FC2ブログ

記事一覧

秋の神田明神


 神田明神(神田神社)と云えば、有名な東京の神社です。かなりのお賽銭が上がるんじゃないかと思いますが、宗教法人と云う事で無税なのが羨ましい(^ω^)

 しかし、七五三や結婚式などは、神社の営業行為なのでその部分の収入には課税されるはずです。

 現在神田明神では、創建千三百年記念と云う事で、拝殿の左側にあった駐車場や屋上庭園、大黒様の石像の左側にあった手水場、更には売店や食堂の部分に新しくガラス張りの会館を建築中です。

 今年五月に取材に行った時には、11月に完成予定と書いてあったので、11月に取材に行こうと思ってました。

 足場も取り外され、ほとんど出来上がっていたのですが、12月に完成予定となっていたので、まだ内装部分の工事が残っているのだと思われます。

 貧乏人の藪さんは、奉納金一覧を見て驚いた。最高は二千万円で、一千万円以上が数名(社)。百万円以上は当たり前で、十万円以下じゃ相撲の番付表の幕下レベルで、文字が小さくて読めない(^ω^)

 金銭でどうのこうのと云うんじゃないけれども、さすがに神田明神は別格の神社だなと思いましたとさ(^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年11月10日(土)午後二時半 神田明神

コメント

No title

神田明神は、奈良の都とかと肩を並べる歴史なんですね。知らなんだ!賽銭が桁外れなのも納得です。

No title

神田明神の奉納金の多さにはびっくりですねえ。世の中、信心深い人が多いのですね。10万円では、幕下にも入れないようですね。

No title

こんにちは。(*^-^*)
(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
創建千三百年とは・・・ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
皆さんの愛されている神社なので
奉納金も多く、より立派な神社になっていくのでしょうね
雅楽の演奏が響き渡る中、白無垢のお嫁さん。
古式ゆかしいご祝言で素敵ですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/047.png">
工事が遅れてるのは東京オリンピックの工事で
人手が足りなくて遅れてるのかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
ガラス張りの建物も綺麗ですね。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆

No title

*Marsさん。。
奈良に都があった頃は、江戸は武蔵野の寒村でした。僅かな農民と江戸湾の漁民しか住んでいなかった村だったはずです。人口が少なかったからあちこちに神社があった訳ではなく、本郷台地にあった神田神社は大水で水没しない神社で、大黒様を祀る商売の神様として古くから信仰を集めていたんだと思います。

No title

*キャバンさん。。
一般の祭の奉納金じゃなくて、神田明神の記念館を作る寄付金ですから、多分どっかに寄付者のプレートを作るんでしょうね。藪さんも一万円くらい出しとけば、最後の方に名前が刻印されるかな? (^∇^)

正月には初詣の混雑で取材できないから、年末に何とかして取材に行きたいです。

No title

*まーぶるさん。。
1,300年前には、武蔵野の寒村だった江戸には、神田神社くらいしかなかったんじゃないかと思います。

そもそも神田と云う地名は、神様に捧げる米を作る田んぼだったんです。東向きの本郷台地の斜面に作られた田んぼは大水の災害にもあわずに、毎年いい米ができたはずです。

結婚式場は、左側にある明神会館です。そこから出てきた新郎新婦は、巫女さんに迎えられ平安時代の装束を着た人たちが演奏する雅楽が流れ、このあと本殿へ向かいました。もちろんそこまでは撮影しませんけどね。その他に七五三の子供たちがいっぱいいました。

赤い刺しっこを着た鳶の頭連中が十人以上来ていて、午後三時過ぎから何かをやりそうだったのですが、日がかげって来て寒くなっちゃったので、この日の取材は断念して帰ってきました。

No title

神田明神
立派ですね。1300年の歴史ですか。
記念館の設立への寄付2000万円
きっと立派な会社なのでしょう。このような寄付で1300年の時を刻んできたのでしょうね。

No title

*笑みさん。。
現在でこそ東京は、1,300万人もの人口がいる世界一の大都市なんですが、四百年ちょっと前に秀吉から江戸の開拓を任された家康が、その百年前に館林藩主の大田道灌によって作られた千代田城に入城した時は、荒れ放題でした。当時の江戸の人口は数千人だったと思われます。

その後、1,600年の関が原の戦いで豊臣勢に勝利した家康は、本格的に新興都市としての江戸の建設を始めます。家康の生地の三河商人など、多数の商人が江戸に流入した結果、世界一の百万都市江戸ができました。

明治天皇が京都から江戸城に入城されたのが1,868年。今年はちょうど、東京遷都150年です。靖國神社では、東京遷都150年記念の寄付金を集めていたと思います(^∇^)

No title

今月は「消費税」と「法人税」の納付なので色々と忙しいのですが、5万10万のお金に苦しんでる身としては二千万の寄付とは凄いですね。できれば私も地元に沢山寄付したいですね(^^)

No title

神田明神といえば銭形平次。
甘酒と納豆。

その前にお参りしなきゃあ。( ;∀;)

No title

*菖蒲園さん。。
納税ご苦労様です。納税は日本国民の三大義務の一つですから頑張ってください(^∇^)

稼ぎに追いつく貧乏なしです。納税できる喜びを味わいましょう(^ω^)

祭の奉納金とか寄付金額って難しいんです。地域のバランスってのがあって、町会長が五万なのに藪さんが神酒所へ十万持って行くと、何だあの野郎って事になるので一万円が無難なんです。五千円でもいいんですけど、祭好きな藪さんはちょっと見栄張ってます(^ω^)

No title

*安寿先生。。
神田明神の拝殿の右横、秋葉原の低地を見下ろす東側の通路には銭形平次の寛永通宝の碑があります。

銭形平次は、黒門町の文七親分とは違って実在の人物ではなく、野村胡堂が書いた創作上の人物ですが、その碑を作った長谷川一夫さんや映画会社の名前が書かれています。

甘酒や納豆などの発酵食品は、神田明神の門前の左側にある天野屋さんが作っていて通販もしてます。藪さんは年に数十回神社仏閣の取材をしてますが、一度もお賽銭を上げたり拝殿でお参りをしてません。

特にお願いする事もないし、神様や仏様がいるとするならば、何もお参りしなくたって藪さんが来た事は判るはずですからね(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ