FC2ブログ

記事一覧

眼科の神様


 眼科の神様ってのは変な話なんですが、どこの神社やお寺さんでも「家内安全、商売繁盛」ってんじゃ総合病院みたいで面白くないと思うのか、専門分野を設けたりします。

有名なのが湯島天神などの天神様の「学業成就」ですね。天満宮と云うのは学問の神様と云われる菅原道真公を祀ってますので、受験シーズンになりますと湯島天神の場合は、数年前に800円から千円に値上げした絵馬が飛ぶように売れて、絵馬を下げる棚を十ヶ所に増やしても、どこも満タンの状態になります。

予備校の国語の先生の林修先生には、漢字の書き取りでは負けるけど落語ドレミファドンでは絶対に負けない自信が藪さんにはあります(^∇^)

落語を聞いているといろんな専門の神様がありますね。目が悪いなら上野の清水観音堂にお参りするのがいいとか、あわてんぼを直したいんだったら堀の内のお祖師様と云うように、それぞれの専門の神様があるようです。

閻魔大王と云うのはお釈迦様の弟子で、死んだ人間を地獄に落とすか極楽に送るかを決める裁判官です。残されている彫刻や絵が怖い顔をしているので、恐ろしい地獄の番人のように思われがちですが、藪さんの地元のこんにゃくゑんまの逸話をお聞きになれば、お閻魔さんは決して怖い神様ではなくて、人情味のある神様だと云う事がお判りになるはずです。

こんにゃくゑんま源覚寺のご神体の木彫の閻魔像は、四百年以上前に作られたものです。閻魔像としてはかなり古い部類です。こんにゃくゑんまの閻魔像が他のどの閻魔とも違う点は、右目が曇ってるんです。

林修先生が初耳な地元の歴史を調べて記事にするってのは、ブログの醍醐味ですね(^∇^)

 撮影データ・・・平成26(2014)年7月19日(土)午後1時前 こんにゃくゑんま

コメント

No title

こんにゃく閻魔、身代わり閻魔ですね
信心すれば救われると云う話ですね
ナイス
それにしても暑いですね
今日外に出たら熱風です

No title

憲坊法師さん。お心配りありがとうございます。
実は先週左目だけ2泊3日の入院で手術してきました。
来週また左目も手術します。今のところ片目だけすっきりしてクリアーですがそのままの左目はセピア色の世界です。
しばしの間この落差を楽しんでいます。
両目がすっきりするのが期待しつつ、また入院を楽しんできます。(^^♪

No title

景清の定次郎の心境で。

No title

*菖蒲園さん。。
落語ってのは現代では忘れられている、過去のいろんな風習を知る事ができますね。

「佃祭り」で語られる、歯の痛みには戸隠様へ梨を納めるなんてのは、落語を聴かないと判りませんね。ちなみに湯島天神の夫婦坂上には戸隠様があります。その隣には笹塚稲荷神社もあるのですが、どう云うご利益があるのかは判りません(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
藪さんは適当に江戸時代初期の四百年前に作られた閻魔像って云っちゃったんですが、実は木像を解体したら、八百年前の鎌倉時代に、運慶などの仏師によって作られた日本最古の閻魔像らしいです。

450年前に補修されたらしいのですが、空襲で焼け落ちなかったのは奇跡です、この源覚寺は武闘の神様の毘沙門天ですから、米軍の焼夷弾も恐れて源覚寺には落ちなかったんだと思います。

No title

*安寿先生。。
こんにゃくゑんまのお閻魔さんは、米軍の焼夷弾でさえ落ちてこなかった霊験あらたかな神様ですから、白内障なんかお茶の子さいさいです。藪さんがちゃんと安寿先生の目の事をお願いしておきましたから安心してください。

淡島様のってのは針供養の他に、過去に戻れる神様らしい。黒門町が「夢の酒」と云う演目で語ってたと思います(^∇^)

ちなみに藪さんローカルの白山神社では、あじさい祭の時に、歯ブラシ供養と云うのをやってます。古い歯ブラシを持っていくと、先着百人くらいの人に新しい歯ブラシをくれます(^∇^)

No title

*Marsさん。。
「景清」はもともと長い大阪落語でね。黒門町は前半部分だけしかやりませんでしたが、大阪落語の米朝一門では後半部分もやってますね。

黒門町の芸風からすると、「心眼」が一番合ってると思います。

No title

*けんちゃん。。
落語の「お血脈」ですね。まあ落語の事ですから閻魔大王の扱いがいい加減です。

閻魔大王はお釈迦様の弟子だと云う事を知ってれば、あんな落語は作れないはずです。

No title

*キャバンさん。。。
「文違い」も面白い演目ですね。登場人物が何人もいるので演じるのが難しい演目です。それぞれの言い訳がすべてうそってのは、「寝床」的な面白さもあります(^∇^)

No title

*けんちゃん2。。
TBの記事を後ほど見に行かせていただきます。

No title

おいでいただきありがとうございました。

No title

> 藪井竹庵さん
「目の病気」と言ったら「文違い」ですね。「五人廻し」や「お見立て」はるかに凌駕する名作だと私は思ってます。

No title

*けんちゃん3。。
安寿先生の白内障の手術へのアドバイスありがとうございます。

藪さんがこんにゃくゑんまにお祈りしておいたので、手術は成功したようです。ありがとうございました。

No title

霊験あらたか。

No title

*右近さん。。
こんにゃくゑんまさんの面白いところは、一部の人を除くと閻魔さんとコンニャクの関係をご存じない事です。お閻魔さんは何もコンニャクが好きな訳じゃないんですよね(^ω^)

エアコンや扇風機のなかった子供時代は暑さなんて感じませんでした。今は何で暑いと感じるのかと云うと、エアコンが普及し過ぎたためじゃないでしょうか。夏が暑いのは当たり前であって、エアコンの室外機が余計街を暑くしているんじゃないかと思います。

No title

*安寿先生2。。
白内障の手術が成功してお目出たい(^∇^)

またお習字がんばってください。

No title

*けんちゃん4。。
景清ってオカルト話なので藪さんはあんまり好きじゃありません。それよりも圓朝作の心眼の方がいい噺です。

No title

*けんちゃん5。。
暑いので訪問滞りがちですいません。

No title

*キャバンさん。。
「文違い」は登場人物がいっぱいいるから演者泣かせの演目ですね(^ω^)

「三枚起請」なんかもだましの演目ですね。

No title

*けんちゃん6。。
そもそも人類を社会的にまとめてきたのは宗教なんですよね。サッカーやオリンピックにしたって一種の新興宗教だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ