FC2ブログ

記事一覧

上野動物園


 考えてみると今年の夏は、文京朝顔ほおずき市以降は近所のラジオ体操以外はどこへも取材に出掛けてません。

危機管理能力に優れた藪さんのブレーキが掛かったんだね。牛天神の獅子舞の取材の時に、熱中症の一歩手前まで行ってしまった事を教訓にしてるんだね。

そう云えば、行方不明の二歳児を発見した78歳の尾畠さんのオレンジ色のツナギの背中に「命は一つ、人生は一回」って書いてありました。

どこの放送局もそれを撮影していたんだけれども、湯川れい子さんが会長のJASRAC(日本音楽著作権協会)は、苦情を入れないのかなぁ?

「命は一つ、人生は一回」と云うのは、半世紀前に加川良が歌った「教訓Ⅱ」と云う歌の出だしですよ。「命は一つ、人生は一回。だから命を捨てないようにね。あわてるとついふらふらと、お国のためだといわれるとね。青くなって尻込みなさい。逃げなさい隠れなさい」と云う歌詞です。

加川良のギターとボーカル。マンドリンの高田渡と、バンジョーの岩井宏がコーラスを付けてトリオで歌ったのを藪さんは目の前で見ています。半世紀前の夏に京都の山でやったフォークフェスティバルで、藪さんも友人と二人で同じステージに立ってます。中津川フォークジャンボリーの翌年です。

当時の若者たちは自衛隊が戦争に行くと本気で思ってたんですね。だから高田渡が「自衛隊に入ろう」と云う反自衛隊の歌を作ったりしたのですが、半世紀も経過した今は自衛隊は一発の弾丸も発射していないし、自衛隊は災害救助の代名詞になってます。

加川良はまさか、命は一つ人生は一回だから危険な災害救助をする自衛隊に入るのはやめましょうと歌ってる訳ではありません。

ノーベル文学賞のボブ・ディランは、「時代は変わる」と歌いました。当時はベトナム戦争の前で米国の黒人の公民権運動の時代だったのですが、当事とは逆の意味で時が経つと人々の価値観は変わるって事をディランは歌ったんです。

相変わらず自衛隊反対だなんて云ってるのはバカな左翼連中です。どこの国でも災害救助の先頭に立つのはその装備を持ち訓練を受けている軍隊なんです。

スーパーボランティアの尾畠春夫さんの活動を見て、藪さんはこれらの事を感じました。

 撮影データ・・・平成29(2017)年8月7日(月)午前4時40分 上野動物園前

コメント

No title

ホントこの都や区の施設が一斉に月曜休みというを変えてほしいですね。
施設によっては別な日にするとか考えて欲しいです。葛西の水族園は管理が変わって休みが火曜になりましたね。
美術館もほとんどが月曜定休なんですね(^^)

No title

加川良さんや高田渡さんの最盛期には間に合いませんでしたが、深夜放送などで、聞いてました。
「自転車に乗って」
が好きでしたねえ。メジャーになりきれませんでしたが、その存在は、フォークルが出てくる前の日本のフォークの礎でしたね。
「自衛隊に入ろう」は、中川五郎さんが「機動隊に入ろう」と歌詞を変えて歌っていたのも思い出します。

藪さんもその中の一員だったというのはすごいですねえ。

No title

(*^o^*)お(*^O^*)は(*^o^*)よ~ッございます。
今朝は涼しかったですね。
上野動物園のライブカメラで
シャンシャンの可愛い仕草を見て楽しんでます。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/109.png">o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
2歳の男の子が無事でなによりです。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
被災地でのボランティアはなかなか出来ないですし、
尾畠さんは有意義な人生を歩んでると思います。
自衛隊さん被災地での救援は有難いです。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/053.png">
全ての災害支援を自衛隊さんが行うのではなく
民間の会社にもお金が落ちるように調整してるようです。

No title

災害派遣の自衛隊の車両を良く見かけます
大したものです
ただ自衛隊の作業は終わるのが早いですね
東日本大震災では4時で終わっていました
各県派遣の警察や消防隊は5時過ぎまでやっていました
効率を考えての行動でしょうが半数が動いて半数は待機でした
他の派遣隊は隊長以外は全員同じ動きをしていました

No title

自衛隊のトラックが列をなして東北の被災地を走っているのを見た時にはなぜか戦時中の軍用トラックの部隊を思い出してしまいました。

自衛隊の働きぶりを見てかの地では若者たちの志願が増えたとか。

平和な時には目立ってはいけないけれど人々が困ったときには任務を全うせよとか。
!(^^)!

No title

*菖蒲園さん。。
まあ週に一度の休みを何曜日にするのかってのは難しいですね。

かつてはデパートもほとんど月曜定休だったのですが、そのうちに水曜定休や木曜定休がでてきました。藪さんはデパート相手のメーカーに就職したので、会社は日曜定休なのですが営業はデパートの定休日に合わせて休んでました。

でも会社は営業している訳なので、休みなのに売り上げ報告をしなければならず、上司から会社に出て来いと呼び出されたりしました。結局仕事を離れて完全に休める日なんか一日もありませんでした。

現代ならブラック企業って云われちゃいますが、それが業界のトップ企業の実態でした。

No title

*キャバンさん。。
渡ちゃんや高石友也や岡林信康は、いわゆる関西フォークと云われた連中で、東京のカレッジフォークとは一線を隔してました。

反戦や社会批判の歌を歌っていたので、当然ながら危なくてテレビには呼ばれません。その点はメジャー志向だった吉田拓郎などの他のフォーク歌手とはまったく違う存在でした。

渡ちゃんとかまやつひろしの二人会のコンサートを新宿の蟹座と云う、50人くらいが地べたに座れるライブハウスに見に行きましたが最高でした。私のオーディションをやった渋谷のジャンジャンにも渡ちゃんのコンサートを見に行きましたが、ああ云う場所でやると渡ちゃんは気が小さいから上がっちゃうんです。

渡ちゃんはハーモニカをグラスに入れたビールで洗浄してましたが、そのビールを飲んじゃったりしました。

藪さんと同じようにドモリだったので、アルコールが入らないと歌えない人でした。

No title

*まーぶるさん。。
大規模な災害救助には、大型ヘリや大型の重機が必要です。そのオペレーションには日頃の訓練が必要です。各都道府県に所属する地方公務員の、警察官や消防署員も訓練はしているのですが、年間五兆円の国費を使って25万人の隊員がいる自衛隊の装備と比べたら、各県の装備はお粗末なものです。

大量の炊き出しを行ったり給水したり、大型の風呂を作るなんてのは自衛隊にしかできないんです。阪神淡路大震災の時に、道路が崩壊してしまって陸路では現地に入れないので、神戸港に自衛隊の災害救助隊が船で入港しようとしたら、左翼団体に拒否されて入港できませんでした。

一般には報道されてませんが、自衛隊の災害救助隊は各地で左翼団体に拒否されてるんです。ですから現在の自衛隊の災害救助隊は、できるだけ目立たないように行動しています。

自衛隊は大雑把な作業をした後にすぐに引き上げて、現地の警察や消防隊に作業を任せます。その後の細かい作業をやるのがボランティアですね。ちゃんと作業分担をしてるんです。

No title

*右近さん。。
まーぶるさんへのリコメにも書きましたが、左翼連中は災害派遣された自衛隊でも、戦争に行くんだと思って反対しているんです。

それ故、災害救助に向かう現在の自衛隊の車両にはすべて「災害派遣」と云う横断幕を付けなくてはならないんです。各国の災害派遣の軍隊でそんな表示をしているところはありません。その事からも如何に日本が自虐史観に洗脳された異常な国だと云う事が判ります。

そう云う理由から自衛隊はわざと前面には立たずに目立たない作業をしていますので、事情を察してください。

No title

ヾ(●´ω`●)こんばんはぁ♪
左翼に拒否されてるのですね。
(`×´) プンプン!!
自分達が被災者になったら
誰に助けてもらうのでしょうかね。
o(`ω´ )o

No title

*安寿先生。。
日本では憲法九条によって軍隊が無い事になってます。だから憲法上自衛隊は軍隊ではありません。戦後の日本人は世界一、戦争に嫌悪感を持ってる民族ですから、オリーブ色に塗装された自衛隊の車両を見ただけで、左翼連中だけではなく拒否感を持ちます。

だからと云って自衛隊の車両をピンク色に塗装したら世界の笑い者になります。仕方無しに自衛隊では「災害派遣」と云う横断幕を車両の前に設置しています。

兵器を操作する自衛隊と災害救助の自衛隊を分けるべきだという考え方もあるのですが、外国の例を見ても軍備と後方支援に相当する災害救助は一体であって、分ける事はできないんです。

安倍総理は憲法九条に自衛隊を明記する改正案を唱えてますが、それよりもっと重要な事は、自衛隊の活動を国民に知らしめる事だと藪さんは思います。じゃなかったら苦労している自衛隊員がかわいそうです。

No title

*まーぶるさん。。
自衛隊の皆さんが誇りを持って仕事ができる社会になって欲しいですね。

残念ながら今の日本は、あの敗戦の総括が73年も経過しているのに未だにできていないと思います。日本は未だに米国の植民地であり独立国じゃありません。何故なら日本には沖縄を初めとして多くの米軍基地があります。

なんで日本に米軍基地があるのかに付いて、それに反対している左翼連中はその経緯の歴史について知らないのが情けない。日米安保条約を破棄しない限り沖縄の基地撤去なんてあり得ないという事を判ってないんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ