FC2ブログ

記事一覧

上野公園入口


 「上野の山崎町を出まして、あれから山下へ出まして・・・」。落語の「黄金餅(こがねもち)」の麻布までの道中付けの出だしです。

 山下と云う地名があった訳ではなくて、上野の山の下と云う意味ですね。新橋まではまっつぐに現在の中央通りを、夜中に西念の死骸を入れた早桶を担いで行く訳ですが、その山下の場所がこの上野恩賜公園の入口です。

 上野公園と云うのは、かつてはすべて東叡山寛永寺の広大な敷地でした。徳川幕府に庇護された寛永寺には、何人かの将軍の墓があります。

 寛永寺の東叡山と云う山号は、上野の山を東の比叡山に見立てている訳で、不忍池は琵琶湖と云う設定なんです。

 東京と云う都市は世界の大都市の中でも最も緑や広い公園が多い場所です。その理由は何も無い武蔵野の寒村だった江戸に徳川家康が商業都市を新しく築いたからです。

 謀反を警戒して参勤交代と云う制度を作り多数の広大な大名屋敷ができました。現在東京にある広い場所と云うのはことごとく大名屋敷の跡地か、徳川幕府が庇護した神社仏閣です。

 東京ドームは水戸藩の上屋敷の跡地であり、東京大学の本郷・弥生キャンパスは、加賀百万石の前田家の大名屋敷の跡地です。

 大名屋敷の多くは、現在の小石川後楽園の庭園の、回遊式築山泉水庭園の様式を模して作られています。

 しかし藪さんブログは自分でも感心するほど、アカデミックな記事を書いてるなぁ。それを云わなきゃいいんだけれど、云わないと判んない人がいるかも知れないので書いておく(^ω^)

 撮影データ・・・平成31(2019)年3月14日(木)午後二時過ぎ 上野公園

コメント

No title

「黄金餅」は、談志家元のNHKラジオの「豊橋収録版」で復活したのではないでしょうか。志ん生師匠の熱演の後は、途絶えていたのでは・・・その出発地という見立ては素晴らしいです。
大名屋敷の所在、規模は興味深いですね。

アカデミックな内容ですから、アップツーデートしなくても、後日、価値がありますね
藪さんの膨大なデータが保存されるのを希望します。

No title

おはようございます。(*^-^*)
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
上野の山を東の比叡山に見立てて、
不忍池は琵琶湖と云う設定なんですね。
....〆(・ω・。) メモメモ
二本の立派なオオカンザクラが
出迎えてるようですね。てヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆

No title

大名屋敷と回遊式築山泉水庭園の様式の事を書いているのは藪先生ぐらいでしょうね。(^^)

「黄金餅」に関しては今や、現代の部分を演じない噺家が珍しくなりました。

No title

こういう記事を書かせたらやはり藪さんの得意分野ですね
地元だけに素晴らしい記述ですよ
Nice
大名屋敷と回遊式築山泉水庭園の跡地利用、ドンドンPRしてほしいです
知らない人が多いです^-^

No title

*キャバンさん。。
志ん生が78歳で高座を降りるまでは誰も黄金餅をできなかったでしょうね。

藪さんはほとんど資料を見ずに記事を書いてます。必要な部分は調べますけど最近は面倒臭くなっちゃって、記憶を頼りに記事を書いてます。

自分の記憶に無いものはいらないんじゃないかと思ってます。断捨離ですね。五人しかコメントをいただけてない記事は全部捨ててもいいと思ってます。

No title

*まーぶるさん。。
この二本のオオカンザクラの大木は、春日通りと中央通りの上野松坂屋がある上野広小路の交差点からも見えるんですよね。

かつては上野広小路のところまで寛永寺の敷地でした。東京には上野広小路とか両国広小路のような通称名がかつてはあったのですが、なぜ広い交差点が必要だったのかと云うと、火事が多かった江戸では延焼防止のために広い交差点を作る必要があったからです。

No title

*菖蒲園さん。。
実は、小石川後楽園へ入園料300円のところ高齢者半額割引で150円で入った時にもらったパンプレットに書いてありました(^ω^)

武蔵野の寒村で何も名物の無かった大名屋敷に、琵琶湖の景色などを模した庭園を作ったのは小石川後楽園が最初でした。幕府の重鎮だった柳沢吉保の大名屋敷の跡地が現在の六義園ですが、同じように回遊式築山泉水庭園の様式で作られています。

No title

*右近さん。。
藪さんはブログの記事って毎日の日記だと思ってます。だからもちろんどっかへ観光に行った時の記事を書いてもいいでしょう。

しかしよく考えてみると、遠征した時の記事ってその地元の人が書いた記事と比べると、上っ面だけをなぞっているような気がしちゃうんです。

つまりそう云う自信の無い観光客の記事を書くくらいなら、誰にも負けない絶対的な自信を持っている地元の記事を書くべきだと藪さんは思いました(^∇^)

藪さん以上に小石川や文京区に付いて詳しい記事を書いている人は誰もいない。そう云う自信が無かったらブログなんかバカバカしくてやってられません(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ