FC2ブログ

記事一覧

紅梅祭り


 梅には白梅から紅梅までいろんな色があります。だから一般的には梅祭りとしています。でも小石川の牛天神には特に紅梅の木が多いので、紅梅祭りが毎年2月1日から25日まで行われます。

 正式な名称は北野神社なのですが、北野神社と云うのは各地にあるので、小石川にある北野神社は牛天神と通称されてます。

 何で牛天神なのかと云うと、天神様を祀っているので当然、牛に関係があります。ここの狛犬は牛です。でもそれだけでは他の天満宮と同じです。牛天神が特徴的なのは、鎌倉時代に頼朝が東北征伐に行った時に座ったとされる岩があるんです。

 その岩は「撫で岩」と云われて、牛天神のご神岩になっています。その岩の形状が伏せた牛に似ているんです。ちなみに牛天神の北側にある急坂は牛坂と云う名称です。

 牛天神は狭い神社ですから地元民以外にはほとんど知られていない神社です。七月の文京朝顔ほおずき市の時には、大輪朝顔の展示会をやります。

 しかし、葛飾区などの城東地区に在住だった葛飾北斎は牛天神を知っていた。富岳三十六景の中に「礫川雪ノ且(こいしかわゆきのあした)」と云うのがありますが、それはこの牛天神から雪景色を通して富士山を描いたものでした。

 撮影データ・・・平成31(2019)年2月8日(金)午後2時17分 小石川牛天神

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
牛天神さんには「撫で岩」という岩があるのですね。
....〆(・ω・。) メモメモ
小さな境内に梅の木が沢山ありますね。
拝殿https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">の左右の梅や大きな枝垂れ梅。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/087.png">
全部開花したら見事でしょうね。(*´꒳`*)ふふ♡
紅白の梅が折り重なって咲いて綺麗です。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/087.png">
風の音も聞こえます。Σ(@д@;)
寒い中ご取材お疲れ様でした。

No title

牛天神の階段は上から見るとかなり急ですね。
高所恐怖症の私は映像だけでも少し怖く感じます(^^)
梅も色々あって家の庭の紅梅はもう散り始めていますが、菖蒲園にある遅咲きの紅梅はまだ咲いていません(^^)

No title

小田原の梅の名所「曽我梅林」は、梅の実がなる梅畑なんで、白梅です。

https://soganosato.com

No title

階段が怖いですね。
足が悪いと、厳しいですね。
お体大変なおりに、取材ご苦労様です。

No title

*まーぶるさん。。
この牛天神にはいわれがあって、頼朝が東北征伐に行く時に、天神様が夢枕に立ったらしい。それでこの場所に頼朝が天満宮を作ったらしい(^∇^)

撫で岩を囲っている御幣が風で揺れてますね。またカメラのマイクも風音を拾っちゃってます。北風が寒~い(^ω^)

梅は咲き始めてるんですが、湯島天神とは違って寒くて見物人はいません(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
神社仏閣は、水没防止のために地域の高台に作られます。だから文京区の神社の本殿は護国寺の本堂を含めて、長い階段を上らなくてはなりません(^ω^)

何度も地元の神社仏閣の取材をしていますと、足の関節痛のある藪さんは階段を登らないルートを発見しています。電チャリで上から行くのですが、春日通りの富坂は電チャリでも結構長くてきつい坂です。

富嶽三十六景を描いた時の北斎はもう八十歳近かったと思いますが、雪の日に富坂を登ったのか? と云う疑問があります(^ω^)

No title

*Marsさん。。
梅の実って結構できるんですよね。湯島天神なんか五月の例大祭の時に行くと、スーパーで売ってるような青梅がいっぱいおっこってます。その一部を崇敬会の人が拾って梅酒を造って、秋の菊祭りの時に売ってます。

牛天神は結構マニアックで、梅ゼリーとか十年物の梅酒を造って、紅梅祭りの期間中の土日に先着百人くらいの人に無料で提供しています。

No title

*キャバンさん。。
文京区の神社は、不忍通りの裏通りの低地にある根津神社を除くと、ことごとく急階段の上に本殿があります。

インスタ映えじゃないけど、動画映えを狙ってどうしても急階段の上からその高さを撮影したくなっちゃいます。特に牛天神の場合は、急階段の両側が梅林になっていて紅梅が見事なんです。

本当は階段の下から撮影した方がいいのですが、階段を上るのが大変なので電チャリで上からアプローチしています(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ