FC2ブログ

記事一覧

後楽園遊園地


 現在では後楽園遊園地と云う名称ではなく、東京ドームシティ・アトラクションズと云う名称になってます。添田唖然坊じゃないけれども、それが現代的なのかも知れない。

 江戸時代には徳川御三家の水戸藩の広大な藩邸の一部だったこの場所は、藪さんが子供の頃には後楽園球場と、後楽園競輪場と、後楽園遊園地がありました。

 当然ながらドーム球場もドームホテルもありませんでした。冬には木下サーカスやボリショイサーカスが、公演をやってました。

 遊園地と云うのは子供の遊び場です。でも子供だけで夜に遊びに行くのは危険なので、保護者が同伴します。中には子供そっちのけで保護者が遊具を楽しんでいたりします。

 かつての後楽園遊園地にはゲートがあって中に入るには入園料が必要でしたが、現在はゲートがなく無料です。ただし遊具に乗る場合はチケットを購入しなくてはなりません。見てるだけなら金は掛かりません。

 去年あたりは怪しい中東人がたむろしているのが気になったのですが、藪さんが睨み返しをやって、監視カメラのないドームシティで彼らの顔をカメラで撮影しておいたので、それがプレッシャーになったのか、今年は不良外国人を見掛けません。

 治安維持と云うのは、火の用心の夜回りにしてもそうですが、地元民がちゃんとやる必要があるんです。藪さんが子供の頃には街に何人も頑固爺ぃがいて、子供のいたずらを監視してました。藪さんの取材動画だって犯罪抑止になっていると思います。

 撮影データ・・・平成30(2018)年12月26日(水)午後7時45分 東京ドームシティ

コメント

No title

撮影をしていてよくからまれなかったですね。勇気に感服します。

後楽園には学校の帰りにスケート場に行きました。
水道橋のトイレで着替えて荷物の一時預けに制服を置いて2時間ぐらい滑ってました。
フィギュアー?いえいえ生意気にスピードスケートの靴を借りてました。

No title

こんにちは。(*^-^*)
(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">を踏むと花火になるんですね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
お子様達が楽しそうですね。
私もやってみたいです。(*′艸`)

No title

子供の頃は読売新聞の販売店から二回だけ乗り物に乗れる券が着いた入場券を貰って遊びに行きました。
結局それだけは足らなくて買い増すのですけどね。
結婚して子供が出来てからは子連れで良く遊びに行きました(^^)

No title

3日前にアップされた画像にフライングしました。
光りの遊びは、良いですね。子供には最高だったでしょう。飛び跳ねる子供たちが楽しそうで良いですね。
活発なアメリカ在住の孫を連れて行きたいです。

No title

後楽園競輪場
美濃部さんが止めたんですよね。美濃部さんたって、志ん生、馬生、志ん朝じゃありませんよ。赤い都知事の美濃部さん。

No title

*安寿先生。。
文京区には浅草とは違って藪さんに絡んでくる酔っ払いはいません。サンダル履きで動画カメラを動かしながら呟いている藪さんに、時々は話し掛けてくる人はいるんですが、藪さんは取材を中断されたくないので無視します。

この二人の女の子のお母さんたちは、藪さんが撮影している横のベンチに座って笑いながら見てました。

現在東京ドームホテルができている場所に、かつては冬場になるとアイススケート場が開場しましたね。競輪場の跡地には夏場はジャンボプール。それ以外のシーズンはゴルフの打ちっ放しとか、木下サーカスとかローラースケート場になりました(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
プロジェクションマッピングは、建物等に映像を投影してますが、それはかつての屋外のドライブインシアターのようなもので、単に映写機で様々な形状のスクリーンに映像を投影しているに過ぎませんでした。

でも今の最新のプロジェク「ションマッピングは、タッチパネルのようになっていて、映写機とセンサーが組み合わされていて、映像にタッチするとセンザーが感知して、別の映像を出すと云うプログラムになってるんですね。

No title

*菖蒲園さん。。
後楽園遊園地は本来は読売新聞とは無関係なんですが、今のナベツネさん以前は正力さん一家が読売新聞のオーナーで、巨人軍の本拠地を後楽園球場としてからは、後楽園のイベントの切符を読売新聞の集金の時に持ってくるようになりましたね。

正月開けにドームでやる、ふるさと祭りの千五百円の入場券を持ってきたりします。

No title

*キャバンさん。。
今の藪さんは日記のように一日に一記事を長時間推敲して書いてます。今の藪さんブログは、ローカルの日常を取材した動画記事になってます。毎日取材に出掛ける気力がないので、一回の取材をテーマを絞って幾つかの記事にしています。

あらかじめチューブに動画を上げておき、その動画を何回も見ながら記事を推敲しているので、ブログの予約投稿は数日後の日付になります。

今のプロジェクションマッピングはかなり進化していて、単に映像を投影するだけではなくてセンサーが組み込んであって、映像に何かが接触すると別の映像に変わるようになってるんです。子供はその仕組みが判ってないから、無邪気に楽しんでますね。

こう云うシステムを専門に作っているのは日本のベンチャー企業で、外国にはありません。

No title

*Marsさん。。
美濃部亮吉都知事は歴代最悪の無責任なヨカチョロ都知事でした。三期12年も都知事に当選したのは、落語時代の若旦那と同じで財源もないのに金をばら撒いたからです。

挙句の果ては本所吾妻橋から身投げをするところを救われて、夏場に唐茄子を売る破目になる。政治家は落語から学ばなくてはいけません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ