FC2ブログ

記事一覧

正蔵権

正蔵権 謝楽祭
 正蔵権とは、了解を得ずに勝手に使ってはいけない権利の事を云う。

 あれ? 変換が間違ってます? (^ω^)

 多分MS-IMEもそう思ってるからそのように変換したんでしょう。相変わらず藪さんはいろんな事を考えて根多にするなぁ(^∇^)

 こぶ平なんて噺家じゃなくてお笑いタレントだろ? 三平のセガレだから勘違いしてるだけなんだよね。先代の稲荷町の正蔵の弟子でもないのに何で正蔵名跡を名乗ってるの?

 だから藪さんは彼の正蔵権を認めてないので、ずっとこぶ蔵と云ってます。文句があるのなら30年後にも通用するちゃんとした理由を示して藪さんに掛かってきなさい。

 ところで落語協会の会長はいまだに市馬さんなんだが、圓歌から引き継いだ馬風以降、二年の任期の二期四年で馬風も小三治も副会長に会長の座を譲ってきたのだが、市馬さんは三期五年目に突入した。

 さすがに協会幹部は副会長のこぶ平を会長にするのは、三遊派の雲助一門が反乱を起こして協会を脱退しかねないのでまずいと思ってるんでしょうな。

 古金亭が落語協会を脱退して立川流や先代 圓楽一門、更には芸術協会の有志を募って協会を作ったら、落語協会なんて柳派一門のマイナー団体になっちゃうってのを恐れてるんでしょうね。

 でもやっぱりテレビタレントのこぶ蔵は人気があります。臭い人情噺なんかやめて三平スタイルの爆笑落語に徹すればいいのになぁ。お爺さんの七代目 正蔵のナンセンス落語の音源を聞いて欲しいな。歌笑なんかよりよっぽど面白くて、金馬と共に東宝演芸場の二枚看板でした(^∇^)

https://www.youtube.com/watch?v=0gdmLliz_ek
 撮影データ・・・令和元(2019)年9月8日(日)午前9時9分 湯島天神

コメント

No title

爆笑路線は弟の三平がやってるので無理かも知れません。(尤も三平の落語が聴くに値するとは思えませんげw)個人的にですが「こぶ平」のままならそれなりの噺家として評価しても良いですが正蔵の名を名乗るには力量不足だと思っています(^^)

落語協会次期会長は?

===
さすがに協会幹部は副会長のこぶ平を会長にするのは、三遊派の雲助一門が反乱を起こして協会を脱退しかねないのでまずいと思ってるんでしょうな。

 古金亭が落語協会を脱退して立川流や先代 圓楽一門、更には芸術協会の有志を募って協会を作ったら、落語協会なんて柳派一門のマイナー団体になっちゃうってのを恐れてるんでしょうね。
===
何をおっしゃるうさぎさん、じゃなかった藪さん、柳派には多くの弟子、孫弟子、曾孫弟子を抱えて人望が厚くて人間国宝となった「柳家小さん」がいるではないですか。
エッ、あの柳家小さんは私の知っている小さんではないのですか?
知らなかったなぁ。
冗談はさておき、古今亭が出て行くということになると、席亭がどう反応するか興味のある所です。
色物のいる定席を持たない圓楽党や立川流の噺家を聴きに行く気が全くしないのはまさにその点です。
一度義理で現圓楽の弟子(真打だって!)の落語を聞く羽目になりましたが(出しものが寄りによって死神!)、三平の源平と同じで聴いているほうが恥ずかしくなりました。
いずれにしても噺家が増え過ぎて、間引きが必要な時代になりました。
「放してある鹿」を大事にする時代は終わったのです。

*菖蒲園さん。。

 弟の一平が当代 三平を襲名しましたが、先代 三平がどれだけ努力して批判に耐えて爆笑王になったのかを知らないんですよね。

 先代のカミさんが子供を甘やかしちゃったからなんでしょうね。幾ら鈴本の席亭のサポートがあるからと云って、あんないい加減な連中に落語協会の伝統をむちゃくちゃにして欲しくないって人はいっぱいいます。

 三語楼の弟子だったお爺さんの七代目 小三治が、三語楼と四代目 小さんの喧嘩で左楽の調停で正蔵名跡を一代名跡として与えただけなのに、カヨコが勘違いして襲名興行で銭儲けがしたい鈴本の席亭の口車に乗せられて権利もないのに正蔵名跡を名乗らせちゃった。

 鈴本での襲名興行でやった演目が子別れ。バカじゃねぇの。あの時談志は食道がんの病床だったのかなぁ? 元気だったらあんな襲名は許さなかったはずです。

訂正

「寄りによって」→「選りに選って」の間違いでした。猿も筆の誤りでした。

おはようございます。(*^-^*)

(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
生こぶ平さん。ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
おばちゃんに大人気。 !(●⌒ー⌒●)!
ファンサービスに大忙しですね。(*′艸`)
∑('◇'*)エェッ!?
こぶ平さんってタレントだと思ってました。
(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

*けんちゃん。。

 もちろん目白の五代目 小さんは50人以上の弟子を抱えて圓生亡き後、東京落語の一大勢力となりました。今の落語協会の会長の市馬さんも、先代会長の小三治も、先々代会長の馬風もみんな小さんの弟子です。

 残念ながら今の小さんは先代 小さんの実子なんですが、サラリーマン的でその落語はまったく面白くないし、弟子も一人もいない。そんなのが今の小さん名跡を名乗っているようじゃ柳家も終わりです。

 藪さん的には、この謝楽祭のイベントを見る限り、林家たい平が落語協会をリードして行くのではなかろうかと思ってます。

*まーぶるさん。。

 藪さんは決してテレビタレントとしてのこぶ平さんは嫌いじゃありません。

 でも林家正蔵と云う落語名跡は、よっぽどの名人じゃなければ襲名しちゃいけない名跡なんです。

 だから多くの落語ご通家は、藪さんが考え出したこぶ蔵を使ってます(^ω^)

 今のこぶ蔵はお爺さんが七代目 正蔵を名乗ったと云うだけで正蔵名跡を使ってるんですが、七代目 正蔵と云うのはナンセンス落語の天才でした。

 七代目 正蔵の音源はSPレコードで短いのが三つくらいしか残ってませんが、お爺さんが亡くなった後に生まれたこぶ蔵は、多分お爺さんの落語を藪さん以上には聞いていないんだと思います。

 あんな凄いナンセンス落語を、何で正蔵を襲名した孫が再現しないのかと藪さん的には不満です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ