FC2ブログ

記事一覧

新嘗祭の餅搗き大会


 靖國神社では、毎年11月23日の新嘗祭の日に恒例の餅搗き大会を朝十時からやります。当然ながら藪さんはほとんど毎年電チャリで取材に行ってます。

 靖國神社へは、全国各地から奉納されたもち米の新米が届きます。そのもち米を使って有志の方が餅を搗き、搗き上がった餅を無料で皆さんに配ります。今年はきな粉餅、あんころ餅、大根おろしの辛味餅の三種類をプラスチックのパックに入れて割り箸を添えて提供してました。もちろんちゃんとゴミ箱は用意されてます。

 日本は豊かになったなぁと思うのは、搗き立ての餅をタダでくれると云うのに、我先に貰おうとする日本人がいないんですねぇ。それよりも近年珍しくなった餅搗きを見ている。

 藪さんはカメラで撮影しているので、手がふさがっているから餅は貰いませんでした。新酒を提供しているのなら、やめなさいって云われるまで飲んじゃうんですが、まだこの時期は杜氏さんが新酒の仕込み中です。造り酒屋の杉球がまだ緑色で茶色くなってません(^ω^)

 靖國神社は来年が創建百五十年と云う事で、あちこちの補修工事をやってました。表参道の真ん中にある大村益次郎の銅像も工事の足場で覆われていて、売店は撤去されてました。拝殿の両横にも足場が設置されてました。

 表参道のイチョウの黄葉は、毎年神宮外苑よりも若干遅いのですが、今年の東京は今のところ暖冬なので、イチョウの葉はまだ緑色で、黄葉は12月に入ってからだと思われます。

 能舞台前の桜広場のソメイヨシノは、既に紅葉してました。あと二回、靖國神社の取材記事を続けます(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年11月23日(金)午前十時過ぎ 靖國神社

コメント

No title

餅つきいいですねぇ
ウチの町会も今度の日曜に餅つきをしますが、段々参加者が少なくなってるそうです。なので役員が「参加して下さい」と回っていました。(^^)

No title

*菖蒲園さん。。
昨日藪さんが、自宅前で水撒きをして不審者を見張っていたら、町会長さんが町会の掲示板に12月2日の道搗き大会のお知らせと、手伝い者募集の貼り紙をしてました。

毎年12月最初の日曜日に百メートル先のお寺の境内で、地元町会が餅搗き大会をやるんですが、藪さんは一度も取材に行った事がありません。何故なら毎年この時期は、持病の関節痛で歩けなくなり取材どころじゃないからです。

でも今年は暖冬と云う事もあり、今のところは足が痛くないので、なんとか取材に行けそうです。とは云え、もはや爺さんで肉体労働はできないので、楽しい餅搗き大会にする企画立案しかできませんけどね(^ω^)

No title

こんにちは。(*^-^*)
「ヘイヘイヘイヘイ」元気良くついてますね。
!(●⌒ー⌒●)!
4人で回りながら反さないでつくのですね。
つき方も珍しいです。w(゜o゜*)w
たしかに皆さん遠慮がちにお餅を頂いてますね。
今年は銀杏がまだ緑なんですね。
黄色くなったらまた賑わいそうですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

補修工事が完了したころまた取材してください。どれだけきれいになったか見たいです。

上野の国立博物館近くでホームレスに食べものを配っているところに出会いました。みんな静かに一列に並んでいました。貧富に関係なく日本人ってお行儀がいいんですね。まして靖国神社でしたらなおさらでしょうね。(*^。^*)

No title

餅まきは、進水式で恒例ですし~私の関わった造船所は遠洋漁船の製造~、新築祝いでもやりますね。餅まきで争って取りに行くのが当たり前だと思ってましたので、ずいぶんお行儀が良いですね。
私、造船所の責任者になっているとき餅まきしたことあります。楽しいですよ。

No title

*まーぶるさん。。
靖國神社の餅搗き大会をやってくれている人たちは、靖國神社の職員ではなくて奉賛会とか崇敬会の人たちなんですよね。そう云う人たちって普通はお年寄りなんで、藪さん同様に肉体労働はやりません。この人たちはおそらく右翼系の人たちで、元気な若い人たちが力仕事をやってくれてます。

藪さんのプロファイリングだと、若干怖い人たちなんで、あんまり近付きたくない。この日は右翼の街宣車が白山通りを走ってましたからね。靖國神社周辺もいつもの地元警察の警備じゃなくて、機動隊が出動してました(^ω^)

でも朝日新聞に洗脳された左翼系の人たちは、靖國神社の年間行事なんかまったく知らないので、新嘗祭反対だなんて云ってる左翼の人は来てなかったし、ミーハーなマスコミの取材もまったく来てませんでした。

如何に靖國神社の事を知らない連中なのかって事が判ります。はとバスの団体さんも来てませんでした。薩長連合の官軍の総司令官だった大村益次郎のことを知らない人は、靖國神社へ来て欲しくありません(^ω^)

No title

*安寿先生。。
明治2(1869)年に官軍の総司令官だった大村益次郎が、東京招魂社の場所を選定してから、来年が百五十周年です。東京招魂社は後に明治天皇が靖國神社と改名しました。

そろそろ冬眠に入りたい藪さんなんですが、12月にも取材に行きたいイベントが結構あります。神田明神創建千三百年の新館の落成もあるし、浅草寺の羽子板市は17日から19日。今年こそ年末のアメ横の取材に行きたいし、こんにゃくゑんまの除夜の鐘。

藪さん冬眠している暇がない。靖國神社は来年の初詣でで取材したいと思います(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
静岡県在住のキャバンさんは餅撒きなんですね。先日まーぶるさんも餅撒きとお書きでした。

地方では、新築家屋の建前式の時に餅撒きをやりますね。でも東京では場所が狭いからか、餅撒きと云う儀式を藪さんは一度も見た事がありません。たいていは、森永の黄色い箱のミルクキャラメルを渡して終りでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ