FC2ブログ

記事一覧

芝濱囃子連


 東京の有名どころの神社には、それぞれに江戸囃子の有志のバンドが付いてます。

 一番有名なのは、神田明神の神田囃子保存会でしょう。神田明神の境内へ入ると、右側のステージで頻繁にライブ演奏をやってくれてます。

 湯島天神の場合は、落語協会の桂南喬師匠を中心に、古今亭菊之丞さんも参加している、酔鼓連と云うお囃子バンドがあります。根津神社の場合は根津鼓連です。下谷神社にも専属バンドがあります。

 藪さんローカルでは、四町会の神輿連合渡御の時に、八千代町町会のお囃子バンドが先導してくれます。

 靖國神社は神社本庁に加盟している日本神道の神社ではないので、ご祭神は天照大神ではなく、二百五十万余柱の戦没者です。ですから一般の神社のように氏子町会はありません。

 靖國神社の最大のイベントは、七月のお盆の時期にやるみたままつりです。靖國神社で会おうと云って死んで行った御霊が帰ってくるお盆のイベントです。

 靖國神社には氏子がいないので、氏子町会の神輿はないのですが「桔梗」と書かれた睦の神輿が一基だけあり、その神輿を九段下から表参道を各睦連が交代で拝殿前まで担ぎ上げます。何故「桔梗」なのかについて藪さんは考えてみました。もしかしたら「英霊たちの帰郷」の意味があるのかもしれません。

 その神輿を先導するのが芝濱囃子連です。「芝濱」と云うと、落語のご通家は芝の浜で財布を拾ってどうのこうのと云う暮れに良くやる演目を思い浮かべるでしょうが、何で芝濱なのかは藪さんは知りません。今度聞いてみようと思います。「根岸」って台東区の地名の半纏を着ている人もいて、よく判りません。

 でも素人さんが、獅子舞と云う伝統芸を継承してくださっている事はありがたいと思いました。

 撮影データ・・・平成30(2018)年11月23日(金)午前十時半 靖國神社

コメント

No title

こんにちは。(*^-^*)
うわぁ~。桜の紅葉が綺麗ですね~。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">
こんなに綺麗に色付いた桜の紅葉を見たのは初めてです。
春も綺麗ですけど秋も綺麗ですね。(*´꒳`*)ふふ♡
最近獅子舞も見なくなりました。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
伝統芸を継承し披露して下さり有難いですね。
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
「英霊たちの帰郷」から「桔梗」のご神輿。
心が温まりますね。 https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/012.png">

No title

ウチの睦にもお囃子連がいます。ここ数年子供達にお囃子を教えていて。今年の祭りでは中学二年生になった子がお囃子連としてデビューしました。続々と後継者が育っています(^^)

No title

芝濱は、三木助師匠の芝浜と関係あるんでしょうか。藪さんにも分からないというのでは、永遠の謎でしょうか?
色んな半纏があるんですね。
素人さんには見えないですね。

No title

*まーぶるさん。。
先週の取材では、表参道のイチョウの黄葉はイマイチだったのですが、桜広場の桜はしっかり赤くなってました。

11月も今日で終りで、明日からは師走ですね。記事にする動画のストックがないのでどうしませう? (^ω^)

取材に行きたい場所はたくさんあるのですが、69歳ともなりますと体力の衰えとともに、取材に行く気力も衰えちゃってきてます。

十月の下町まつりの時にはできていなかった、根津神社のヒメリンゴ。今はどうなっているのかって取材に行きたいですよねぇ? (^∇^)

皇居のお堀の北東の角にある、他とは違って一本だけ見事に黄葉しているイチョウの取材にも行きたいし、東大校内の黄葉や三四郎池の紅葉。不忍池のハスの茎の撤去状況の取材にも行きたいし、怠けてないで命の炎を燃やさないとね。

怠けて酒飲んで寝たきりになってたら、人生すぐに終わっちゃいます(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
東京ローカルのMXテレビでは、早稲田大学の考古学教授の吉村作治さんが、「日本の祭」と云う番組を日曜日にやっていて、地方のいろんな祭りを毎週紹介しています。残念ながら東京の祭りをまったく紹介していないのが情けない(^ω^)

そうなったらなんとか頑張って藪さんがブログで東京の祭りを紹介するしかないでしょう?

祭りって、親から子へ伝える伝承なんですよね。残念ながらその伝承が途切れてしまっている藪さんローカルのような町会もあります。だからこそ、祭りをできるだけ東京ローカルの伝統文化として伝承している町会や睦のイベントを微力ながらも皆さんに紹介したいと思っているのが、現在の藪さんブログのコンセプトです(^∇^)

それはかつてやっていた、落語の解説よりも藪さんにしかできないテーマだと思っています。ヤフーブログでの落語の解説は、菖蒲園さんに任せます(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
江戸囃子や阿波踊りの連の名前って、地名を使うのが普通です。ただし特定の名物や特徴があって、それで場所が判る場合はそれを使います。

藪さんがこの取材で確認できた半纏の背中に描かれたイラスト文字は、芝濱、根ぎし、中根岸、九段でした。半纏の文字を読み取るのって物凄く難しいんです。右から読むか左から読むかってのがあるし、書体もまちまちですからね(^ω^)

芝浜と云う落語は、圓朝が若い頃に三題噺の会で作った落語とされていますので、靖國神社の前身の東京招魂社ができた頃に作られた新作落語なんだと思います。

芝濱と描かれた半纏を他の祭りで見た事がないので、靖國神社の奉納演芸だけをやっているグループなんだと思います。みたままつりは、今年が第72回でしたから昭和22(1947)年に第一回が開催されたはずです。

焼け野原になってしまった靖國神社に南の島で苦労して死んで行った御霊は帰って来れないので、物資がない中でお盆のイベントをやったのがみたままつりなんです。

No title

*続き。。
8月15日に政治家が靖國神社に参拝すると、諸外国から苦情が出るらしい。そんなのは内政干渉ではあるんですが、世界平和を希求した昭和天皇は、靖國神社への参拝をやめました。

それは正しい選択だったと思います。北朝鮮でさえ日本批判はしますが、恐れ多くて天皇批判はしませんでした。昭和天皇はそこまで考慮なさって靖國参拝はやめたんです。

昭和天皇の御心も知らない政治家ごときが強引に8月15日に靖國参拝をして、諸外国とトラブルを起こすべきではありません。

政治家が本気で英霊への感謝を示したいのであれば、自民党連かなんかの睦を作って、みたままつりの時に神輿を担いで欲しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ