FC2ブログ

記事一覧

湯島天神菊まつり


 今年も菊まつりのシーズンがやってまいりました。文京区の五大花祭りの最後、湯島天神の第40回菊まつりは、例年通り11月1日~11月23日まで開催されます。

 今年の前半は暖冬だったからなのか、桜やつつじの開花が早かったのですが、秋もあったかくて我が家の朝顔は現在でも毎日、3~5輪咲いている始末。各地では11月になっても桜が咲いたりセミが鳴いているようです。

 それとは逆に菊の場合は寒くならないと咲かないようで、湯島天神の菊まつりの初日に取材に行ったのですが、例年に比べると満開になるのが遅いような気がしました。

 今回の動画撮影は失敗しちゃいました。基本的に藪さんはブログで使う動画は、一本三分に収めるべきだと考えています。それが11分超えになってしまい長くてすいません。三分割くらいにすべきでした。

 動画が長いにも拘らずカメラの移動が早過ぎて、よく判らない動画になっちゃってます。もっとちゃんと撮影プランを考えなくてはなりません。もう一回撮影にチャレンジしたいです。

 撮影データ・・・平成30(2018)年11月1日(木) 午前九時半 湯島天神

コメント

No title

謝楽祭が過ぎるとすぐ、菊まつりですね!一年は早い。

No title

こんにちは。(*^-^*)
綺麗に開花してる菊もありますね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
見頃前なので空いてるかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
セッティング中の風景を初めて見ました。
一輪一輪丁寧に育てられる様子もうかがえます。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
桜島を背景にした西郷どんも綺麗ですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/047.png">

No title

菊まつりの菊の人形を作るのは大変でしょうね。わが家を新築した時(11月入居)、菊作りをしている先輩弁護士が3鉢届けてくれましたが、世話しきれず、花が終わったときにいったん返還し、翌年、また届けて貰ったということがありました。

No title

動画撮影をリベンジするころにはもっと開花が進んでいるかもですね。
期待しています。(*^^)v

No title

今は何処でも菊祭りが行われていますネ
今年は夏暑かったから皆さん苦労したようです

No title

11月5日に行って来ました!
この時と比べるとかなり咲いていました。
僅かな日にちの違いですが、かなり違うものなのですね(^^)
境内では猿廻しをしていました。

No title

*Marsさん。。
年を取るほどだんだん一年が早く感じると川柳さんが云ってました(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
ああそうか、あの菊人形の背景は桜島だったんですね。気が付きませんでした(^ω^)

秋口になると、だんだんと日差しが斜めになりますので、日が当たっているところと日陰になっているところの撮影が難しいですね。肉眼ではちゃんと見えているんですが、カメラの解像度では上半身が暗くて見えなくなっちゃってます。

No title

*キャバンさん。。
菊作りはバラ同様に常に手入れをしなくてはなりませんね。菊人形はかなり無理して作ってると思うので、たくさんある菊花展でも、菊人形を出しているところは少ないです。

No title

*安寿先生。。
初日の取材の十日後にリベンジしてきました。天気も良くかなり咲いてました。初日にはあまり咲いてなくて判らなかったいろんな事が、咲くと文字になっていたりしたのが判りました。

一回の取材だけじゃ、なかなか判らない事もあります。

No title

*右近さん。。
菊ってのは寒さが必要みたいですね。

文京花の五大まつりのうち菊まつりだけが、現地で育っているものではなく、植木屋さんが別の場所で育てたものを湯島天神に持って来て展示しているだけです。

江戸時代には染井村の巣鴨や駒込にたくさんの植木屋さんがいたのですが、関東大震災やその後の宅地開発によって、現在は埼玉県の安行に植木屋さんが移転しました。

福島県の二本松には菊を育てている植木屋さんがたくさんいるので、関東地方の菊まつりの業者展示品の多くは、安行または二本松から持って来ているものと思われます。

No title

*菖蒲園さん。。
例年の湯島天神の菊まつりは、初日がピークでだんだん菊が萎れてきちゃって、千輪咲きなんか萎れたものと新しいのを入れ替えたりするのですが、今年の夏が暑かったからか菊の咲き方が遅くて、菊まつりの中ほどがちょうどいい塩梅になっているようです。

湯島天神は七五三のお宮参りがかき入れ時です。貸衣装など本殿のお祓いや写真撮影も含めて五万円ほどなんですが、自分で揃えたらもっと金が掛かるので、五万円と云うのは庶民には高価だけれども、何度もない記念行事としてはリーズナブルな価格だと思います(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ