FC2ブログ

記事一覧

フラのリハ


 よくこの~連中はフラダンスなんぞと云ったりしますが、「フラ」と云う言葉には、踊りも歌も楽器演奏も含まれてますので、フラダンスと云う用語は、戦後ワイハーに憧れを持った日本人しか使わない間違ったカナカナ語ですから、本場のワイハーでは使わない方がよろしい。もちろん「ワイハー」なんてズージャ用語は、日本の三流芸能人しか使いませんので気を付けませう(^ω^)

 音楽をやってるヤツって、矢鱈と逆さ言葉や短縮用語を使いますので、一般の方は話が通じない場合があります。フラは短縮用語ではなく正式な用語ですが、リハはリハーサルの短縮用語です。

 ハワイアンの事はワイアンと云い、ウクレレはウクで、ピアノはヤノピです(^ω^)

 かつて梅沢富美男さんは「夢芝居」と云う歌で、「♪稽古不足を 幕は待たない」と歌いましたが、午後四時に開始するイベントは、四時きっかりに始めなくてはいけません。開始時間になってもリハーサルをやっているようじゃ、イベントをやる資格はありません。

 ふれあい館の地下ホールは、午後三時から三時半まで千駄木親子オーケストラが使って、30分の空きがあり、午後四時から四時半まで谷根千フラサークルが使うスケジュールでした。

 午後四時を過ぎているのに本番をやらずにリハーサルをやっている連中に、こりゃダメだと思って宮永町の太鼓演奏の取材に行っちゃう、気が短い藪さんです。

 まさかとは思うんですが、客が15人しかいないからってジュリーのように公演をキャンセルしたんじゃなかろうなぁ。そもそもリハーサルってのは、客が一人でもいたらやっちゃいけないんです。音楽はCDを流すので、リハーサルは踊りの立ち位置とかライティングの調整だけだと思うのですが、それは会場を閉鎖してやるものです。

 寄席の場合は、客が一人も入って来なかったら落語はやりません。一人でも入って来たら前座かまず前菜として、短い落語をやります。寄席とは違うけれどもイベントと云うのはとにかく、三波春夫さんじゃないけれども、お客様は神様だと思ってやらなくてはいけません(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年10月20日(土)午後四時 不忍通りふれあい館地下ホール

 ちなみにこの動画にCMバナーが入っちゃうのは、裏に流れているハワイアンの楽曲に対してなんです。CMバナーは藪さんに了解無しにチューブが自動的に入れているものなので、藪さんが推奨している企業ではありません。バナーの右上の「X」をクリックするとうるさいバナーは消えます。

コメント

No title

こんにちは。(*^-^*)
ふれあい館の地下ホールは音響設備が良いのでしょうね。
音が綺麗です。ヽ(*´∀`*)ノ.+゚~♪.+゚
空調の利いたホールで座って見れるのは有難いですね。
( ̄◇ ̄;)エッ
4時から公演で4時過ぎてもリハだったんですね。
リハが長い分、
素晴らしいステージだったのでしょうね。(*′艸`)

No title

知り合いがベリーダンス関係の仕事をしているのですが、このようなものは大体三十分程度は遅れますね。
それは彼ら(彼女ら)はプロではないからですね。
インタビューしてみると判りますが意識低い人が結構います。ちゃんとした人はそれで苦労しますね(^^)

No title

フラダンスと言えば、常磐ハワイアンセンターを思い出してしまいます。ハワイの本場での舞台は見損なってしまいました。「又来ればいいや」と思っていましたが、そういうコトしてると、行けなくなっちゃうのですね。

No title

コミニティーセンター2階のフラのリハをしている教室の下で英会話教室をやっていますが裸足でするので大丈夫なようですよ。(*^^)v

No title

*まーぶるさん。。
この地下ホールは録音スタジオのように音響設備が整ってます。このリハは各スピーカーの音量調整をしていたのかもしれません。

ステージの高さも一メートル以下で寄席と同じような高さで、160席の客席との一体感があります。これ以上キャパを広げちゃうと、客席に傾斜をつけないとステージが見えなくなります。文京区の施設ですから、二時間で十万円以下で借りられたと思います。

藪さんはこの日は朝九時から根津神社で取材していて、あちこちの会場を歩き回り、午後四時ともなりますと相当疲れてましたので、フラを見るのは断念して宮永町の太鼓演奏の取材に行きました。各会場で同時にいろんなイベントをやってるので、時間通りにやらないイベントはパスです(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
まあ、素人さんにあんまりきつい事を云ってもしょうがないのですが、プロなら絶対に許されない事です。この地下ホールは下町まつりでは一番のステージなんです。周囲と隔絶されているし、楽屋もありますからね。他の会場は根津神社の境内とか通行止めにした路上ですから、次の出番がスタンバイしてせわしないんです。

フラは地下ホールでやるよりも、路上でやった方が通行人も見るので客は増えると思うのですが、どう云う訳か下町祭りでは地上ではフラをやりません。

日曜日の午後二時から立川流の三人が出てやってるのが下町寄席。今年はどう云う訳かふれあい館の外にまで行列してました。出演者は、談笑、吉笑、談洲でした。もちろん藪さんは行列してまで落語なんか聴きたくないので、取材はしてません(^ω^)

No title

*キャバンさん。。
福島のいわき市を中心とした常磐炭鉱が閉鎖されて、地域振興として立ち上げたのが常磐ハワイアンセンターでした。「フラガール」と云う映画にもなりました。現在は、スパリゾート・ハワイアンズに名称を変えて、テレビCMも打ってますね。

No title

*安寿先生。。
フラも阿波踊りもそんなに足音はバタバタしませんね。むしろ抜き足差し足的な足の運びなので、足音がバタバタするようじゃダメなんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ