FC2ブログ

記事一覧

神輿のライトアップ


 かつての神輿は日中に渡御してました。しかし昼間に仕事をなさっている方は神輿が担げないので、夕方以降にも神輿を担ぐようになりました。

街灯があって明るいところならいいのですが、暗い道路で神輿を担いだ場合、危険でもあるし何をやってるんだか判らなかったりします。

そう云う理由もあってか、神輿をライトアップすると云う事が考えられました。かつてのトラック野郎のデコトラ(行灯と称する文字入りのパネルや様々な電球を使ったデコレーション・トラック)のように、神輿がライトアップされました。

しかしトラックとは違って神輿に発電機を乗せる訳には行かないので、バッテリーから電源を取るのですが、より多くの電球を使って明るくするほどバッテリーがすぐに上がっちゃうと云う問題があります。

神輿のライトアップのセッティングをしているのは素人さんですから、バッテリーの容量と電気使用量の関係については良く知りません。小さなバッテリーでたくさんの電気を使ったらほんの十数分でバッテリー切れになっちゃうのは当たり前なんです。

途中で神輿のライトアップが切れて暗くなってしまうというシーンを藪さんは何度も見てきています。柳町三和会の神輿はとても明るくライトアップされていて見事だったのですが、神酒所に帰ってくる途中でバッテリー切れで暗くなってしまうという失態を演じました。

バッテリー交換をして神酒所に戻ってきたのですが、次回からはもっと大容量のバッテリーを使いましょうね。その点祭が盛んな東御殿町会の神輿には様々なノウハウが詰まっていて、あんなに明るい神輿なのにバッテリー切れになる事はありません。よく観察するとかなり大きなバッテリーを神輿に乗せてました(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年9月15日(土)午後六時過ぎ 柳町界隈

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
夜のお神輿渡御って昼間と違った魅力がありますよね。
女性の掛け声も力強く活気がありますね~。
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆
お囃子の音色も良いです。o(*^▽^*)o~♪
ライトが切れてしまっても
街灯が明るいので煌びやかで綺麗なお神輿さんが
見れます。
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆

No title

夜のお神輿は綺麗ですね。
ライトアップを派手にするにはバッテリーを大きくしなければならず、重いですよね。
どうバランスを取るか、大変ですね。

No title

*まーぶるさん。。
現代の神輿渡御って、昼間はあんまり盛り上がらないんです。車の通行が多いので交通規制をしなければならないから、あまり自由に担げません。

白山通りのような幹線道路は明るいので、ライトアップしなくても神輿があると云う事は判るのですが、裏道に入っちゃうと暗いから、無灯火の神輿は見えないので詰まらないだけではなく、暗くて危ないんです。

この前の週の簸川神社の祭で、ライトアップされた東御殿町会と南戸崎町会のダブル渡御をご覧いただきましたが、夜ですから酒も入っていて盛り上がってましたよね(^∇^)

明日の記事では、バッテリーを乗せ変えた神輿が柳町三和会の神酒所前で、土曜日最後の担ぎをやりますからご覧ください(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
神輿は車両ではないので、道交法上は無灯火でも構わないのですが、白山通りのような通行量の多い幹線道路を夜に担ぐ場合は、車道を通行するのでライトアップしないと危険です。

キャバンさんのレーシングカートにもバッテリーを乗せますよね。ブラックバス釣り用の9.9馬力エンジンの12フィートのアルミボートにも、電動モーターを動かすために、120アンペアのバッテリーを乗せます。

12フィートのアルミボートの重量は50キロ。9.9馬力のエンジンは38キロ。120アンペアのバッテリーは25キロです。河口湖のような小さい湖なら、12フィートのアルミボートで十分ですが、霞ヶ浦のような広くて荒れる湖では、20フィート200馬力のボートは必須です。

そのパワーボートには、エンジンのセルモーターやパワーチルトやビルジモーターや、三つの魚探や電動モーターを動かすために、120アンペアのバッテリーを三つ乗せます。

究極のブラックバス釣りをやろうと思ったら体力がなかったらできません。25キロのバッテリーを持つ筋力がなくなったので、藪さんはブラックバス釣り師を引退しました(^ω

No title

綺麗に電飾で飾られていますね。これを担ぐ方は重くなって大変でしょうね。
正直、驚きです(^^)
ウチの方はお囃子の屋台は電気で飾られています。それは宵宮などで暗くなっても睦の地域を回るからです(^^)

No title

LEDなんでしょうね。時代だなぁ~

No title

街に樹があって適当に暗いからライトアップが映えますね~。
神々しいです。
商店街の明るいところだと有難みがなくなるでしょう。(*^▽^*)

No title

*菖蒲園さん。。
今は肩の神輿ダコを自慢する人は少なくなりましたが、神輿って木材で作られているだけなんで意外と重くないんですよね。千貫神輿だなんて云ってるのは、あんなのみんな過剰報告です(^ω^)

普通の大人神輿は、担ぎ坊を外した本体だけなら大人四人で持てます。根津神社の三基の本社神輿のように特大の神輿になりますと、長い担ぎ棒一本だけで40キロ以上の重量になりますけどね。

神輿のライトアップの電源がすぐに切れちゃう理由は、専門的な知識を持ってない人がセッティングしているからだと思います。南戸崎町会の神輿をライトアップしているバッテリーを見たら、普通のバイク用の小さなバッテリーを乗せてました。そんなバッテリーじゃすぐにバッテリー切れになります。

自動車やバイクのバッテリーは、常にダイナモ(発電機)で充電しながら使うバッテリーなので、充電せずに使うとすぐにバッテリーが上がります。ボートで使うバッテリーは、ディープサイクル・バッテリーと云って、ダイナモで充電し続けなくても長く使えるバッテリーなんです。

No title

*Marsさん。。
エルイーディー球と云うのは、消費電力量の少ない省エネ型なのですが、普通の電球と比べると、同じ明るさにするには高価です。

でも現在では夜の犬の散歩用に、ボタン電池を使った小さくても非常に明るいライトを百円ショップで売ってます。それを神輿の周りにセットすれば、千円以下で簡単に神輿のライトアップができます(^∇^)

No title

*安寿先生。。
神輿は神様の御霊入れをしているので、夜に渡御する場合はライトアップして神々しくしなくてはなりません。暗い神輿を見ると藪さんは、天照大神の天の岩戸伝説を思い出しちゃいます(^ω^)

ハンク・ウィリアムスが「I saw the light」と云う歌をかつて歌いました。カントリー音楽の定番曲になってます。「♪光を見た。もはや暗闇はない。神を讃えよ。光を見た」藪井竹庵訳。

米国のカントリー音楽にも、日本神話の天の岩戸伝説と同じテーマの曲があるんだなぁと思いました(^ω^)

No title

> 藪井竹庵さん
漫才の「にゃんこ&金魚」の金魚先生の頭のデコレーションには、百均のLEDが付いていた事がありました!!

No title

*Marsさん。。
今いくよくるよさんは、とんでもないドレスを着てましたが、金魚さんは頭のディスプレイが特徴ですね。いくよくるよさんのようには売れてないから、衣装に金を掛けられない。百均でいろんなものを探すんでしょうね。圓生のCDでさえ百均で売ってる時代です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ