FC2ブログ

記事一覧

三社の茅の輪くぐり


 茅の輪くぐりと云うのは神社のイベントで、六月末の夏越の祓いと年末の大祓いの時の年に二回設置されて、半年の災厄を祓います。

夏越の祓いの正式な儀式としては、6月30日の夕方に宮司さんが御払いをしてから茅の輪をぐぐり、その後から氏子たちがくぐるのが普通です。

6月30日の儀式ですから、夏越の祓いの儀式が終わると翌日には茅の輪を撤去してしまう神社もありますが、すぐには撤去せずに七夕祭が終わるくらいまでは茅の輪を設置してある神社の方が多いです。

茅の輪くぐりのやり方は簡単で、一度茅の輪をくぐってから左に回り、もう一度くぐってから右に回って八の字を描いてから三度目にくぐって拝殿へ向かいます。

浅草神社で白い石を敷き詰めて川のようにし、その中にろうそくが置いてあったのは、後から考えたら、七夕祭のイベントで、天の川に見立てていたのかもしれません。夕方薄暗くなってから行けば気付いたと思うんですけどね。

 撮影データ・・・平成29(2017)年7月8日(土)午前八時半 浅草神社

コメント

No title

早速の取材と編集お疲れ様です!
ウチの神社でも氏子には「大祓」の御札が配られました。男女別の紅白の人形です。それぞれに名前と歳を書いて息を吹きかけます。お賽銭(500円ほど)と一緒に神社の氏子役員に渡します(^^)

No title

おはようございます。(*^-^*)
茅の輪まで導くように笹の葉で飾られ、
良いですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
茅の輪くぐりも有り難うございます。
一緒に回っている感があってとても有難いです。
(人''▽`)ありがとう☆

No title

子供の頃何度も回って、叱られたことを思い出します。
今、いなかの神社ではやってますかしら?

No title

穢れはないですが一応お参りしてきました
自分では気づかづにというのがあるようですから~^^
夏詣でにナイス

No title

*菖蒲園さん。。
なるほど夏の夏越の祓いや年末の大祓いにはそう云う儀式があるんですね。藪さんローカルでは残念ながらそう云う儀式はなくて、茅の輪くぐりをご存知の方もほとんどいません。

No title

*まーぶるさん。。
浅草神社は浅草寺の境内にあって、俗に三社と云われてます。まーぶるさんも以前に三社の取材記事を書いてくださいましたね(^∇^)

三社祭ばかりが有名なんですが、普段は静かな神社です。

藪さんが茅の輪くぐりをしている同時目線でこの動画を感じていただけるとうれしいです(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
藪さんは茅の輪くぐりなんて還暦を過ぎるまでぜんぜん知りませんでした(^ω^)

たまたま根津神社にラジオ体操の取材に行った時に、茅の輪があるのを発見したんです。それからは茅の輪くぐり好きになりました(^∇^)

No title

*右近さん。。
所詮宗教と云うのは、人事を尽くした後に最後の神頼みなんですが、一部の新興宗教では人事も尽くさずに最初っから神頼みしてるのは、間違った事なんだけれども洗脳されちゃうと独裁者の奴隷になって、人殺しでも平気でやっちゃう殺人集団になってしまいます。

残念ながらいまだに人殺しの後継者がいるってんだから困ったもんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ