FC2ブログ

記事一覧

本社神輿渡御の中程


 祭りは各地でいろんなやり方があります。東京の場合は、日付ではなく土日にやる場合が多い。

また、本祭りと陰祭りがあって、予算の関係かどうかは知りませんが、本祭りは二年に一度しかやらないのが普通です。

本祭りの時には土曜日に神幸祭と云うパレードをやり、日曜日に各町会や睦の神輿を神社に宮入りさせ、拝殿前で神官が神輿をお祓いして神社から出て行くと云う神輿渡御をやるのが普通です。

神幸祭と云うのは、日本神話に則(のっと)った100~150人くらいのパレードですから、天孫降臨時に天照大神の子孫を天上界から人間界に案内した猿田彦大神がそのパレードを先導します。

四神旗や雅楽演奏などが続き、本社神輿は担がずに台車に乗せてパレードします。衣装は祭り半纏ではなく、平安時代の貴族が着ていたような神主さんの衣装です。

東京の下町の神社の神幸祭の場合は若干アレンジがされていて、どう云う訳か時代が違う、八代将軍 吉宗の時に組織された江戸町火消しの鳶頭が木遣りを歌いながらパレードを先導するパターンもあります。

しかしこの下谷神社の本社神輿渡御の場合は、藪さんローカルの文京区の祭りのパターンとは違っていて、初めて見たスタイルでした。この後に先頭に猿田彦がいるのを発見したのですが、最初から一緒にスタートするんじゃなくて、お馬さんにしてもそうですが、なんで途中からパレードに加わるのかが疑問でした。

 撮影データ=平成30(2018)年5月13日(日)午前七時 下谷神社界隈

コメント

No title

祭りにもいろんなパターンがあるんですね。
四神旗で「百川」を思い出すのは、不謹慎のようですが、町内の若い衆にとって、祭りの運営は、大変なことだったんでしょう。それがわかっていればいるほど、あの噺は、生きてくるんでしょうね。

No title

お神輿と馬に乗って傘を差された神職の取り合わせは面白いというか何か本当にお祭りの感じがします(^^)
酔って自転車に乗る時は気をつけてくださいね!
特にお巡りさんには注意です!(^^)

No title

おはようございます。(*^-^*)
お神輿さんの後に
乗馬した神官さん、蛇の目傘は珍しいですね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
神社によって様々なんですね。

No title

富岡八幡宮、今年は、何も無かったかのように盛大な祭に戻るんですかね?相撲関係者が、一番気になっているんじゃないか?
あの宮司の舎弟夫婦の強行から、相撲協会への世間の批判、全て八幡様の祟りなのか?祭で払拭できたりはしないと思うけど、早く平常時に戻って欲しい。

No title

*キャバンさん。。
祭りって何の気なしにテレビなどで見てますが、ブログの記事にしようと思って詳細に観察してみると、神社によって実に様々な違いがある事が判りました。落語作家の嘘も判ります(^ω^)

東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武と云う四神旗を実際にご覧になった事がないと、落語の「百川」のような出鱈目に話になってしまいます。それぞれの動物が描かれた縦長の旗の上部が剣になっているので、四神剣と云う場合もあるんです。

湯島天神の拝殿の左右には四神旗が設置されてますので、藪さんの過去動画をご覧下さい。つまり四神旗と云うのは神社の備品であって、町会が持ち回りで保管して質屋に入れちゃうものじゃないんです(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんは一般の神輿渡御よりも、神幸祭のパレードが大好きなんです。実にいろんな出し物がある百人以上のパレードなので面白い。

当然ながら業者に依頼して一千万円以上の金が掛かると思われますので、本祭りの時にしかやらないし、数年に一度しか神幸祭をやらない神社もあります。この下谷神社のパレードは簡素化して、あまり金を掛けないバージョンなんだと思います。

酔ったら電チャリに乗るな、乗るなら酔うなってのが藪さんの格言で、電チャリに乗れないほど酔ってたらタクシーで帰ります。数年前の谷中祭の時もそうでした(^ω^)

No title

*盆町子さん。。
藪さんはブログばかりではなく、その前のホームページ時代を含めると、もう20年以上ネットに情報を発信し続けてます。

その経験から、どう云う情報が発信する価値があり、どう云うものが発信する価値がないゴミ情報なのかを知り尽くしてきたと思ってます。

でも藪さんがゴミだと思うものがゴミじゃないって思う人もいるでしょう。一番重要な事は自分か書いた記事に対して、共感してくださるコメントがあるかどうかだと思います。

藪さんは最新記事がノーコメだったら、コメントがあるまで次ぎの記事は書きません。ご参考までに(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
今年の神田祭の陰祭りの取材に早朝から行ったら・・・神田神社にはほとんど誰もいなくてガッカリしちゃいました。転んでもタダじゃ起きないのが藪さんで、明神下の裏路地でツバメの新たな産卵床を発見しました(^∇^)

今年の三社の宮出しはガッカリでした。なんで警官隊が浅草神社をバリケード封鎖して一般客を入れないのか?

そんなの東京の祭りとして藪さんは認めない。下司野郎ばかりが集まってバリケード内で三基の神輿を担いでいるだけなので、藪さんは頭に来て神輿が境内から出る前に帰ってきちゃいました(^ω^)

No title

*Marsさん。。
富岡八幡の去年の宮司姉弟の惨事は酷いモノでしたね。藪さんは取材に行ってませんが、今年の正月の富岡八幡の露店の出店は、テレビ報道によると三分の一に減ってしまったようです。

宮司はあくまでも神様と人間の仲介役です。その宮司が不心得者だと氏子はたまったもんじゃありません。八月の深川祭は水掛祭り。氏子としては早く醜聞を水に流したいでしょうね。

No title

神輿と神職が本殿でと云うのは判りますが、神輿のあとについて行くなんて珍しいです
初めてです
藪さんの鼻歌も初めてです^^
ナイス

No title

こんばんは。(*^-^*)
今日一日お疲れ様でした。( ^^) _U チュウハイドウゾ

藪さんらしいですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
三社祭りはヤクザもんやチンピラが神輿を担いでいるようで見たくないとこちらでも言われてます。

藪さんがご取材されてるお神輿渡御は格式があって
地域の人達がお祭りを大切にしてる事を感じるのに
何故三社祭りだけhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/040.png">と疑問に思ってしまいます。

No title

*右近さん。。
下谷神社の本祭りのスタイルは、藪さんも初めて見た様式でした。

最初に驚いたのは本社神輿の宮出しの時です。どこの神社でも日曜日に宮出しはしますが、その神輿に神職が随行する事はありません。神職が随行するのは土曜日にやる神幸祭なんです。

下谷神社は神幸祭と本社神輿の宮出しを一緒にして日曜日にやると云う、コンパクトなものでした。都心の祭りはどうしても交通渋滞を起こしちゃうので、これが新しい都心の祭りのスタイルなのかも知れないと藪さんは思いました。

鼻歌は、ちょっといい加減ですいません。こんなのを神輿のそばでやったら不謹慎だとして氏子の皆さんに殴られます。50メートルくらい離れた誰もいない場所からズームして撮影しているので、ついつい調子に乗っちゃいました(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
祭りに警察官が出て来るのは、あくまでも神輿渡御の時の交通整理のためなんですよね。ですから藪さんはお巡りさんに感謝します。

でも三社の祭りだけはそうじゃなくて、喧嘩や混乱を警戒して警官隊がバリケードを巡らすと云う、テロの警戒と同じような事をやっている。

藪さんに云わせたらそんなの祭りじゃありません。祭りってのは睦や祭友会が自分たちで仕切るものであって、警官隊がいなかったら祭りができないのなら、そんな祭りはやめろって思います。

靖國神社のみたま祭の最終日の夕方に、九段下から拝殿前まで神輿渡御がありますが、警察官は一切境内には入らずに、様々な半纏を着たグループの人たちが整然と神輿を担いでます。それが本来の楽しいお祭りの神輿渡御であり、どの神社でもそう云う渡御をやってるのに、なんで三社だけが異常なのかと思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ