FC2ブログ

記事一覧

ひなまつり


 三月三日はひな祭りです(^∇^)

 藪さんが子供の頃には、ウチでは雛壇を飾っていた。あれってなんだったんだろうと今になって考えてみる。

 女の子の節句と云うのは三歳と七歳。男の節句は五歳で五月五日の子供の日に、鍾馗(しょうき)さまなどの勇ましい五月人形を飾ります。

 藪さんは殿様の小さな剣を抜いてそれでチャンバラをして怒られた。あれって考えてみると藪さんが五歳で妹が三歳の時に飾ったのか? 残念ながらあまりにも昔の事で覚えていない。

 かつてのひな祭りの記事。https://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64506292.html

 残念ながら低機能のヤフーブログには今はFC2の動画を引っ張ってこれなくなっている。当初はieに対応しているだなんて生意気な事を云ってたんだが、ieのバージョンアップに対応する技術もなくて、今じゃWin7のHomeエディション以前のieでは表示できなくなっている。

 そんなネットの粗大ごみは、12月だなんて云わずに今すぐ止めて欲しい。

 まあ生前は重要無形文化財保持者(人間国宝)だった五代目 柳家小さんは、剣道八段で北辰一刀流の師範免許を持っていたほどの剣道好きで目白の自宅に剣道場を持ってました。

 現落語協会会長の柳亭市馬が若い衆の頃に、師匠の小さんから稽古をするぞと云われたので、扇子(かぜ)と手拭い(曼荼羅)を持って師匠のところへ行ったら、バカヤローなんで防具を付けてこないんだと云われたそうです(^ω^) 

 小さんは、三代目 小さんから続く滑稽噺の大家だったのですが、百面相と云う裏芸を持っていて、「蛸の茹で上がり」は人間国宝に相応しい芸でした(^ω^) 

 データ・・・五代目 柳家小さん 大正4(1915)年1月2日~平成14(2002)年5月16日 享年87 前名=九代目 小三治 出囃子=序の舞 本名=小林盛夫 生前は、重要無形文化財(人間国宝)でした
 
 69歳時の小さん。実に手際が良くて、短い時間にこれだけの芸が出来る力量は、安心して見ていられます。

コメント

No title

我が家では、二人の娘が、家を出てから、雛飾りはおざなりになりつつあります。
3月3日は、マロンがわが家に来た記念日です。
小さん師匠の百面相は、笑える芸でしたね。顔が、芸になるのは、落語の世界ならではですね。

No title

おはようございます。(*^-^*)
百面相、面白いです。。゚( ゚^∀^゚)σ゚。 ケ゛ラケ゛ラ
還暦祝いのフンドシで赤くなったゆでだこ。。。
そっくりですね。ププッ ( ̄m ̄*)
お囃子も芸を盛り上げてますね。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
「バカヤローなんで防具を付けてこないんだ」の裏話も
面白いです。(*′艸`)

No title

その時、小幸青年は、浴衣姿だったそうです。

No title

只今鋭意ちらし寿司を見て作っております。
すし飯が冷えるのを待って一休み。
団扇であおいでいましたが・・・(*^^)v

No title

*キャバンさん。。
雛飾りと云うのは、平安時代かなんかに始まった貴族の遊びなんですかね。江戸時代になって戦乱の世が終わると、一般庶民も大商人などの金持ちは貴族の真似をして雛飾りをやったようですね。

百面相と云うのは寄席の色物芸で、かつては一日に一回くらいはやっていたようですが、現代では百面相をやる人はほとんどいませんね。

かつて帽子芸をやっていた早野凡平さんなんかは、近年の簡易的な百面相なのかもしれません。

No title

*まーぶるさん。。
柳家と云う一門は、人格者だったと云われる三代目 小さんが大きくした一門なんですが、弟子に稽古をつけないという伝統があります。芸は教えてもらうんじゃなくて盗むものだと云う教えがあるんです。

だから五代目 小さんが弟子の市馬に稽古つけるといったときに驚いたんですね。それは落語の稽古じゃなくて剣道の稽古だった(^ω^)

7分ちょっとでこれだけの着せ替えをテンポよくやるのは難しい。この時小さんは落語協会会長になっていて、紫綬褒章などのいろんな賞を受賞していました。動きに無駄がないです。

No title

*Marsさん。。
柳家一門は三代目の頃から弟子に落語の稽古をつけないという伝統があるんですよね。だから四代目 小さん(当時は馬楽)は、池之端のむらく(後の三代目 圓馬)道場に通って、圓童と名乗っていた頃の子供時代の圓生と共に七代目 朝寝坊むらくに落語を教わっていたんです。

ちなみにアメブロのテストをやってますが、Marsさんスタイルの記事なら問題なくアメブロでOKだと思います。ただしアメブロはいろんな部分の文字が小さくて老眼の藪さんには見えないので、移転するのは別会社のブログを検討しています。

No title

*安寿先生。。
ひなまつりのちらし寿司ですね。それは節分の恵方巻きとは違って伝統的な食べ物です。

ひな祭りの歌の歌詞に「白酒(しろざけ)」ってのがあるんですが、あれって新酒ができる前の濁り酒の事なんですかねぇ。春にしか酒屋で売ってない濁り酒ですが、あれって美味いけど、基本的にはどぶろくだからかなり酔います(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ