしたいですよね
そうですかあと10日ですね、楽しみです

No title

*右近さん。。
藪さんは酒切れになると、嵐だろうと大雪だろうと酒を買いに行く酒呑みの決死隊です(^ω^)

藪さんの予測が正しければ、この産卵床からは5月20日前後に五羽のヒナが誕生する筈です。でも生まれたばかりのヒナは鳴かないしうずくまっているだけなので、外からは見えません。

どうやって生まれたかどうかを判断するのかと云うと、お母さんの行動です。それまでは卵をあっためているだけだったお母さんは、ヒナの為にエサを取りに行きます。生まれたばかりのヒナは虫を食べられないので、お母さんは半分消化したエサを吐き戻してヒナに与えます。

その行動によってヒナが誕生した事が判ります。五日くらいすると産毛が生えてきて、小さな声でジャッジャッジャと鳴くようになり、一週間くらいすると頭にモヒカンカットのような産毛が生えたヒナが見えるようになります(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ