FC2ブログ

記事一覧

町内会の祭り 湯島界隈


 一口に湯島天神のお祭りと申しましても、湯島天神本社のお祭りと各氏子町会のお祭りがある訳です。

藪さんは湯島天神の氏子ではないので、どう云う町会があるのかは正確には知りません。更には東京の町会の特徴として、半世紀前の東京オリンピック前後で旧町名が新町名に変更されたので、ネットで調べても新町名で書いてあるのでよく判らない。

藪さんローカルでもそうなんですが、祭りの時には新町名単位ではなくて、町会は旧町名ごとに神酒所が作られるので、地元の氏子町会員以外は実際に現地へ行って調べないとその区割りは判らないと思います。

藪さんローカルにしても、戸崎町会、南戸崎町会、柳町町会、東御殿町町会ってのがあるのですが、そんな町名は現在ではありません。現在の町名は小石川か白山です。しかし小石川町会なんてのはないし、白山町会ってのは簸川神社の氏子町会ではなくて、白山神社の氏子町会です。

新町名に変更した事によって町会の区割りがよく判らなくなっている問題が生じているんです。ですから新たに東京に居住した人たちは、町会費も払ってないし、町会単位でやっている地元の行事にはなかなか参加しにくくなっていると云う問題がある事を政治家は知っているんだろうか?

若い人の祭り離れだなんて評論家は知った風な事を云ってるが、地方から東京に住居を移した人は上記のような理由で東京の祭りに参加しにくくなっていると云う事情を理解しているんだろうか? その結果ふるさと納税が多くなって東京の住民サービスは、財源不足で年々悪くなっているんです。

各種税金の支払い時期になると、毎年藪さんはそう云う事を考える訳です。税金と云うのは受益者負担が原則です。けちな事は云いたくないけれども、ふるさと納税をして都民税を払っていない人は、公園のトイレを使わないでいただきたいと思います。

 撮影データ・・・平成30(2018)年5月27日(日)午前十時頃 湯島界隈

コメント

No title

ウチの方はお祭りは町会単位ではなく睦単位です。睦は4つあるのですが、この区割りは今の区割りとは全く関係ありません。名前も変わっていてその由来はもう誰も知りません。(^^)
それぞれが神社のお神輿とは別にお神輿を出します(^^)

No title

町名変更は、混乱させますねえ。
私の田舎は、「部落」という表現で、地区割りしてました。「部落」が差別用語とは知りませんでしたが。
もう、我々の年代より下の年代は、昔の区割りを知らないでしょうね。

No title

おはようございます。(*^-^*)
お子ちゃまがお囃子に合わせて
ステップを踏んで可愛いですね。(。→∀←。)キャハ♡
衣装もバッチリキメてお祭り好きのご家庭のご様子。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
丁寧に作られた奉納ボードは、
奉納する側も気持ちよく奉納できそうです。
!(●⌒ー⌒●)!
ハンチング帽にサングラスかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
藪さんもおっされ~。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
お祭りの舞台裏のご取材は藪さんらしく
楽しそうです。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
五千歩歩くと疲れますよね。
お疲れ様でした。(^_-)-☆

No title

トイレにそれ貼ったらオモシロいな~。ネットで拡散したら~???

町内会に入らなかったりする人が増えるのも解るよなう気がします。
行政の最下部組織なのに区議会議員さんは気が付いていないのかしら?

江戸古地図と現在をスライドして眺められるスマホのサイトは知ってますが旧町名も解るようなのも欲しいですね。
古地図との比較は鬼平犯科帳なんかや伝七捕り物帳なんかに便利です。!(^^)!

No title

町名が、短命とは、コレ如何に?町名は、長命であれ、たとえ嫁はブスでも。

No title

*菖蒲園さん。。
祭りが町会単位なのか睦単位なのかってのは、戦前からの歴史があるんでしょうね。藪さんローカルには睦はなく祭りはあくまでも町会単位です。

でも睦がまったく無い訳ではなくて、白山神社のあじさい神輿は町会ではなくて睦だし、湯島天神の梅まつりの時に出る神輿は公道会と云う睦の神輿です。根津神社のつつじ祭りの時の神輿渡御も祭友会と云う睦です。

靖國神社には氏子町会がないので、みたま祭の最終日の夕方から表参道を渡御する神輿は、睦の神輿です。

No title

*キャバンさん。。
「部落」と云うのは貧困をイメージすると云う事で、NHKではNGワードになってますね。そんな事を云うんなら「過疎の村」とか「限界集落」ってのも、差別用語になってしまうと思います。

年寄りが余計な心配をしなくても、子供たちは逞しく育ってます(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
神酒所ではBGMとしてお囃子を流してます。それに浮かれて踊り出す子供は可愛いですね。見ているだけで元気をもらえます。前を行くのは冷静なお姉ちゃんだけど、後ろの弟はお囃子に浮かれて踊り出す。右横のお父さんと思われる人も釣られて踊り出す。ちょっとしたシーンなんですが、それこそが祭りの楽しみだと思います。当然ながら藪さん動画はそう云うシーンを見逃さない(^∇^)

木札には色違いがあって、いつも奉納金を持ってきてくれる人の木札は日焼けしてます。普通は奉納金を持って来た人の名前はその都度神酒所で紙に書きます。でも考えてみると町会の神酒所に奉納金を持って行く人ってのはいつも決まってるので、木札に書いておけば毎年書く手間が省けます。

藪さんのハンチングは白髪隠しだし、サングラスではなくて老眼鏡です。じゃないと小さなモニターが見えない。おされ~なちょい悪おやじではなくて、単なる酔っ払いの爺ぃです(^ω^)

素面だったらとてもこんな取材はできません。バーボンで神経を麻痺させているからこそできる取材です(^ω^)

No title

*安寿先生。。
竹下内閣の時代に一億円をそれぞれの地方に交付しました。残念ながらほとんどの地方はまともだと思われる使い方はしなかった。それ以来ずっと地方創生って云ってるんですが、まったく地方が創生しているどころか衰退化の道を辿ってます。

そこで考えたのがインチキなふるさと納税ですね。それって出稼ぎの考え方なんですよ。農閑期の冬場に東京で焼き芋を売るくらいなら問題はなかったのですが、東京で稼いだ金の税金を地方に納めたら東京の行政サービスが破綻してしまうのは目に見えてます。

根津神社界隈には東京大学の留学生がたくさん下宿してます。その留学生達はそれぞれの町会の半纏を着て町会の神輿を担いでます。でも地方から出てきて根津界隈に下宿している日本人は、根津神社の祭りにはほとんど参加してません。

何故なら自分の故郷の祭りがあるからなんです。大相撲で日本人の横綱大関が少なくなってしまった理由は、その辺のところにあるのかも知れないと藪さんは分析しています。

No title

*Marsさん。。
漫画家の滝田ゆうさんは、タクシーに乗って「角筈へやってくれ」と云ったら、運ちゃんに「それってどこですか?」と云われたそうです。今は西新宿何丁目と云わないと現場に到着できないらしい(^ω^)

No title

> 藪井竹庵さん
不動産登記簿謄本の「改製前の原本」の謄本を取ると、**郡**村字**大字**」という記載があって、過去の区割りの痕跡が出てきますね。

No title

*キャバンさん。。
そうですね。日本の地方の区割りには、字(あざ)と云う単位があって、広い場所では大字(おおあざ)と云うのもありました。

笑点に出ていたこん平さんは、新潟県の「ちゃーざー村」出身を売りにしてました。米俵一俵持って行ったら三平に入門できたと云うのが根多でした(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ