FC2ブログ

記事一覧

暮れの浅草寺


 藪さんが一番最初に浅草へ行ったのはいつ頃だったろうか?

 小学校へ入学する前の事で、もう60年以上前になる。それから何度も親父の妹のおばさんに連れて行ってもらって浅草へ行った。両親とは一度も浅草へは行ってない。両親は年中無休で乾物屋をやっていたから、法事の時に巣鴨の染井霊園へ行く事しかなかった。

 正月に仲見世通りを一時間も並んで本堂まで行くのはうんざりだったが、そのあとに洋食を食べるのが楽しみだった。最初に買ってもらったドーナツ盤のレコードは浅草のレコード屋で、ディーン・マーチンの赤鼻のトナカイとホワイトクリスマスがAB面だった。

 それは赤いプラスチック盤で、きれいで米国の文化を感じました。ウチは戦前は洋食屋をやっていたので、電蓄でSPレコードを掛けていたのですが、その25センチSP盤のレコードが数十枚残ってました。

 そのレコードはどれも黒くて重かったから、17センチの赤いドーナツ盤を見た時には驚いたのです。

 この日は平日の昼にも拘らず随分混んでました。と云う事は観光客なんですよね。サンダル履きで来ている地元の人はほとんどいないんです。浅草寺は観光客向けに特化したんでしょうね。

 藪さん的には寺社ってのは観光地にすべきではないと思います。檀家や氏子を大事にしなかったら、いずれブームが去ったら寂れると思います。まあ浅草寺はそんな事はないと思いますけど、仲見世の店舗の家賃の値上げは直近の問題になってます。

 撮影データ・・・平成30(2018)年12月18日(火)午後一時 浅草寺

コメント

No title

浅草寺
私は、年に数回行く「浅草見番」での落語会の近道する目的で通り抜けします。相変わらず、支那人が多い!!

No title

物心ついた頃から浅草には通っていますので、イマイチ観光地という感じが持てません。
そういや、盆暮れの地元の商店街の売出しの福引の一等が国際劇場でのSKDの「夏のおどり」やレビューなどでした。子供の頃は必ず当たっていたので良く見に行きました(^^)

No title

浅草は、かみさんの実家の群馬県桐生市に向かう東武東上線の出発場所で、学生時代から、駅周辺を散策してました。
浅草寺は、何回か訪れましたが、賑わってましたが、浅草の歓楽街が寂れてましたね。
テニスの「大坂なおみ」が思い出せなくて絶句されてたのは愉快でした。

No title

こんにちは。(*^-^*)
今年は大坂なおみ選手の羽子板があったのですね。
活躍された方ですものね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
休日だったらお絵書き羽子板も凄く混んでそうですね。
平日の開催は混雑を避ける為にも良い事ですね。
ギューギュー詰めではないので
のどかな浅草寺の雰囲気ですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

*Marsさん。。
今日はあったたかったから神田明神の文化交流館の取材に行ったのですが、めっちゃ期待外れで、こんなもの45億も掛けて作る必要があったのかと云う感じです。

二階から四階までは立入禁止で、一階の狭い土産物売り場しか一般の人は入れなくて、客が少ないので宮司の大鳥居さんが入り口でイライラしながらウロウロしているのが面白かった(^ω^)

仕方無しにアメ横へ取材に行ったら、相変わらすチャイナや中東系の怪しい有色人が多い。成田へやってきた彼等はやがて京成終点の上野駅で、30年前に50度数の偽造テレカを百円で売りました。石原都知事が厳しく取り締まったので、今は六本木に移動して違法薬物を売ってます。

No title

*菖蒲園さん。。
まあ浅草は江戸時代から城東地区一の盛り場でしたからね。足立区島根に実家があった北野武は、東武伊勢崎線終点の浅草に出る事が多かったんでしょうね。

藪さんにとって浅草と云うと、なんと云っても花やしきです。場外馬券場の利用者がベンチを占領するので困るから、入園料を取るようになる以前は無料でした。ピンポン球がふわふわ浮かぶ射的では、百発百中になるまで上達しました。

風雷神門に下がっている雷門と書かれた大提灯は、昭和35(1960)年に松下幸之助が病気祈願のお礼として、山門を再建するまでは消失してなかったんですよね。だから藪さんにとっては浅草寺のイメージとして、雷門と云うのはまったくないんです。

No title

*キャバンさん。。
ちょっと間違いを訂正させていただきますね。東武東上線と云うのは池袋始発で川越までの路線です。浅草始発で群馬の伊勢崎や栃木の日光の方へ行くのは、東武伊勢崎線ですね。その他の東武線としては、船橋から大宮まで国道16号線沿いの東武船橋線とかってのがあってややこしい(^ω^)

観光客はほとんど仲見世通りしか歩きませんが、浅草寺の境内って結構脇道が面白いんです。たけしが「浅草キッド」と云う歌の中で「♪煮込みしかないくじら屋」と歌っている「捕鯨船」と云う店は。演芸ホールから飲み屋横丁へ行く途中の左側にあります。

超ハイテンションのオーナーは、以前はデン助劇団の俳優さんでした。明日の予約投稿で変わり羽子板の記事を書いてますが、60年近く前の志ん生の変わり羽子板も残ってます(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
今年の羽子板市は混んでたので、あんまり詳しく変わり羽子板の内容は見られなかったのですが、人形屋さんが作る一品物で、今年話題になった人がことごとく網羅されてます。それ以外にはアンパンマンやドラえもんなどの、定番のアニメ物は子供用に毎年あります。

浅草寺の羽子板市は、毎年12月17日からの三日間と決まってるので、今年はたまたま平日でしたが、土日が入ると日本人の観光客が増えるんだと思います。

No title

> 藪井竹庵さん
失礼しました。東武伊勢崎線でした。

No title

*キャバンさん。。
藪さんは一時職先が練馬の高松町にあったので、週に三回は東上線の急行で池袋から成増まで行って、そこからバスに乗ってました(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ