FC2ブログ

記事一覧

江戸芸かっぽれ


 「かっぽれ」と云う踊りのルーツは、江戸時代に大阪の住吉大社で行われていた住吉踊りです。その踊りを江戸に広めたのは、豊年斎梅坊主(1854~1927)と云う神田から下谷の下町で、変な踊りをして門付けをしていた願人坊主(がんにんぼうず=あほだら経と云う変なお経を唱えて門付けをしていた乞食)でした。

 名優と云われた九代目 市川團十郎(1838~1903 浅草寺境内に「暫」の鎌倉権五郎の銅像がある)は、豊年斎梅坊主に教えてもらって「春霞空住吉」と云う歌舞伎でかっぽれを踊りました。

 団十郎さんより前に寄席の高座で後に「ステテコ」の語源になった変な踊りをやったのが初代 三遊亭圓遊(1850~1907)でした。圓遊は、本格派の圓朝(1839~1900)の弟子でありながら、落語をやった後に立ち上がって着物の裾をはしょって噺家の下穿きを見せて、「ステテテテ~」と云う奇声を発しながら、変な踊りをやりました。それはのちに「ステテコ踊り」と呼ばれました。

 もちろんそれは当時の噺家の常識としてはご法度だったのですが、本格派の噺家よりも受けて寄席に客を呼びました。ラッパの圓太郎や釜堀の談志らと共に、明治の寄席の珍芸の四天王と呼ばれました。圓遊はその珍妙な踊りを門付けに来た願人坊主から教わり、寄席芸として定着させました。

 もう一人忘れてはならないのが桜川ぴん助(1897~1987)です。豊年斎梅坊主の弟子になり、幇間芸や寄席芸としてのかっぽれを確立しました。留さん文治のような風貌の初代 ぴん助さんを、藪さんはテレビで見た事があります。幇間芸の定番の襖芸なんかをやってました。

 浅草演芸ホールの八月の二の席(11日から20日)の落語協会の番組で住吉踊りをやってますが、それは、操り踊りで有名な八代目 雷門助六(1907~1991)が、志ん朝や金馬などに教えたものが現在にまで伝わってます。

 撮影データ・・・平成30(2018)年10月20日(土)午後一時 藍染町

 ちなみに文楽の「深川」の踊り。噺家とは粋でなくてはいけません(^∇^)https://blogs.yahoo.co.jp/yacup/60990803.html

コメント

No title

「住吉踊り」と言えば、八代目雷門助六が継承していた伝統芸を、古今亭志ん朝が興行として、浅草演芸ホールで復活させました。
志ん朝の死後も、今尚、この「住吉踊り」の興行は、浅草の夏の風物詩として、続いております。

No title

こんにちは。(*^-^*)
うわぁ~。
素晴らしいですね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
江戸時代から続く住吉踊りなんですね。
....〆(・ω・。) メモメモ
「かっぽれ」「かっぽれ」は聞いた事がありますが、
踊りの種類も色々あるんですね。
男役と女役で踊ってるように見えます。
音楽も良く聞こえるので踊りと合わせて聞くと面白いです。

No title

浅草の住吉踊りはかってはふらっと行って見ることも出来ましたが、今は早朝なら並ばないと駄目ですね。
昔は一席やった後に踊る噺家が結構いましたが、今は減りました(^^)

No title

談志家元の話によく出てくる、本格派が天下を取ると、庶民から離れてしまい、必ず、形式を崩した芸を行う噺家が出てくる・・の初代のような「鼻の圓遊」の話は面白いですね。ステテコ踊りを見てみたかったですね。
かっぽれは、歌舞伎の世界のお話のようですが、何かしら、落語の世界にも通じてるのでしょうね。

No title

あ~深川だ~。これは三味線弾けますよ~。
緒木船で吉原へ行ったんですね。
狐拳で鉄砲を打つ所作ですね。(^^♪

No title

*Marsさん。。
志ん朝が亡くなったあとは、当代の金馬さんが住吉踊りのリーダーになりましたが、もうご高齢なので今は二代目 立花家橘之助を襲名した小圓歌さんなんかがリーダーになってるのかな?

当代の九代目 助六は芸術協会なので、落語協会の住吉踊りには参加していないはずです。

No title

*まーぶるさん。。
藪さんは子供時代に「甘茶でかっぽれ、渋茶でかっぽれ」と云う歌を聞いた記憶があります。

十年位前だったと思いますが、浅草寺の奥山地区で縁日があった時に、桜川ぴん助さんのかっぽれの舞台がありました。あれ? と思ったのは、初代は既に亡くなってましたから、二代目ぴん助さんは女性でした。

道路でやるイベントって結構難しくて、せっかくかっぽれをやってくださってるのに、無関心で通り過ぎる人がいっぱいいるんです(^ω^)

数年前のラジカセ音源はひどかった。現在は、宮永町にある小野畳店さんの軽トラに、アンプ付きのカラオケマシンにCDを入れて音を流しているので、大スピーカーの音は非常にクリアで、うるさいくらいにバッチリです(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
近年は落語ブームとでも云うのか、午前八時前から演芸ホールの前に行列ができていたりして驚きます(^ω^)

今年の根津千駄木下町祭りの不忍通りふれあい館の立川流の三人の下町落語会。なんと入場者の行列ができました(^ω^)

う~ん。今って行列するほど面白い落語をやっているんでしょうか? 藪さんとしてはNHKを含めて勘違いした連中が、本物の落語ではないものを落語だと思っているとしか思えません。

No title

横から失礼します。
かっては落語協会の芸人がほとんどでしたが、今は芸協の芸人さんも多く出ています。噺家だと高座に上がって一席やってます。協会の垣根を越えてやってるそうです(^^)
失礼しました。

No title

明治時代の四天王のアチャラカ芸は、御一新当時田舎から大量に東京(江戸)に出てきた人たちを魅了しました。
したがってそれに危機感を感じた圓喬などが落語研究会をはじめて、「それまでの」古典芸の継承に一所懸命になったのです。
これらのアチャラカ芸が寄席に客を引き付けたことをどう見るかは人によって異なるでしょう。
同様に三平や痴楽、或いは歌笑で寄席はにぎわいました。
だがそれが落語という芸にプラスになったかどうかはわからない。
同様に安鶴が黒門町を神のように奉って、落語を芸術にまで引き上げようとしたこともよかったか悪かったか、私にはわからない。
むつかしいですねぇ。
袋叩き覚悟で私見を申し上げれば、志ん朝(私はほぼ同じ年齢ですので、朝太時代から高座で聴いています)が住吉踊りをはじめた真意がわからない。
かれは落語という芸で十分勝負できていた。若い人たちのために寄席にもっと客を呼ぼうとしていたのかなぁ?

No title

そしてそうして集まった客が、落語という、中興の祖圓朝の芸を引き継ぐことにどれだけ役に立っているのか?
年寄りの原理主義者的意見で申し訳ありません。
私には円生が神様なのです。

No title

*キャバンさん。。
うん。確かに談志は云ってましたね。邪道が本格を駆逐すると。彼の落語評論はぴか一でした。つまり爆笑王の系譜で、圓遊さんの芸風を受け継いだのが、戦前は芸術協会の前身の落語睦会を柳橋と共に立ち上げた金語楼さん。

戦後の笑いに飢えていた時代にリンゴの歌以上に、日本人に希望を与えたのは、いち早く放送が復活したNHKラジオから流れた可笑のナンセンス落語でした。

昭和30年代のテレビ時代に登場したのが、文楽が寄席のモンスターだと云った三平です。三平さんは従来の落語のスタイルを完全にぶち壊しました。落語なんかどうでも良くて、とにかく客を笑わせる事に徹しました。

歌舞伎って伝統芸能だとかって云われてますが、歌舞伎の本質とはかぶく事であり、出雲阿国以来、とんでもない事をやる連中の事を歌舞伎者と云ってました。その意味で九代目 団十郎さんは歌舞伎にかっぽれや、外郎(ういろう)売りの早口言葉を取り入れたんだと思います。

No title

*安寿先生。。
深川いいですねぇ。残念ながらこの動画の音源では、歌詞があまり際立って聞こえて来ないのですが、柳橋からチョキ舟に乗って、隅田川をさかのぼって、吉原へご案内(^∇^)

今でも柳橋(神田川と隅田川の合流点)の観光船宿では、この歌を歌ってます(^∇^)

狐拳は、お茶屋の遊びでジャンケンのようなものですね。鉄砲を持つ振りをする漁師は狐に勝つけど庄屋に負ける。庄屋は猟師に勝つけど狐に負ける。狐は庄屋に勝つけど猟師に負ける。こんな事は学校じゃ教えてくれない(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
浅草の二の席は落語協会の芝居なので、芸協の人たちは池袋や新宿に割り振られているはずです。

でも住吉踊りは芸協の助六さんが落語協会の若手に教えた訳なんで、住吉踊りだけは特別なのかもしれませんね。

No title

*けんちゃん。。
今と同じように明治中期の寄席は、落語とは名ばかりの珍芸だらけになってしまいました。

それを憂いたのが圓朝の弟子たちで、圓左が発起人になって、圓喬と圓右と小圓朝と圓蔵の五人の圓朝の弟子の他に柳から三代目小さんを加えて、六人で落語研究会と云う落語会を立ち上げました。

現在はその第五次落語研究会になっていて、三宅坂の国立劇場の小劇場で毎月一回公演をやってます。現在の落語研究会はTBSが仕切っているので、TBS落語研究会とも云われてます。

残念ながら現在の落語研究会は、第一次落語研究会の精神が失われてしまい、どうでもいいような普通の落語会になっているような気がします。

No title

*けんちゃん2。。
法師さんのご贔屓だった生前の喜多八さんは、談志以上に落語の本質を分析してました。

噺家って上手いも下手もないんです。ただファンに好かれるかどうかだって分析した喜多八さんは凄かった。こぶ蔵や昇太が最高の噺家だと思っている連中には、それこそが落語であり圓生なんて聴いた事もない別の世界の噺家なんです(^ω^)

No title

===
こぶ蔵や昇太が最高の噺家だと思っている連中には、それこそが落語であり圓生なんて聴いた事もない別の世界の噺家なんです(^ω^)
===
https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/025.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/024.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/023.png">
ある噺家が嘆いていました、「時々打ち上げなんかで、早く笑点に出るような落語家になるんだよ」と激励されることがとてもつらいと言っていました。
昨年ある落語会で圓生の曾孫弟子にあたる噺家が「死神」をやったのですが、殺意が生じました。彼の目標は師匠の現圓楽を継いで笑点に出ることが見え見えでした。
圓生が聞いたら「外道でげす」と言ったでしょうね。
===
残念ながら現在の落語研究会は、第一次落語研究会の精神が失われてしまい、どうでもいいような普通の落語会になっているような気がします。
===
少なくとも「研究会」という言葉は削除してほしいです。

No title

*けんちゃん。。
落語協会の現会長の市馬さんは、二期四年の任期が今年で終わるので、古金亭の反乱がなければ、順当に副会長のこぶ蔵が来年には会長になります(^ω^)

芸術協会は歌丸さんが亡くなったあとは会長が不在なんですが、順当なら副会長の小遊三さんが会長になるはずなのですが、いまだにそのアナウンスがないと云う事は、70代の高齢の小遊三さんよりも50代の昇太にするかどうかの迷いがあるんだと思います。

落語協会の会長がこぶ蔵で、芸術協会の会長が昇太になったら、落語ファンとしては世も末だと思うんですが、一般の落語ファンには歓迎されて、ますます本当の落語じゃない落語ブームになる。めでたし、めでたし(^ω^)

No title

https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/022.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/023.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/024.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/025.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/021.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/027.png">

No title

*けんちゃん。。
それが現実です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ