FC2ブログ

記事一覧

恵みの雨


 昨日は寒い雨でしたが、ほとんど雨が降らずに乾燥がひどかった藪さんローカルでは、久しぶりにまとまった雨でした。植物にとっては恵みの雨になったでしょう。

 おとついの6日(水)は二十四節気の啓蟄(けいちつ)でした。地べたから虫が這い出すと云う意味ですね。立春から一ヶ月が経って、そろそろ春めいてきて半月後には春のお彼岸の春分となります。

 今年の東京地方の桜の開花予報は日本一早くて、春分の日の3月21日だそうです。都市の温暖化はどこよりも早く桜を咲かせちゃうって事なんでしょうね。

 今までは寒いのが当たり前だったけど、そろそろあんまり寒くないじゃん! と云う季節になるのかもしれません。今まで寒くて取材に出掛けられなかった藪さんも、冬眠から目覚めて取材に出掛ける季節になるのかな? (^∇^)

 二年前の記事を出しておきましょう、

 「啓蟄(けいちつ)」と云うのは、二十四節気のひとつで春のお彼岸の春分の前で、冬篭りの虫が土中から這い出ると云う意味です。今年2017年は、3月5日の日曜日でした。

 湯島天神の梅まつりの取材日は、啓蟄の一日前の3月4日の土曜日でしたが、小さな蜂が梅の香りとあったかい日差しに浮かれて随分と飛び交ってました。

 メジロなどの野鳥も梅の蜜を求めて乱舞していました。ついでに藪さんも浮かれて、いろんな下らない疑問が頭を駆け巡りました。梅の蜜って甘いのか? それとも酸っぱいのか?(^ω^)

 試した事がある方は、どうぞ教えてください(^ω^)

 木村屋のあんパンのおヘソに入っている八重桜の花の塩漬けは、藪さんは大好きです。特に美味しいって訳じゃないんだけれども、あんパンの甘味に乙な塩味ってのは、素晴らしいコラボだと思います。

 ちなみに明治天皇が向島の花見に行幸なさった時に、随行した山岡鉄舟が木村屋のあんパンを持参し明治天皇に差し上げたら大いに喜ばれ、それ以来木村屋のあんパンは、宮内庁御用達になったとか・・・(^ω^)

 藪さんは酒呑みなんだけど、あんパンとか大福は大好きで、チューハイのつまみにしてます。ご飯も大好きで、チューハイ飲みながら納豆ご飯を食べると云う、異質の酒呑みです(^∇^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年3月4日(土)午後三時前 湯島天神

コメント

No title

おはようございます。
久々にまとまった雨でしたね。
私は、甘いものを食べることができるようになりましたが、流石に、甘いものをツマミにして缶酎ハイは飲めないですね。
今日は昨日ほどでないにしても暖かです。

No title

*キャバンさん。。
今朝は昨日とは打って変わって晴れました。でも若干北風が冷たいです。

そろそろ取材に出掛けようかとも思うのですが、電チャリの後輪の空気が甘いので、空気を入れなくてはなりません(^ω^)

藪さんは納豆をつまみにウィスキーの水割りを飲んだ事がありますが、あれってグラスの淵がベタベタになるので見た目に良くない。友人からは気持ち悪いからやめてくれと云われます(^ω^)

No title

今日は良いお天気ですが風が冷たいですね。体感的には真冬を感じさせますね。
二年前には梅も今年より遅かったのですね。
そう考えると今年は温かいのでしょうか?
(^^)

No title

(*^o^*)お(*^O^*)は(*^o^*)よ~ッございます。
今日は久しぶりに良いお天気になりましたね。
o(*^▽^*)o~♪
こちらでは考えなれないくらい人がいっぱいですね。
お花見をしながら春を感じてるのでしょうね。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
アイスやチョコにも塩味がありますよね。
(*′艸`)

No title

花も雨が降らないと、暖かいだけでは咲かないそうですから、必要だとは思いますが、昨日は、雷が伴う雨。雷は余計。
そして、冷たい雨でした。春雨にして欲しいです。月様!雨が…、春雨じゃぁ!!濡れて行こう!と、言えるようなぁ。

春の雨と、聞くと、市川歌右衛門の旗本退屈男、早乙女主水之介を思い出します。

No title

煮豆に菊水っていう人がいましたが…アンパンにチューハイねえ~わたしは遠慮しま~す。

花が咲いたら沢庵の卵焼きと大根の蒲鉾もって茣蓙敷いてお花見しましょう。(^^♪

No title

*菖蒲園さん。。
天気晴朗なれど北風寒しでしたね(^ω^)

二十四節気の季節の変化の記事を書いていると、毎年同じような記事になっちゃうんですが、細かく観察すると花の咲き方が早かったり遅かったりするんですね。だからやっぱりそう云う観察は必要なんですね。

播磨坂の桜祭りは二週間後の土曜日ですが、昨夜チューハイを買いに行く時に観察したら、まだ看板はセットされてませんでした。あったかかったので油断してマスクをして行かなかったのですが、晴れると花粉が凄いですね(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
高気圧や低気圧の影響で、晴れると風が強くなるってのが問題です。今の時期の南風はあったかいからいいのですが、北風だと晴れていて気温が高くても体感温度は寒いです。

湯島天神ほどの有名な神社になりますと、このくらいの混雑は当たり前で、むしろ空いていると云えます(^ω^)

受験シーズンやお祭り以外の時は、ほとんど人はいませんけどね。

塩大福もおいしい(^∇^)

最近のチョコレートでは、カカオ分が60%とか70%とかで、まったく甘くないチョコレートがありますね。藪さんも食べましたがおいしくない(^ω^)

No title

*Marsさん。。
人間には冷たい雨でも、植物にとっては雪解け水同様にこの時期には重要な水分です(^∇^)

カミナリは豊作の象徴と云われてます。何故かと云うとカミナリは土壌に、植物にとって重要な肥料になる窒素分をもたらすと云われてます。夏にカミナリが多いとその年の米は豊作だそうです。

No title

*安寿先生。。
いよっ! 呑ん兵衛のご通家(^∇^)

ウチは乾物屋でしたけど、昭和30年代には既に二基のへっついで、親父が煮豆などの惣菜を作ってました。子供の頃の藪さんはあまり好きじゃなかったけど、昆布と一緒に大豆をお釜で炊いた味噌豆は、ウチの売れ筋商品でした(^∇^)

菊水ってのは藪さんは、コンビニで売っている春先の濁り酒しか飲んだ事がなかったと思いますが、すっきりした酒だと思います。

藪さんが酒のアテで一番好きなのは、モツ煮込みかな? ところがこのモツ煮込みくらい難しいものはなくて、味はピンキリです。藪さんが生涯で一番美味い煮込みだと思ったのは、亀戸のあかちょうちんで食べた煮込みです。

当時の値段で250円くらい。煮込みは庶民のツマミなので安くなくちゃいけない。五百円以上の煮込みなんて、煮込みとは何かを判ってない人が作ってるはずですから、多分美味くない(^ω^)

落語の長屋の花見ですね。大阪の演題は貧乏花見ですが、先代の三代目 金馬さんの語りは素晴らしかった。志ん生でさえ金馬さんには敵わなかった。

No title

この所の雨でいろいろな花が咲きだしそうです
木蓮の花芽が膨らんできました
二三日で咲きだしそうです
Nice
楽しみですが花粉症で眼がショボショボです

No title

*右近さん。。
藪さんは花粉症ではないのですが、晴れて風が強いとめちゃくちゃ花粉が飛んでいると感じます。

涙やクシャミや鼻水が止まりません。電チャリで走るとどうしても花粉に大量にぶつかるので、マスクだけじゃなくて夏用の大きなサンバイザーを付けようかと思ってます(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ