FC2ブログ

記事一覧

変わり羽子板


 変わり羽子板ってのはいつ頃からあったのだろう?

 志ん生が贔屓にしていた深川の蹴飛ばし家の、みの家の一階の特別室に、志ん生がしか芝居(噺家芝居)で忠臣蔵のお軽を演じた時の変わり羽子板が残されている。

 と云う事は、少なくとも60年近く前からあったはずだ。流行語大賞とか今年の漢字一字なんかよりはるか前に、その年の話題の人物を羽子板にする変わり羽子板ってのがあった訳だ。

 羽子板と云えば、高価なものは正月に実際に羽根つきをするものではなくて、人形屋が作る飾り物です。藪さんが子供の頃に羽根つきをやった羽子板は、7ミリくらいの薄い板で、塗り絵作家の「きいち」などの絵がプリントされてました。

 そう云う羽子板は町の駄菓子屋で売られていたもので、羽子板市のようなところで売られるものではありません。

 藪さんが混雑の中、あちこちの店の羽子板を見回ったら、今年引退した安室奈美恵さんとか、今年テニスで活躍した大坂なおみさんの変わり羽子板がありました。

 ちょっとびっくりしたのは、変わり羽子板にはなりそうもない人の顔があった。日大芸術学部の落研出身で、若い頃から深夜テレビの落語番組をプロデュースしていた放送作家の高田文夫さんです。

 彼がやっているラジオのニッポン放送の番組、ビバリー昼ズが30周年と云う事で、ニッポン放送が金を出して作らせた変わり羽子板なのかも知れない。一般の客には見向きもされてないので、本人が買うしかないのか? (^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年12傑18日(火)午後一時 浅草寺

コメント

No title

変わり羽子板の歴史は、志ん生師匠存命中からあるのですね。古い歴史のあるものは、突飛なようでいて多くの人に支持されているのですね。
高田文夫さんは、恐ろしい才能の持ち主だと思いますね。

No title

こんにちは。(*^-^*)
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
高価な羽子板はお人形屋さんが作ってるのですね。
どれも綺麗ですものね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
たしかに高田文夫さんって誰https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">なので・・・
本人がお買いあげでしょうかね。(*′艸`)

No title

高田文夫さんって大きな目でもうちょっと細おもてだったような感じじゃなかったかしら?

羽子板を嫁入り道具に持ってきて50年余りですが家をなおす際に断捨離しようかと考えています。海老さまのお爺さんの団十郎の石切梶原とお父さんの助六です。(*^。^*)

No title

*キャバンさん。。
志ん朝がみの家へ行った時に、親父の羽子板が行方不明だったんだけど、ここにあったのかぁと云ったそうです(^ω^) http://www.e-minoya.jp/tenpo/

高田さんは放送作家ではあるんですが、立川藤志楼(とうしろう)と云う、高座名を談志から与えられた立川流の真打ちで落語のCDまで出してます。

落語をよく知ってるばかりではなくてトークも上手いから、プロの噺家も敵わない粋な改作をやります。現代では一番上手い噺家だと思います。高田さんの高座は談志同様にプラチナチケットだと思います(^ω^)

高田さんはプロの噺家じゃないんですけど、三三や一之輔も高田さんには敵わない。

No title

羽子板も豪華になって値段も高いです
飾り物と云うよりは贈り物が多いようですね
Nice !
変わり羽子板、高田文夫じゃいらないです^^

No title

高田センセはいいものを持ってるのにイマイチ売れない噺家を引き上げてくれますね。
ありがたいですね(^^)

No title

*まーぶるさん。。
雛人形の変わり雛ってのもありますね。人形屋さんは雛人形とか五月人形とか、お節句の時期にしか売れないので、お節句じゃないけど正月用の羽子板作りも始めたんでしょうね。

放送作家ってのは裏方だから表には出ません。でも高田さんは数々のタレントを育ててきました。ビートたけしとか、春風亭昇太とか松本明子とか三遊亭白鳥とかです。

今の若手の噺家で高田さんの世話になっていない人はいないと思います。落語協会の会長になってもおかしくない人なんです。

No title

*安寿先生。。
年を取ってくると新陳代謝が悪くなってくるので肥満体になります。裕ちゃんや旭も若い頃の二倍くらい横に大きくなりました(^ω^)

高価な羽子板って雛人形と同じなんでしょうね。飾る時期が限られているし、毎年同じ正月の飾りと云うのもってなるんでしょうが、羽子板は雛飾りと比べて邪魔にならないし一生物だと思います。

羽子板は基本的には人形屋が作った一点物ですから、絵柄によっては価値があるんでしょうが、羽子板コレクターってのは少ないと思いますので高額査定は難しいでしょうね。

みの家にある志ん生の羽子板なら、藪さんが一千万で買いますけど、売ってくれないと思います(^ω^)

No title

*右近さん。。
11月の酉の市の縁起熊手もそうなんですが、羽子板市の羽子板には値段が表記されていません。久月や吉徳の馬喰町の店舗では値段が表示されてますが、羽子板市ってのは売り手と客の値段の交渉なんですね。

売れると三三七拍子の手拍子を打つってのは、日本独特の縁起物の商習慣なんでしょうね。

No title

*菖蒲園さん。。
今は白鳥になってますが、以前は三遊亭新潟だった圓丈の弟子を高田さんはかなりバックアップしました。

高田さんは日大の落研なので、マムシ(石井伊吉)さんの後輩ですが、右朝や一之輔の先輩で、立川流じゃなかったら、第三者委員会として落語協会の次期会長でしょうねぇ(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ