FC2ブログ

記事一覧

町会の餅搗き大会


 12月に入りまして各地では、ぺったんぺったんと、餅搗きの音が響いている事でしょう(^∇^)

 餅と云うのは、一般のご飯米とは違って、餅米と云う米を蒸したものを臼に入れ、杵でぺったんぺったんとやって、いわゆる餅状に固めたものです。餅米を普通の米のように炊くと、普通のご飯よりも若干硬い「おこわ」となり、赤飯や栗ご飯になります。

 落語には「尻餅」のような演目もありますが、米を固めたもので縁起のいいものとされ、正月用の食べ物としてかつては暮れには町内のあちこちで、餅搗きが行われていました。

 しかし各家庭で餅を搗くのは大変なので、米屋さんに注文して、平餅(ひらもち)と云うタブロイド誌サイズくらいの大きな餅を何枚か持ってきてもらい、お婆ちゃんの指導で名刺サイズくらいの大きさに包丁で切り分けるのが、年末の子供の仕事でした(^∇^)

 餅はある程度日持ちがするので、切り分けた餅を餅箱に入れ、正月には毎日、餅を火鉢で焼いて食べてました。また、お供え餅(鏡餅)と云う正月には欠かせない重ね餅があります。

 餅は日持ちがするとは云え米ですから、正月の七草を越える頃になると鏡餅に青かびが生えます。志ん生と同い年の藪さんのお婆ちゃんは明治女の気概を持ってましたから逞しくて、青かびなんざ包丁で切り落として食えばいいって事で食べてましたが、青かびが一つぽつんとあったら、胞子が全体に回ってますので、見えるところだけ切り落としても、青かびの胞子を食べている事になるんです。

 鏡餅の青かびに関しては、稲荷町の正蔵の名言が残ってます。なんで餅にカビが生えるんでしょう? 早く食わねぇからだ! (^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年12月2日(日)お昼

コメント

No title

こんにちは。(*^-^*)
案内板に風船が掛かって楽しそうですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
お餅つきとお餅切りは大人の仕事で・・・
子供は食べる専門。(*′艸`)
つき立てのお餅を大根おろしに絡めて食べるのが
大好きでした。(*´꒳`*)ふふ♡
美味しいですよね~。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/012.png">

No title

ウチの方も先日やったみたいですが、仕事で行けませんでした!
本当にやったのかなぁ~(^^)

No title

町会での餅つきは、なかったような記憶です。わが家には、臼と杵があり、同居していた叔父さんが、搗いて、おばあちゃんがこねていた記憶です。

No title

こちらは子供会主催でやってます。
何年か前まではお年寄りを招待してましたが今は子供よりお年寄りが増えたので招待はなきなりました~。(*^^)v

No title

餅つき大会は良いですね。私のところではありません。全体でやるのは夏祭り盆踊りだけですよ。

子供の頃は各家々で餅をついていました。丸餅。ひいばあちゃんが餅をちぎって杵つく人以外で丸めていました。
搗く人こねる人は父母や叔父さん夫婦。

土間で搗き居間で丸めて家族総出。

今はどうしてるのかなー?

半分固くなった餅が好きでした。

どうして餅にカビが生えるのか
早く食わねえからだにわらちゃいました。確かに!!

ナイス!

東京へ出てきて初めて平たい餅を見ました。

No title

*まーぶるさん。。
今の町会の餅搗き大会って、藪さんが子供の頃の餅搗き大会とはまったく違います。

それは祭りでも同じなんですが、親は高度経済成長期で忙しかったから、親が子供を連れて外出するなんて事は滅多になかったんです。特に藪さんのうちは乾物屋を年中無休でやってましたから、親と一緒に外出した事なんか、法事で巣鴨の染井霊園へ行った事くらいです。

今の子供はその意味で云うと幸せではあるんですが、ろくなものにはならないでしょうね(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんローカルは町会がしっかりしてますので、前日の土曜日のお昼から20人くらいの役員さんが準備をしてました(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
餅って多分中国由来だとは思うのですが、日本人にとっては正月の餅ってのは特別なめでたい意味があるんだと思います。

子供の頃、お正月にお雑煮を食べるのが楽しかった(^∇^)

No title

*安寿先生。。
豊かになってしまった日本では、正月に食べられる餅のありがたみは薄れてきていると思います。

ましてや、餅搗きなんていう面倒くさい事は、イベントでしか行われなくなりましたね。スーパーへ行けば幾らでも餅が買えるのに、何で面倒くさい餅搗きをやるのか?

幼稚園では教育の一環として餅搗きをやったりします。でもその意味は思想的側面があって、日教組から攻撃されかねないので教えてません。

餅搗きの意味を正しく教えているのは、靖國神社の新嘗祭の餅搗き大会だけです。お百姓さんが大変な苦労をして作ってくれた農作物に対する感謝なんです。でもそう云う教育は良くないと左翼が攻撃するのは、外国人労働者の受け入れを拒否して国会を停滞させる、論理なき野党のむちゃくちゃな行動です。

No title

*笑みさん。。
我が家は戦前は洋食屋をやっていたのですが、空襲で焼けちゃって、戦後はバラック仕立ての乾物屋を始めました。

乾物屋は毎日の現金収入があるので、近所では比較的裕福でしたので、昭和30年代の初めに鍵の掛かる扉付きのでっかいテレビを買いました。力道山のプロレスがあると近所の人は「テレビ見せて~」って我が家へ来ました。でもウチでは一度も餅を搗いた事がありません。

道路を挟んだ隣が米屋さんだったので、暮れになると大きな平餅を七枚くらい持ってきてもらい、包丁で小さく切り分けました。

丸餅か平餅かってのがありますね。丸餅ってのは、搗いてからすぐに食べるスタイルの餅なんだと思います。東京の場合は搗いてからすぐには食べないので、一臼ごとに大きな長方形の平餅にして、それを切り分けてあとから食べるスタイルです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ