FC2ブログ

記事一覧

御霊入れ 湯島天神神幸祭


 御霊入れ(みたまいれ)と云うのは、神社に限ったものではなくお寺さんでも行われます。仏壇にある位牌は単に戒名が書かれた置物ではなくて、お寺の住職が故人の御霊を移したものです。

神輿は神社の社殿を模したものであり、宮出しと云って本社神輿を神社の境内から出す時には、その神社のご祭神の御霊を本殿から本社神輿に移します。その儀式の事を一般的に御霊入れと云ってます。

御霊入れのやり方は神社によっても様々で、祭礼が始まる前夜に神社の関係者だけでやる場合もあるし、以下の動画のように神幸祭の出発前に御霊入れをする場合もあります。

その神社のトップの宮司(ぐうじ)さんが祝詞(のりと)と云う言上(ごんじょう)をします。間違いの無い様に紙に書かれたものを独特の神官の発声で読み上げますが、現代語ではないのでなかなか聴き取りにくい。

基本的には、現在の状況をご祭神に申し上げると云う事です。「畏(かしこ)み畏み申さく」と云うのは聴き取れると思いますが、「かしこみまして(ご祭神に)申し上げる」と云う意味ですね。

 撮影データ・・・平成30(2018)年5月26日(土)午前九時前 湯島天神

この動画で藪さんが気になるのは、宮司さんに近付いて写真撮影をしているバカ者がいる事です。宮司さんと云うのは神社のご祭神と氏子の仲立ちをする人であり、神様に近い人なんです。

撮影の許可を得た腕章をしている人は、ずっと座ったままで撮影してます。それが当たり前の事なんです。許可を得ていない人が立って宮司さんに近付いて神事を撮影するなんて、罰が当たります。

藪さんはどうやって撮影しているのかと云うと、拝殿の左横にある湯島天神最大の大木のクスノキの根元に仰向けに寄り掛かって、ズームして撮影しています。かなり疲れる態勢なのですが、それなら御霊入れの神事の邪魔にならないはずです(^∇^)

コメント

No title

造船所の進水式などで、祝詞を良く聞きましたので、中身の理解はできているつもりです。
写真撮影の馬鹿者は、何考えているんでしょうか?
こういう輩がいるから、あちこち、撮影禁止の場所が増えるのでしょう。

No title

珍しいものを拝見しました!
藪先生のおかげです! ありがとうございます!
中々良いものですね(^^)
キャバンさんではありませんが、馬鹿者がいますね。本当に何を考えているのでしょうか!

No title

おはようございます。(*^-^*)
御霊入れが粛々と行われ、
厳かな雰囲気が漂っていますね。
見てる側の心も清められそうです。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/053.png">
(人''▽`)ありがとう☆
藪さんのおっしゃる通り、この場であんなに近寄って撮影するとは罰が当たりそうです。
ズームでのご撮影お疲れ様でした。

No title

なかなか見られないものを拝見させていただきました。

世の中にカメジイっていう撮影者の愚か者がいます。
近くの県立公園で池のほとりで何やら言い争い!
撮影者のじいさん二人の場所取りトラブルでした。
みんな嗤ってました。( ;∀;)

No title

*キャバンさん。。
何故藪さんが小言を云ったような撮影をしてはならないのかと云うと、神幸祭の御霊入れは二年に一度しかやらない湯島天神の神事だからです。単なる見世物ではなく、式次第に従って氏子の総代が玉串を奉げ二礼二拍手一礼をする時には、後ろに居並ぶ多くの氏子達は、総代に合わせて二礼二拍手一礼をする儀式なんです。

左腕に撮影許可の腕章を巻いている人が何故座って撮影しているのかと云うと、後ろに何人もいる氏子の視界を遮らないためなんです。ぶらっとやって来て面白そうだからと、立って撮影するなんて云うのは最低の行為です。そんな事をしていると、三社のようにロープ規制やバリケード封鎖されても仕方がありません。

ベストなポジションで撮影したいんだったら、藪さんのように一時間前に湯島天神に来て、あちこち歩き回ってロケハンしていだだきたい。それができない根性無しには御霊入れを撮影する資格はありません。

No title

*菖蒲園さん。。
湯島天神では神幸祭のスタート前に、拝殿前に鳳輦と大神輿を並べて御霊入れをやります。鳳輦の右横には鳳輦を牽く黄色い古代衣装の方々。表参道には大神輿を牽く、背中に赤く湯島天神の加賀梅鉢の社紋を染め抜いた白い半纏の氏子たちが詰め掛けてます。

だから宮司さんを撮影するベストポジションは、藪さんが陣取っている拝殿左横のクスノキの大木の根元なんです。藪さんはクスノキに背をもたせ掛けているので、誰の視界も邪魔してません。クスノキの横でたくさんの人が見ていて、クスノキのラインより前には出ていません。一部のバカを除いてですが(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
神社のしきたりを知らない人には神社に来て欲しくないですね。宮司が祝詞を言上している時には、総理大臣でさえ頭を下げて聞かなくてはならないんです。写真を撮ったり動いたりしてもいけないんです。

宮司さんがかしこみて湯島天満宮のご祭神に申し上げている時に、その写真なんか撮影して、その人はその写真をどうしようと云うのか?

藪さんは首から提げた一脚にセットした動画カメラをできるだけ動かさないようにしていたので、一脚を持っていた左手が痺れてきちゃいました(^ω^)

藪さんがいるクスノキの根元から宮司さんまでは十メートル以上の距離があります。どうしても宮司さんや玉串を奉げている人たちを撮影したいんだったら、バズーカレンズを持ってくるくらいの根性を見せて欲しいですね。

No title

*安寿先生。。
年に十回以上湯島天神に取材に行って、それぞれの場所を知り尽くしていないと、なかなかこう云う撮影はできないと思います(^∇^)

藪さん動画は、被写体には近付かずにカメラを固定してズームで撮影する事が多いです。カメラを動かす時には一旦ズームを元に戻してから動かさなくてはならないのですが、時々それを忘れてカメラを動かしちゃうから、ジェットコースターのような失敗映像になってしまいます(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ