FC2ブログ

記事一覧

三本の大締め


 東京の祭では、それぞれの区切りで頻繁に一本締めと云う手締めをやります。神輿を担ぎ上げる時や、「馬」と云われる二つの台に神輿を下ろしてからも、拍子木に合わせて一本締めをやります。

藪さんが東京の祭が好きな理由は、だらだらやらずにとっととやってとっとと終わってくれるからです(^∇^)

でも中には勘違いした連中がいて、長々と式をやったりします。そんな連中は江戸っ子の風上にも置けねぇエナカモン(^ω^)

江戸締めと云われる手締めには一本締めと三本締めがあります。その使い分けは、普段は一本締めをやり、最後の締めくくりの時に、三本締めと云う大締めをやります。

江戸っ子はほんの数秒の違いでも長ったらしい事はやりたくない訳で、昼間に三本締めなんかやったら祭が終わっちゃうんです(^ω^)

一方、大阪には江戸締めはなく以下のような大阪締め一本です。

「打~ちましょ」 パンパン
「もひとつせ」 パンパン
「祝うて三度」 パパ~ンパン

ってヤツなんですが、そんなまどろっこしい手締めをやったら、東京の神輿はつんのめっちゃいます(^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年9月15日(土)午後七時 柳町三和会神酒所前

参考までに大阪締め・・・https://blogs.yahoo.co.jp/yacup/65585786.html

コメント

No title

確かにアッサリ、速やかに済んで、粋ですね。
取材ご苦労様でした。

No title

こんにちは。(*^-^*)
こちらの三本締めも同じです。
締めもイキでカッコイイです。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
大坂の三本締めは違うのですね。....〆(・ω・。) メモメモ
ライトが点いて明るいですが、
お神輿さん本来の煌びやかさが見えませんね。

No title

ウチの方も木遣やって、これでしたね(^^)
長いのは嫌みたいですね。
また来年ですか?

No title

この三本締めのスピード感が何とも粋です。
コメも短めで?(*^▽^*)

No title

*キャバンさん。。
神輿は御霊入れをして、神社のご祭神を本殿から神輿に移しているんです。

ですから、だらだらやるなんてのはご祭神を待たせる事であり、神輿渡御の何たるかを判っている人ならば、絶対にやってはならない事なんです。

No title

*まーぶるさん。。
夜の神輿はこれくらい明るくなくちゃダメなんです。遠くから見ても神輿だと判るようにね。

何で神輿を氏子町内に渡御する必要があるのかを考えると、不思議ですよねぇ。ご祭神は神社の本殿に鎮座していればいいんです。でも病気で自宅療養なさっている方とか、足の悪いお年寄りは神社に参拝に行けません。

だからこそ神社のご祭神が、氏子中の肩を借りて神輿に乗り、町内を渡御してくださるんです。藪さんローカルでは普段見掛けないお年寄りが、神輿がきた時に出てきて、手を合わせて拝んでる人が結構いますよ。

No title

*菖蒲園さん。。
今の祭の時にやる木遣りは長くやりません。木遣りコンサートじゃないし、祭の進行を妨げないためです。藪さんローカルで聞く事ができる一番長い木遣りは、根津神社の神幸祭で、表鳥居から不忍通りへ出るまでにやる三分程度のものです。頭連中はそれでお役御免で、神幸祭のパレードには付いて行かずに帰っちゃいます。

湯島天神の神幸祭の場合は、春日通りの切通し坂を下って天神下までです。ただし、台車に乗せた本社神輿が神社へ帰ってくる三分くらい前に、どっからともなく頭が現れて、木遣りをやりながら神社へ入ってくる。頭は年寄りが多いので、ずっと神幸祭のパレードには参加せずに、途中はキセルをする訳です。祭を詳細に観察すると面白い事がいっぱいあります(^ω^)

来年は陰ですから神輿は出ません。神輿が出るのは三年後の本祭だと思います。

No title

*安寿先生。。
同じ神社の氏子町会でも、祭が盛んな町会もあるし、そうじゃない町会もあります。祭が盛んな町会と云うのはちゃんと祭が伝承されていて、だらだら祭をやる事無く、スムーズに祭が進行して見ていて気持ちがいいです。

若い人が現代の子供にも祭が受けるように、いろんなアイデアを出している町会もあります。神輿の前で、いい年したおっさんがコスプレしてラインダンスをやったり、童謡を歌いながら神輿を担いじゃうと云う、滅茶苦茶だけど楽しい祭をやる町会もあるんですよ(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ