FC2ブログ

記事一覧

都電に乗って


 藪さんが子供の頃の都心部の公共交通機関は、都電が主力でした。一部の地区ではトロリーバスなんてのもありました。あの頃の東京には車の排ガス問題なんてのは発生していませんでした。

都バスが主力になり始めたのは、廃止になった都電路線を徐々に都バス路線に変更してからです。藪さんが中学生の頃には、ラジオのヒットパレード番組で映画の試写会の券を配布していましたので、藪さんは半端ない数のリクエスト葉書を出して、試写会の券をほとんど手に入れてました。

映画の試写会は、日比谷や丸の内や銀座にあったホールでやってましたので、中学生の頃の藪さんは二日に一度は白山通りから内堀通りを走っていた都電に乗って、日比谷地区に通って洋画の試写会を見ていました。当時の料金は片道が13円で往復切符が25円でした。牛乳の中身が10円の時代でした。

やがて白山通りの都電も廃止になり都バス路線に替わりました。半世紀前の東京オリンピックの都市大改造により、次々に都電路線が廃止になって、最後に残ったのが早稲田~三ノ輪橋間を走る都電荒川線の一本だけになりました。何故荒川線だけが残ったのかと云うと、ほぼ明治通りの裏通りを走っていて、幹線道路を走る車の邪魔にならないからだそうです。

かつての都電は黄色い塗装に統一されてましたが、現代の都電はおされ~な様々な塗装があって、大塚駅南口のお祭り広場のベンチに座って、それらの都電を見ているだけでも楽しいです。

今回藪さんは今まで一度も取材をしていなかった都電の取材をしてみました。何と大胆にも混雑する走行中の車内の撮影も呟きながらやっちゃいました。乗客からは相当変なおじさんだと思われたに違いない(^ω^)

都電のデータとしては、早稲田から三ノ輪橋まで全部で31駅あり、それぞれの駅間は一分なので全線で30分です。料金は均一の170円。都電落語会と云うのがあるので、どんなもんかいなと云うチェックもしてみました。走行音は静かなんですが、結構左右に揺れるので走行中に落語をやるのは無理があります。

途中にある荒川車庫などに停めて、そこで落語会をやってる筈だと思いました。

 撮影データ・・・平成30(2018)年6月2日(土)お昼過ぎ 都電荒川線

コメント

No title

一之輔が何かのマクラで「都電に乗って、今日は来ました」と話してましたね。
前にも書いたかもしれませんが、私は、都電に乗ったことありません。一度は乗ってみたいものですね。
遠征ご苦労様でした。

No title

都電は高校の頃に学校に通うのに良く乗っていました。特に国鉄がストで停まってると町屋から大塚まで乗っていました。当時は荒川線ではなく王子から赤羽まで行く線があり乗り変えでした(^^)

No title

おはようございます。(*^-^*)
揺れる電車の中でご撮影とは・・・ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
バランスが取れないとブレブレになってしまうのに
藪さんの体幹はきちんと整ってますね。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
均一で170円は安いですね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。

No title

都電に乗っての撮影は大変ですね
お疲れさまです
都電の記憶は遠い昔なのであまり覚えてないです
神田明神前の大通りが都電通りでした
職場に間に合わないときに飛び乗りです

No title

お疲れ様でした。
根津片町(都電の停留所は「根津宮永町藍染橋」と言う嬉しい名前でした)に叔父が住んでいたので、何度も行きました。
田舎から汽車で東京駅につき、御徒町で降りて、「上野広小路」から都電の20,37,40番(江戸川橋行きとか、千駄木行き)に乗って向かいました。
ヴィデオを拝見しましたが、今の都電はエヤコン付きなんですね。夏になると窓を開けて走っていた風情はもうないのがなんとなく淋しいです。
「電車が曲がりっ角に来たような声」と言うのはよく聞きますが、いまでもキーキー言うのでしょうか?
学生時代戸塚二丁目に住んでいました。面影橋から坂を上がったあたりです。
あのあたりも昔は風情がありましたが、今はやや殺風景になってしまいました。

No title

「根津宮永町藍染橋」は「根津八重垣町」と「池之端七軒町」のあいだです。言問通りと、不忍通りとの交差点です。
円朝は真景累が淵で宗悦一家の住まいを「根津七軒町」と言っていますが、根津は今の文京区(昔の本郷区)で七軒町は台東区(昔の下谷区)ですからおかしいですね。

No title

今でも、荒川線をたまに使います。町家か大塚から荒川車庫まで。ピ吉さんという席亭さんが、フレンチと落語・講釈・浪曲のコラボ企画を、
荒川車庫前ねフレンチレストラン「アクールジョア」で、2~3ヶ月に一回くらいのペースで開催されています。
石神シェフの美味しい料理と、古典芸能のコラボです。次回は、玉川太福さんの浪曲の会です。

No title

今は無き高田渡の「自転車に乗って」を思い出しました。
一生懸命コピーしました。
「都電に乗って」もほんわかした歌になりそうですね。
YOU TUBE で「カレーライス・八月の雨」で検索してみてください、お時間があれば・・・・

No title

*キャバンさん。。
一之輔は日大芸術学部出身の大卒の噺家ですが、落研時代に橘流寄席文字の橘左近さんに入門して橘流寄席文字を極めました。

文京区白山に在住の春風亭一朝さんに入門したので、文京区柳町に居住し子供たちは柳町小学校に通い、夏休みに柳町小学校でラジオ体操をやったと云ってました。真打になったので現在は文京区民ではなくなりましたけどね。

現在の都電は、公共交通手段と云うよりも伝統ある東京のチンチン電車を赤字にもかかわらず歯を食いしばって残していると云う感があります。

キャバンさんが東京で過ごした学生時代は、都電の路線がどんどん廃止された時代だったと思います。現代の都心部では、交通の邪魔になりがちな大型の都バスに代わって、各区が運営するマイクロバスに代わりつつあります。

文京区は「B~くる」。台東区は「めぐりん」と云う名称です。

No title

*菖蒲園さん。。
今では信じられないくらい、かつては国鉄や私鉄のストライキで電車が動かないって事が頻繁にありましたね。勤勉な日本人は何とかして通勤通学しようと右往左往してました。

そんな事を今の若い人に云っても理解できないでしょうが、かつてはバカな戦後左翼の影響で労働組合の力が強かったから、儲かってもいないのに賃上げ要求をしてストライキをしました。

労組が強くて倒産寸前だった日産自動車は、ルノーからコストカッターと云われたカルロス・ゴーン氏を社長に迎えて、無駄飯食いの五千人以上の首切りをしてやっと日産を利益の出る会社に立て直しました。

それ以来、やっとバカな労組も利益を出さなきゃ賃上げができない事を理解して、現代では交通機関のストライキはなくなりました。

No title

*まーぶるさん。。
都電やB~ぐるの走行状況を車内から撮影するのなら、乗客の少ない早朝にやるべきだとは思いますが、このような無計画の泥臭い取材も面白いと思いました(^ω^)

これでもできるだけ乗客を撮影しないように頻繁にカットを入れてます。確かに藪さんの撮影は、首から下げた一脚のシャフトを左手で持ち、右手でズーム操作をしているので、両手が使えないから車椅子を置くスペースの横バーに背中を持たれかけて撮影しています。

昔の白山通りの都電もそうでしたか、今の都電もかなり揺れるので、吊り革を持たないで乗車していると、ロデオマシン同様の体感運動にはなると思います(^ω^)

帰りに藪さんより年上と思われる方に席を譲られたのですが、当然ながら藪さんは立っている人がいる限り、椅子なんかには座りません。

以前に文京区では高齢者へ都営交通絵の無料パスを発行してましたが、現在ではそれをやめて、一回百円のコミュニティバスを、20分おきに二系統で運行してます。だから藪さんは根津神社へ電チャリで行かなくても、B~ぐるで百円で行けるんです(^∇^)

No title

*右近さん。。
都電に乗って車内を撮影するのは、本来はNGですね。乗客の皆さんに了解を得なくてはいけません。車外を撮影するのなら問題はないのですがね。

神田明神の表鳥居の前の坂は、確か昌平橋通りと云う名前だったと思います。秋葉原の中央通りへ至る広い道路ですね。東京オリンピック前の東京は、戦前の市電の延長で空襲でことごとく壊滅状態になりながらも、戦後復興の象徴として都電路線が縦横に復活しました。

かつての都電は現在のように運転手のみのワンマンカーではなくて、切符の販売をする車掌がいたツーマンでした。チンチン電車と云う理由は、当時の車掌が運転手に発車オーライの合図を送った名残りです。

ワンマンカーになった現在でも、「チンチン」と云う録音した音を流しているのは、無意味なんですが面白い(^ω^)

No title

*けんちゃん。。
現在の根津地区の住居表示は根津一丁目と二丁目だけになってしまいましたが、町会はその区割りではなくて旧町名のままですから、根津神社の祭りの時には各町会名を書いた半纏を着た人たちが、各町会の神輿を担いで不忍通りを連合渡御します。

都電もそうですがかつての車は夏以外でも窓を開けて走ってましたが、現在の東京でそんな事をしている人はほとんどいません。何故ならSLの時代と同様に、窓を開けて走ると排ガスで鼻の穴が真っ黒になっちゃうからです。

受動喫煙防止条例を作るんだったら、それよりもっと健康に被害のある排気ガスを全面禁止にすべきです。都内のガソリンスタンドは、営業禁止にすべきです。

No title

*けんちゃん2。。
言問通りと不忍通りの交差点は、赤札堂と云うスーパーマーケットのあるところですが、赤札堂のある場所の旧町名は宮永町ですね。談志が住んでいたアパートの一階には、八重垣煎餅の三代目が今でも営業しています。

鴎外記念館のある動坂を降りてきた不忍通りとの交差点が千駄木の交差点で、そこから東の坂が三崎坂でその坂の途中の左側に、圓朝の墓がある全生庵があります。そこの現在の地名は台東区谷中です。

不忍通りが文京区と台東区の区界になっているのかと思って調べたら、そうじゃなくて不忍通りの一本東側の裏通りの「よみせ通り」が文京区千駄木と台東区谷中の区界になってました。

No title

*Marsさん。。
荒川車庫の次か手前に荒川遊園と云う停留所がありますよね。東京ローカルのMX-TVの環境映像で、深夜に何度も同じ映像が放映されているのですが、一度は取材に行ってみたいと思っている場所です。

No title

*キャバンさん2。。
渡ちゃんの「自転車に乗って」は、テレビCMでも使われましたが、オペラの田谷力三さんが歌った「自転車小僧」の焼き直しで、レコード盤では「チリリン チリリンと漕ぎ出すは~ 自転車乗りの出番なり」と云う田谷力三さんの音源を最初に入れてました(^∇^)

「カレーライス・八月の雨」でようつべを検索したのですが、キャバンさんの意図がちょっと判りませんでした。ご免なさい(^ω^)

藪さん的にはこの記事タイトルは、「地下鉄に乗って」と云う歌のタイトルをパクったつもりです(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ