FC2ブログ

記事一覧

楽しい祭


 この数年、藪さんは近隣の様々な神社の祭を取材してきました。

 文京区の牛天神、桜木神社、根津神社、白山神社、簸川神社、湯島天神。千代田区の神田明神、靖國神社。台東区の浅草神社、下谷神社。荒川区のスサノオ神社、諏方神社のお祭です。

 こうやって書き出してみると、文京区と千代田区と台東区と荒川区って、東京23区の内で、面積の狭い下から四区なんですねぇ。

 そんな狭い範囲の祭でありながらも、一つとして同じパターンの祭をやってないってところが、実に興味深い。同じ神社管内の氏子町会でも、神輿渡御よりも夜店縁日に力を入れている指ヶ谷町会もあれば、盆踊りに力を入れている菊坂町会もあります。

 藪さんが三社祭や神田祭が詰まらないと云う理由は、その土地の生活者の庶民目線で祭をやってないからです。だから多くの観光客が見物に行くような祭は、単なるショーであって地元民が本当に楽しんでいる祭じゃないんです。

 この数年の数々の取材で、藪さんが一番楽しい地元民の祭だと思ったのは、本郷桜木神社管内の本郷田町町会の祭です。子供から老人までみんなが本当に楽しんで盛り上げている祭を、他では見た事がありません。

 大人神輿に子供が両手を伸ばして担ぎ棒を持っている。他の祭りだったら危ないからどけを云われるけど、ここじゃそれが当たり前なんです。神輿渡御をしている前で、いい年した大人たちがマルチカラーのかつらを被ってラインダンスをやっちゃう。

 白髪のおっさんがウサ耳のカチューシャをしている。ハロウィンの祭が合体してるんです(^ω^)

 神輿を担ぐ声が元気なくなると渡御のリーダーがハンドマイクでお猿の篭屋とかの童謡を歌って元気付ける。伝統的な神輿渡御のスタイルを守りつつ、みんなが楽しめるようにアレンジを加えているところが実に素晴らしい。

 撮影データ・・・平成30(2018)年9月22日(土)午後七時半 本郷田町

コメント

No title

祭りに、かくも多くのバリエーションがあるとは思いもよりませんでした。自分の見る地元の祭りを基準にしますから、藪さんのように多くの場所での取材のおかげで、楽しませて頂きました。
ありがとうございます。

No title

こんにちは。(*^-^*)
うさぎ耳のおじさん発見。(*′艸`)
楽しまなきゃ損、損。
藪さんも来年はコスプレかな。(*⌒▽⌒*)
一車線を使ってのパレードなんですね。
ロープを張ってるので誤って反対車線に出てしまう事が
ないので安全ですね。
交差点でUターン。
警備の方も大変だったでしょうね。
パレードについてのご取材はお疲れになったでしょう。
お疲れ様でした。

No title

*キャバンさん。。
お祭と云うと一般的には神輿を担いで「わっしょい、わっしょい」と云う理解なんですが、いろんな祭を取材してみると、基本的なところは同じなのですが、幾らでもマイナーバージョンがあるのに気が付いて、例の「祭の101の楽しみ方」って本を書こうかと思っちゃったんです(^ω^)

まあそれはこのブログの記事で詳細に明らかにしていると思います。取材している藪さんでさえ新しい発見が幾らでもあったので、動画をご覧になった皆様は、こんなやり方もあるんだぁって思われたんじゃないかな?(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
今年は誰も言及されなかったけれども「ヨシキちゃーん」と書いて尾畠春夫さんの写真をプリントした自作の半纏を着た人がいましたよ(^∇^)

多分その人が去年はピコ太郎の豹柄の衣装を着てきたんだと思います。つまり、ここの田町町会って、ハロウィンのように単なるワンパターンのコスプレではなくて、常に時事情報を織り込んでいるんです。

藪さんはあくまでもカメラマン兼レポーターなので、できるだけ目立たないように黒子に徹しなくてはなりません。言問通りを一車線通行止めにするだけでも大変なのに、Uターンしちゃうと二車線塞いじゃうんですよね。

何にも知らずに横断歩道を歩いている人たちは、狐舞いの人たちにさぞや驚いた事だと思います(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ