FC2ブログ

記事一覧

文京区の紹介動画


 ちょっと前に文京区の掲示板に貼られていたポスターを見たら、「文京区を紹介する動画募集」ってのがありました。当然ながら藪さんは「ムムッ!」ってなるよね(^ω^)

残念ながらそのポスターは台風の雨風で飛ばされちゃって、現在は別のものが貼られているし、文京区のページhttp://www.city.bunkyo.lg.jp/を見てもその募集の詳細が判らない。

藪さんが一番気にするのは動画の長さなんです。チューブには祭の取材で、何の説明も無く延々と神輿を担いでいる動画がたくさん上がってるよねぇ。そう云うのが好きな人もいるんだろうけど、イラチの藪さんにはそんな長い動画は耐えられない。

たとえクオリティは低くなったとしても、三分に収めるのが素人動画だと思います。

この動画募集で文京区が求めているのは、五分とか十分の短い動画だと思います。考えてみたらそんな動画を作るのは無理だよ。文京区のように魅力いっぱいの地域を紹介するには、十時間以上の長さが必要です(^∇^)

そうなると藪さんブログの一連の記事って事になるよね。なんかテーマがあったり、特定の場所に関する動画なら藪さんは三分で最高の動画を作るんだけれども、文京区全体って事になると目移りしちゃって作れません。

たとえば五年前に撮影した、小石川図書館二階のレコード室の落語レコードなどの二万枚の所蔵は国会図書館に勝るものだと思います。藪さんが半世紀前に借りた可楽や虎造のLPレコードを未だに所蔵している。

当然ながら一般家庭にはレコードプレーヤーなんかないので、二台のプレーヤーを置いて聞かせてます。時々ジャズを聴いている人がいますが、落語のレコードを聴いている人はいません。CDで復刻されてますからね。

ちなみに文京区の図書館が所蔵する落語のCDの所蔵数は世界一だと思います。各地の図書館を探訪なさっているsnob先生が仰ってましたが、落語のCDはどこよりも早く文京区の図書館が所蔵するらしい(^∇^)

 撮影データ・・・平成25(2013)年9月26日(木) 昼過ぎ 小石川図書館

コメント

No title

我が区もレコードの貸出していましたが、多くがCDに入れ替わりました。
「圓生百席」もありましたがCD版が入ってからは書庫に仕舞われてしまいました。予約すると借りられますが……(^^)
これは文京区歌ですか? 結構長いですね。

No title

私が死んだら、LP,CD、LD,DVD.カセットテープ、VHS等を寄贈したいですね。

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんが中学生の頃に小石川図書館はレコードの貸し出しを始めました。貸し出しの条件は、レコードに傷が付くといけないという事なんでしょうが、三階にあった貸し出し所の係員にレコード針(カートリッジ)を持っていって確認してもらう必要がありました(^ω^)

レコードを探すのは、箱に入れて五十音順に並んでいるカードを探して、その番号を貸し出し申込書に書いて係員に渡すスタイルでした。貸出期間は今の二週間ではなくて一週間でした。

高校時代にはビールを飲みながら、借りてきた可楽や虎造さんのレコードを随分聴きました。吉田拓郎のソノシートも借りて聞きました。さすがにソノシートは区立図書館のどこにも置いてないので処分しちゃったようです。

驚いちゃうのは、志ん生の墓のそばにある目白台図書館に、落語のカセットテープがたくさん置いてあるんです。更には千石図書館には落語のカートリッジテープが置いてある。もちろん再生できないからそんなの誰も借りない(^ω^)

No title

*キャバンさん。。
私も五百枚以上持っているLPレコードや、数百枚の落語のCDやDVDを小石川図書館に寄付したいと思ってます。いずれ小石川図書館に打診したいと思っているのですが、今の図書館員と云うのは業者からの派遣社員なので、文京区歌も知らない文京区民じゃないので、埒が明かないはずです。

文京区教育委員会に話を持っていくべきなのか、それとも成澤区長に直訴すべきなのかを考え中です。

No title

こんにちは。(*^-^*)
音楽付きで図書館の様子が分かって素晴らしいです。
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆
各イベントごとに数分程度で判るのが
見る人にも親切ですよね。(^_-)-☆

No title

*菖蒲園さん追加。。
文京区歌は佐藤春夫さんが作詞した一分43秒の短い曲です(^ω^)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/profile/three-minutes/uta_2.html

動画の尺に合わせて三回再生しています(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
五年前の藪さんはまだまだ地元の動画撮影を始めたばっかりなので、許可を得ずに図書館内部を撮影していいものかどうかドキドキでした(^ω^)

画質も悪いしもっとゆっくりカメラを動かすべきですね。文京区歌は文京区のホームページから無料でダウンロードできるので、それを使った動画を作ってもチューブに著作権違反だと云われないと思ってこの動画を作りました。

藪さん動画をご覧になって皆さんは苦痛に思われるかもしれませんが、藪さんはそれ以上に苦痛なんです(^ω^)

なぜかと云うと、ああすれば良かった、こうすれば良かったと云う反省ばっかりで見るのが苦痛なんです。でも十本に一本くらいは何度も見たい動画があります(^ω^)

No title

こんにちは
谷根千には落語家が多いですよね
根岸が目立ちますが
確かに藪さんのブログを見ろと言った方が早いですね^^
Nice!

No title

*右近さん。。
戦後の昭和22年に小石川区と本郷区が合併して文京区ができました。現在の文京区には落語の定席は一軒もありませんが、かつて根津八重垣町に住んでいた談志が、文京シビックホール(かつての文京公会堂)の小ホールで毎年落語会をやってた関係で、談志が体調を崩したあとは志の輔が受け継ぎ、更には他の噺家がその落語会を現在も受け継いでいます。

秋の根津千駄木下町祭りの時には、不忍通りふれあい館の地下一階で、立川流の噺家さんが三人出演する無料落語会をやってるし、朝顔市の時には有料の伝通院寄席をやってます。こんにゃくゑんまのほおずき市の時には、無料のこんにゃくゑんま寄席です。

寄席は一軒も無いけれども、文京区のあちこちで落語会をやってます。そうそう小石川図書館の四階でも年に一度無料落語会をやります。

No title

*続き。。
プロが作った↓こう云う動画を見せられると・・・
https://www.youtube.com/watch?v=DA5zgJbn074

当たり前ながら藪さんは打ちのめされます(^ω^)

もっとプロのテクニックを勉強しないと(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ