FC2ブログ

記事一覧

根津神社の大神輿


 根津神社には、六代将軍家宣が三百年以上前に寄進した三基の大神輿があります。江戸城への入門が許されたのは、根津神社の神輿と神田神社の神輿と赤坂日枝神社の神輿だけだったようです。

もちろん担ぎ入れるのではなくて、台車に乗せて静かに運んだようです。それ故江戸三大祭と云うのは、根津神社と神田神社と日枝神社の祭りだと云われて来ました。深川や浅草は当時の江戸の圏外でしたからね(^ω^)

根津神社の三基の大神輿は、一之宮、二之宮、三之宮と云われているのですが、公表されていないのでよく判りませんが、そのサイズはほぼ同じで屋根から上のデザインが若干違います。

現在は四年に一度の本祭の時の神幸祭に、三基を交代で台車に乗せて根津神社界隈を渡御しています。ですから三基の大神輿を全部見るには、最短でも9年掛かります。

 ちなみに、四年前の取材動画https://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64897224.htmlを見直したら、屋根の上が鳳凰ではなくて擬宝珠風のお饅頭型だったので、あれが一之宮。と云う事は今年出た本社神輿は二之宮ですね。

以前は拝殿の右にある神札授与所の右に大神輿を展示していたのですが(藪さんの過去記事をご覧いただければその状況が判ります)、現在は神札授与所を広げたので、展示していた大神輿は本殿横の神輿庫に仕舞ってしまったので、神幸祭以外では一般の人は見る事ができません。

藪さんはメジャーを持っていって神輿のサイズを計測しようかと思ったのですが、なんか罰が当たりそうなのでやめました。なにせ将軍様が寄進した神輿ですから、当時の最大級の神輿だったはずです。

藪さんの目測では五尺四方以上で、160センチ四方くらいあるのではなかろうかと思われます。根津神社では楼門前のラジオ体操広場で、一年365日年中無休で朝六時半からラジオ体操をやってます(雨天中止)。

その時間以前にこれだけの根津の半纏を着た人たちがいるって事は、神輿庫から唐門前に人力で本社神輿を運んだんでしょうね。午前九時から始まる神幸祭のパレードのために、ラジオ体操が始まる前から本社神輿のセッティングのためにこれだけ多くの方が準備をしている訳です。ご苦労様です。

それを撮影している藪さんもご苦労様なのですが、午前六時に行ったんじゃ遅くて神輿庫からの搬出を撮影できません。四年後の神幸祭の時には午前五時に取材に行くぞ~(^∇^)

ボーイスカウトの子供たちが根津神社境内のゴミ拾いを朝早くからやってくれてました。誰も見てないけれども藪さんはちゃんと見てますからね。これからもお願いします(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年9月16日(日)午前六時半 根津神社

コメント

No title

(*^o^*)お(*^O^*)は(*^o^*)よ~ッございます。
(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
こんな大きくて立派なお神輿さんは初めてみました。
しかも4年ごとの大祭で違うお神輿さんが担がれるのですね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
朝早くからお支度されてるのですね。
境内を綺麗にしてから宮出し。
多くの方に愛されてるお神輿さんですね。ヾ(。╹◡╹。)^♡ノ゙
台風にお気をつけてお過ごし下さいね。

No title

立派な御神輿ですねえ。
早朝からの準備が必要でしょうね。
台風は大丈夫かな?

No title

これは本当に見事な神輿ですね!
一見の価値はありますね(^^)
広重の「江戸百景」には山王祭のお神輿が江戸城に入るところが描かれていますね。白装束に黒烏帽子を被った者がしずしずと担いでいます。
山王祭と神田祭は将軍家から祭りの支度金百両が賜われていたので、江戸城に入ることが許されたのですね。
未明に山下御門の所に山車や神輿が集まりに江戸城に入り将軍が上覧して、最後の山車が常盤橋御門から出て行ったのが日が暮れた頃だったそうです(^^)

No title

え~~っ!

四年後 5時に行きますか?!
早起きの藪さんなら叶いますね。
雨が多い根津のお祭り、水の神様だからでしょうか。

日曜日(今日)夜中に大型台風接近ですね。お気をつけ下さいね。

No title

*まーぶるさん。。
藪さんの呟きが若干間違えてましたので訂正します。

この神輿の担ぎ棒は、縦に長いのが二本とその外側に短いのが二本。それらの担ぎ棒と麻紐で結んでいる横棒が二本です。台車に乗せて神幸祭のパレードを終えた神輿が舞殿前にやってくるのが午後四時頃。

それから拝殿右横の神輿展示場にかつては運び入れたのですが、そのままでは横幅が広過ぎて唐門を通過できません。そこで舞殿前で、縦二本と横二本の担ぎ棒と台車を外して、長い二本の担ぎ棒だけで担ぎ入れるんです。

ですから40人くらいしか担ぎ棒につかまれませんので、この神輿の重量はせいぜい2トンくらいでしょうか。

No title

*キャバンさん。。
家康は四百年以上前に先見の明があったのか、自然災害の少ない江戸に新興都市を作ったんですよね。東京が壊滅的な自然災害を受けたのは、近代では95年前の関東大震災だけです。

午後八時から首都圏の電車が全部止まるって云ってるんですが、今の藪さんローカルはまったく台風の影響がありません。

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんが不思議だなと思っているのは、大きな神社にはたいてい本社神輿の他に鳳輦(ほうれん)と云う天皇が乗る乗り物が神幸祭の時に登場するのですが、根津神社には鳳輦がないんですよね。

湯島天神には本社神輿よりも大きな鳳輦があるし、日枝神社にも神田神社にも富岡八幡宮にも鳳輦があります。何で根津神社には鳳輦がないのだろうか?

他の神社と比較してみると、根津神社は江戸時代以前からあったとは云え、六代将軍家宣の頃から徳川家に庇護されたので、天皇家とは一線を隔していたのかも知れないと思っています。

No title

*ななくささん。。
普段なら午前中まで寝てますが、祭となったら目が冴えちゃってゆっくり寝てられないです(^ω^)

藪さんが六時に電チャリで根津神社に行ったら、もう唐門前に二之宮の本社神輿が出ていて、たくさんの根津の半纏を着た人たちがいました。藪さんは考えが甘かった。神幸祭は九時に出発するので六時なら御の字かと思っていたのですが、後れを取りました。

まだ誰もいないうちに現場へ行って、ロケハンと撮影計画を練るのが藪さん動画なんです(^∇^)

これから数日間神幸祭のパレードの記事を予約投稿してあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ