FC2ブログ

記事一覧

狐舞いは妖怪


 近年では花札をやらなくなっちゃったので、花札の役(やく)やルールを忘れちゃいましたが、トランプゲームのブリッジに似ているゲームだったと思います。

 ちなみにファミコンゲームのマリオブラザースで当てて、現在では世界的なゲーム企業になっている任天堂は、花札を作っていたメーカーでした。

 花札の役に四光(しこう)と云うのがあります。これは花札の最強の役で、ポーカーで云えばローヤルストレートフラッシュ。麻雀で云えば国士無双のような役満です。

 それがどうして、江戸吉原の門付け芸だった「狐舞ひ」に参加しているのかが意味不明ですが、エンターテイメントの世界と云うのは、そんな細かい事は追求しなくてもいいんです。ピコ太郎は何で受けたの? なんて誰にも正確に説明できないでしょ? (^ω^)

 花札の四光と云うのは、「芒(すすき)に月」、「桐に鳳凰」、「松に鶴」、「桜に幕」の四枚の札を揃える役です。狐舞いにはその四枚の札をプリントした箱を被った人が登場してコミカルな踊りを踊ります。https://twitter.com/Sikou_ayakasi?lang=ja

 その箱には目の位置に穴が空いていないので、前が見えるんだろうかと疑問に思った藪さんは、「桜に幕」の箱を被ってる人に目は見えるのかと質問したら・・・妖怪だから見えるんですとの回答を得ました(^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年9月22日(土)午後六時過ぎ 白山通り下真砂町

コメント

No title

こんにちは。(*^-^*)
妖怪さん達は休憩中も人気者ですね。
藪さんも子供達も楽しそう~。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
確かに・・・花札さんは怖いかも。。。(*⌒▽⌒*)
白い浴衣の狐さんは若いお嬢さんですね。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
妖怪との会話も面白いですね。ププッ ( ̄m ̄*)
お神輿さんに灯が灯り華やかに盛り上がってますね。

No title

*まーぶるさん。。
この妖怪さんたちは子供たちの人気者なんです。でも小さい子供は怖いからお母さんの手を離さない。大きい子供は興味しんしんです(^ω^)

この動画の撮影アングルは、カメラの位置を低くしています。藪さんは疲れちゃったから、たまたま薬屋さんの前で座って動かずに撮影しました。動物写真家の岩合光昭(いわごうみつあき)さんも仰ってますが、カメラ目線を低くすると、撮影対象の動物は妖怪を含めて警戒しないんです(^ω^)

だからこそこう云う映像が撮影できた訳であり、花札の妖怪さんでさえ藪さんのカメラを警戒せずに、自分からVサインを作って藪さんのカメラに飛び込んできてくれるんです(^∇^)

写真撮影ってどうしても自分の目線で撮影しがちなんですが、上から目線で撮影すると警戒されます。子供なんかの自然な表情を撮影するには、子供目線よりも下にカメラを置くといいと思います。ただし盗撮と誤解されやすいので、あんまりカメラは動かさない方が無難です(^ω^)

No title

休憩中の「狐舞」の方々を見て単なるコスプレと勘違いする輩がいるかも知れませんね。
子供が泣くというのはくあんと妖怪になってる証拠ですね。(^^)

No title

確かに妖怪だから見えるんですネ
的を得た回答です^^
四光もあれば五光もありますよね^^
狐舞はナイスです

No title

コスプレの人達は、本気ですね。
「見えるんですか」「妖怪ですから」・・・これなんか、落語「化け物使い」ののっぺらぼうの「何処かで見てるんだ」に通じる応対ですよね。
笑える取材でした。
さすがです。

No title

あら、月を見逃しました~。四光が当たり前ですよね。まさか雨はないですよね。(>_<)

No title

*菖蒲園さん。。
泣かないまでも、小さい子供は怖いからお母さんの手を握って離さないのが面白い(^ω^)

小学生くらいになると、タヌキの太鼓を叩いたり、いろいろ質問するようになるんですけどね。

No title

*右近さん。。
彼等は妖怪集団「た組」と云う連中らしいのですが、完全なプロではなくてセミプロなんでしょうが、ちゃんと質問に対する答えを用意しているようです。カメラに向かってちゃんとポーズをしてくれるので、単なる素人ではありません。

ブリッジやポーカーなどのトランプゲームは中学生まで。高校時代は花札。大学生になると麻雀三昧ですね(^ω^)

No title

*キャバンさん。。
この狐舞いの人たちはセミプロの芸人さんなんです。だから積極的にみんなを楽しませようとしています。

総勢十人くらいで来ているので、田町町会からは20万円くらいのギャラが出ているとは思いますが、こう云う芸を続けてもらうためにも、芸人にはなんと云っても「おひねり」です。

小額でもいいんです。とにかくチップをもらう事でやる気が出ます。来年は五百円玉をティッシュに包んだものを十個くらい用意して、芸人さんの袖に入れてやろうと思ってます(^∇^)

No title

*安寿先生。。
花札って、高校生の頃以来やってないのでルールをすっかり忘れてます(^ω^)

そう云えば、赤短(冊)とか青短ってのがありましたよね。それが何点で、どうすれば勝ちなのかってのをすっかり忘れてます。社会人になってからは花札にはまったく縁がなかったですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ