FC2ブログ

記事一覧

五條天神社の茅の輪


 上野の五條天神社と云うのはあまり知られていない神社だと思います。不忍池から清水観音堂を右に見て、精養軒の方へ上がって行く坂の途中にあります。

 境内は狭いんですが、ちゃんと立派な本社神輿も展示しているし、天神様ですから1月25日には初天神、六月末には夏越の祓い、年末には大祓いの茅の輪くぐりもやります。上野の山から下りてきて不忍池へ向かう外人観光客が結構立ち寄ってます。

 五條天神社の圧巻は、付近の立ち木を剪定した材木を使って、大きなキャンプファイアーみたいな火を熾すんですよね。藪さんはスケジュールの関係で、その火は見た事がありませんが、後片付けは見た事があります。

 上野動物園見物も結構ですが、上野の山へ行ったら五條天神社と清水観音堂を是非ご覧になっていただきたいと思います。

 撮影データ・・・平成30(2018)年12月31日(月)午前11時半 上野五條天神社

コメント

No title

五條天神社というのは初登場かも知れませんね。
茅の輪くぐりの横で火を使うということは、茅の輪を燃やす私の田舎の方法をとるのかなと思ったりします。
大晦日まで取材ご苦労様です。

No title

*キャバンさん。。
新年明けましておめでとうございます。

もう何度も云ってると思いますが、めでたい事は何度云ってもいいんです(^∇^)

上野公園はたくさんの見所があるので、この五條天神社はついつい見逃されがちです。天神様ですから、上野公園ではここが一番の梅の見所です。

正月の七草以降に正月用品を燃やすドント焼きと云うのがありますね。でもここの薪組みは大晦日からやっているので、初詣での時に納められた去年の注連縄や古札を燃やすためのファイアーだと思います。

No title

おはようございます。(*^-^*)
茅の輪をくぐってますね~。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
日本の伝統や文化が好きな外人さんには
良い体験になるでしょうね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
ふと思ったんですが・・・
大きな茅の輪を作るには熟練技が必要ですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/047.png">

No title

*まーぶるさん。。
雪国の人は違うでしょうが、穏やかな天気のお正月でおめでとうございます。藪さんは昨日今日と取材に行かずに箱根駅伝のテレビ中継を見ています。

茅の輪くぐりと云うのは、八のじくぐりをしてからお参りをするのですが、ほとんどの人はお参りをせずにもう一回左に抜けちゃうんです。何でそうなっちゃうのかと云うと拝殿の前に茅の輪が設置されていると、後ろがワサワサするのでゆっくりお参りができないからなんです。

理想的なのは根津神社のスタイルで、唐門前に設置した茅の輪をくぐってから唐門に入り、拝殿前に行くと云う人の流れを考えているんです。もちろんそれは根津神社のような広大な境内があるところでないとできません。

出雲大社の4トンもある注連縄ほどではありませんが、茅の輪を作るには数人が必要で、その重量は藁とは云え大きいので数人掛りでないと持てない重量になると思います。

No title

ここはかなり以前に一度行ったことがあるだけですね。この次上野に行ったらお参りしてみようと思います。(^^)
清水観音堂は何回も寄っているのですがね。

No title

五條天神社の入り口のところにある甘未店には立ち寄りましたが天神様には行ったことがないです。
あのお汁粉は美術館や博物館の帰りにちょうどいいエネルギー補給になります。('ω')ノ

No title

大祓の茅の輪、まだあるんですね
Nice !
大祓を済ませて年越ししました
良いですよよね、毎年リセット出来て・・まさに年々、日々新たです^^

No title

*菖蒲園さん。。
ここは普段ほとんど人がいないところなんですけど、天神様ですから梅の時期には結構梅が咲いてます。

本社神輿を展示しているので、今年は祭りのスケジュールを調べて取材に行ってみたいです。

No title

*安寿先生。。
そう云えば精養軒の手前に甘味処がありましたね。神田明神の門前にある天野屋さんも、甘酒や甘味で有名です。

今は動物園前広場にスタバができちゃったので、ほとんど客を取られちゃってますね。

No title

*右近さん。。
お寺では除夜の鐘、神社では大祓いです。6月末の夏越の祓いの時は、茅の輪はあまり邪魔にならないので根津神社でも一週間以上撤去しませんが、大晦日の大祓いの場合は初詣で客の邪魔になるので、茅の輪をセットしなかったりすぐに撤去しちゃう神社が多いです。

神田明神は拝殿前じゃなくて、左横にある大黒様の石像の前に茅の輪を設置してあるので、初詣で客の邪魔にならないから節分の頃まで茅の輪を設置したままです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ