FC2ブログ

記事一覧

神幸祭かツバメか


 藪さんは神幸祭が大~好きです。でもツバメはも~っと好きです(^∇^)

神幸祭のパレードが酔鼓連のお囃子を先導として、春日通りの湯島切通しを下り、天神下の交差点の手前で左折して都立庭園の旧岩崎邸庭園のある暗闇坂の方へ入って行きました。

その先は言問通りの弥生二丁目となり、そこを左折して本郷通りを左折し春日通りの本郷三丁目へ戻って来るのが神幸祭のパレードのルートです。

この日の藪さんは朝八時から湯島天神の取材に入り、撮影場所のロケハンでかなり歩いていますので、神幸祭のパレードを追い掛けて行く気力がなくなってます(^ω^)

数年前の神幸祭の取材の時に、旧岩崎邸庭園の手前の半地下ガレージからツバメが飛び出すのを発見しました。でもその時にはツバメの産卵床を発見できませんでした。

ツバメが飛び出して来る駐車場と云うのは、ツバメが子育てをしたいと考えている場所なんです。今回は幸運にも産卵床を発見できました。下に落ちているフンから今年も子育てをしているはずだと判断しました。

藪さんは神幸祭のパレードを追い掛けるのをやめて、ツバメのお母さんが帰って来るのを待ってたら、ありがたい事に帰って来てくれました。これでファーストランの子育ての産卵床を今年は七ヶ所発見した事になります(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年5月26日(土)午前九時半過ぎ 湯島切通し

コメント

No title

取材対象がかぶると、大変ですね。
お疲れ様でした。

No title

先日、近所を自転車で走っていたら目の前をツバメが低く横切って行きました。
後を追って見ると一見の家ぼ軒先に入って行きました。近所にも巣があるのを見つけました。(^^)

No title

*キャバンさん。。
確かにあっちもこっちもで大変ではあるのですが、好きな事なんで決して苦にはなりません。これが仕事だったらイヤになっちゃいますけどね(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんのツバメの記事をよくお読みになると、ツバメの飛行を発見できさえすれば、産卵床の発見はそれまでとは違って比較的容易にできると思います。藪さんは今年新たに三ヶ所の産卵床を発見し、現在七ヶ所のセカンドラン(今年二回目)の子育て状況をチェックしています。

ツバメの飛行を発見しただけでは、かなり広範囲になってしまうので産卵床の発見は難しいのですが、オスのヘルパーさんが電線などでさえずっているのを発見できれば、そこから見渡せる場所に必ず産卵床があります。

今の時期だと、菖蒲園さんが発見したのは多分ファーストランの一回目の子育てだと思います。今月末までには一回目とは別のツバメが、ほとんど同じ場所で二回目の子育てをします。

No title

こんにちは。(*^-^*)
リコメもお疲れ様でした。( ^^) _U チュウハイドウゾ
古式ゆかしい素晴らしい神輿渡御ですね。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
木練りの歌声もお囃子も聞き取れます。
追いかけなくても十分楽しませて頂きました。

(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
お留守中のツバメが丁度帰ってくるなんて・・・
湯島天神様のご利益ですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/047.png">
藪さんも楽しそうです。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

W取材にツバメの新しいお宿の発見とお忙しいですね。
取材後のお酒がより美味しくなりますように。(*^^)v

No title

*まーぶるさん。。
お疲れ様です。どうしても祭りの取材動画は長くなっちゃうので、三分に収められなくてすいません。お時間の許す時にご覧下さい(^∇^)

四年前の神幸祭はこの動画の反対側の歩道で撮影しています。今年は啄木の碑を撮影する為に、春日通りを挟んで全体像を撮影しました。観光バスや都バスが走っていますので、あまりいい映像ではありませんがご勘弁下さい。

ここの産卵床は、右横に土を付けた跡がありますので数年前に定着した産卵場所だと思います。このあと、七ヶ所の産卵床をすべて電チャリで回診した記事を出しますが、残念ながらこの駐車場は早朝にはシャッターが閉まっていて、状況を観察できませんでした。

でも、ここのオーナーはツバメの子育てに理解のある人だと判りました。白山通りのペンキ屋さんと同じように、シャッターを完全に閉めるのではなくて、30センチくらい下を空けてました。できればこの場所のオーナーとツバメ談義をしたいと思っています(^∇^)

No title

*安寿先生。。
その通りです。神幸祭のパレードもさる事ながら、藪さんに取ってはツバメの新しい産卵床を発見する事は至上の喜びです。日本野鳥の会よりも藪さんは都心のツバメの産卵床の場所をよく知ってます(^-^)v

No title

こんばんわぁーーーーーーー(★^-^★)
こちらではこんなに素晴らしいお神輿に渡御が見れないので藪さんのご取材に感謝感激です。
有り難うございます。m(_ _"m)ペコリ

ツバメちゃんを愛してる方ばかりですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">
お優しい方々とのツバメ談義も盛り上がりそうですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

*まーぶるさん。。
フォローコメありがとうございます(^∇^)

町内会の神輿渡御は陰祭りの時でもやる町会が多いので毎年見られますが、神幸祭のパレードは二年に一度の本祭りの時に一部の神社でしかやらないので、体調が許し雨が降らない限り藪さんは早朝から取材に入ります。

今日は白山神社のあじさい祭りの最終日。午前十時から正午まで、毎年やってるあじさい神輿の渡御があります。若干腰が痛いのですが、雨が降らない天気予報なので取材に行ってきます。

今年の藪さん超ローカルのツバメのお宿はマズい事になってます。十日以上前に五羽のヒナが巣立ったのはいいのですが、今だにほとんど毎日、お母さんと五羽のヒナが飛行訓練を終えて帰って来て寝てるんです。

それがなんでマズいのかと云うと、4,5日前からセカンドランのお母さんが子育てしようと来ているのですが、ファーストランのお母さんがいなくならないと喧嘩になるので産卵床を作らないからなんです。ツバメにとって居心地の良過ぎる場所と云うのは考え物なんです(^ω^)

No title

七か所目を見つけましたか
ナイスです
やっぱり日ごろから良く見ていないとダメですね
ご苦労様です^^

No title

*右近さん。。
ツバメは高速で飛行しますので追い掛けて産卵床を探すのは無理があります。でも無駄に飛行している訳ではないので、その場所を憶えておく事です。

ツバメは子育て場所の縄張りを持っていて、毎年同じ地域で集団で子育てをします。七ヶ所の内四ヶ所は去年子育てをした場所だから簡単に見付かる。菊坂と天神下は数年前にツバメの飛行を発見した場所で、今年新たに産卵床を発見しました。

明神下は今年新たに飛行を発見したのですが、藪さんの長年の経験で飛行を発見後一時間以内に産卵床を見つけました。ツバメの生態を知る事が一番です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ