FC2ブログ

記事一覧

是照禅院


 三遊亭圓朝(明治33年8月11日没)と云うと、江戸東京落語の中興の祖と云われています。最盛期には外弟子を含めると五百人もの弟子がいたと云われています。

 第一次落語研究会を立ち上げた圓左も圓右も二代目 小圓朝も四代目 圓喬も四代目 圓蔵も、柳派の三代目 小さんを除き、みんな圓朝の弟子でした。戦後昭和の大師匠たちの多くは圓朝の孫弟子です。

 また圓朝は、江戸東京博物館が選定した明治の文化人に、噺家として唯一名前が挙げられています。落語の孝行糖で、与太郎が親孝行だとしてお奉行様からもらう青差し五貫文(一両一分)を、親孝行だった圓朝は噺家で唯一もらったと語られています。

 圓朝は幕末の文武両道の達人で、名筆と云われた山岡鉄舟に心酔し、禅の先生として仰ぎました。谷中三崎坂にある全生庵には、山岡鉄舟の大きな墓石が見下ろす下に圓朝の墓があります。

 って、何も圓朝の事を書こうと思った訳じゃなくて、圓朝の出淵(いずぶち)家には、圓朝のお兄さんがいました。そのお兄さんが明治の初めに住職をやっていたのが、藪さんローカルにある是照禅院なんです。これは圓朝の事を生意気に語る連中も知らないトリビアだと思います(^∇^)

 しかし藪さんローカルの餅搗き大会を取材すると、随分子供が多いなぁ。子供は餅がどうやってできるのか判らないので、お婆ちゃんがしゃもじに蒸しあがった餅米を子供たちに食べさせていたのは、いい事ですね(^∇^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年12月2日(日) お昼 是照院

コメント

No title

こんにちは。(*^-^*)
お子様達がはしゃいでますね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
藪さんの思い出も沢山ありそうですね。(*′艸`)
坂道を杖をついたお婆さんもやってきましたね。
皆が楽しみにいてるイベントなのでしょうね。
黄色い実は柚子でしょうかhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">
焼き鳥50円は激安ですね。w(゜o゜*)w
支度から片付けまでお疲れ様でした。

No title

圓朝師の実家は葛飾の新宿だったそうですね。
新宿は水戸佐倉道の小さな宿場でそこに泊まる旅人も多くはなかったそうです。
圓朝師も幼い頃は兄の寺に居たそうですね。お寺では勤まらなかったそうです(^^)

No title

圓朝師匠は、落語の神様のように言われてますが、残念ながら速記本と、伝記でしか把握できないですね。
しばしば、文化人と交際し、落語を高尚なものにしてしまった、庶民の芸能から離れて「芸術」にしてしまった・・・という論評に接することがありますが、そうなんでしょうね。
圓朝師匠にゆかりの場所は、ぜひ訪れておきたいと思うのですが・・・

No title

老いも若きもが素晴らしいです。
蒸かしたてのもちごめなんて子供たちは多分初めてじゃないでしょうか?
地域密着のお寺さんも素晴らしいですね。(*^。^*)

No title

*まーぶるさん。。
藪さんローカルの町会では、12月の第一日曜日のお昼に地元のお寺の境内を借りて毎年餅搗き大会をやってます。

前日の土曜日のお昼から、20人くらいの役員さんが集まって、いろんな用具を洗ったり準備をしてました。夏休みのラジオ体操とか三年に一度の本祭とか、餅搗き大会ってのは町会役員さんのボランティアがなかったらできません。

藪さんも参加したいのは山々なれど、足に関節痛の爆弾を抱えているのでそれができません。きまぐれで、体調のいい時に撮影班に徹しています。うちの町会のイベント動画をコンスタントにチューブに上げているのは藪さんしかいませんからね(^∇^)

No title

*菖蒲園さん。。
圓朝の本名は、出淵次郎吉。つまり、出淵家の次男なんですね。

葛飾区の新宿(にいじゅく)は、水戸街道の京成銭の踏み切りあたりの地名ですね。おそらく日本橋からの水戸街道の最初の宿場だったと思われます。北斎も圓朝よりも少し前の同郷人だったと思います。

稲荷町の正蔵の「ステテコ誕生」によると、圓朝は自宅の門を赤く塗ったと云われています。その赤門の自宅はどこにあったんでしょうねぇ(^ω^)

江戸古地図には、小石川是照院は今と同じ場所に表記されているはずです。

No title

*キャバンさん。。
圓朝が特別視されている理由は、優れた噺家だっただけではなくて、多くの長編落語を作った作家だったからでしょうね。

圓朝が作った文七元結や、芝浜や、鰍沢や、髪結新三や、累や、乳房榎や、牡丹灯篭など多くの作品が歌舞伎で演じられています。圓朝は、近松門左衛門やシェークスピアにも匹敵する、ストーリー作家だったんですね。

でも志ん生が生まれた明治23(1890)年頃には、圓朝は体調を崩して高座には立たずに、落語作家に徹していたようです。

No title

*安寿先生。。
この状況いいでしょう(^∇^)

藪さんは何度も地元を取材しているので、動画カメラマンとして地元の人に認知されてます。だからこそ皆さんは警戒せずに自然な表情をしてくださっています。

中には藪さんのカメラに手を振ったり、Vサインをする子供もいるのですが、藪さんはそう云うのはすべて無視して取材を続けます。じゃないと、単なるプライベート動画になっちゃいますからね(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ