FC2ブログ

記事一覧

野鳥の楽園

野鳥の楽園 小石川後楽園
 東京には野生動物がいないと思ったら大間違いで、藪さんの家から電チャリで十分以内で行ける七ヶ所では、毎年ツバメが子育てをしています。

 今年は何と、早朝のツバメ観察で電線を見ていたら、ネズミが電線を伝って歩いてました。電線なんか歩いてたらカラスのエサになっちゃって危険なんだけどなぁ(^ω^)

 年間を通して自然を観察していると、野生動物と云うのはテリトリー(生息領域)を持っている事が判ります。東京近郊の都市ではムクドリやインコの騒音やフン公害が近年では問題になってます。

 でも藪さんローカルではムクドリやインコをほとんど見かけません。それは何故かと云うとカラスが制空権を持っているからです。護国寺の上にある豊島岡墓地は東京のカラスの三大生息地の一つです。

 だから物凄くカラスが多くて、カラスの天敵の猛禽類がいないために、カラスよりも飛行速度の速いツバメや、カラスが入れない狭い場所に巣を作るスズメ以外は、みんなカラスのエサになっちゃいます。ハトでさえ少ない。ゴミを荒らすからカラスを退治しようとした石原元都知事は、まったく自然界のバランスが判ってない。

 ところで野鳥の生息条件と云うのは、人間と同じでまず飲み水があるかどうかです。それから十分なエサがあるかって事です。小石川後楽園とか小石川植物園とか不忍池のように浅い池のある場所と云うのは、その二つの条件を満たしているので野鳥の楽園になります。

 飲み水はあるし、池が浅いので小魚や虫と云うエサを幾らでも食べられるんです。野鳥の天敵はイタチとかタヌキなどの動物で、小石川後楽園にもタヌキが生息しているようなんですが、都会の公園なのでほんの数匹で大繁殖するのは難しい(^ω^)

https://www.youtube.com/watch?v=ucdAlsbx0Eg
 撮影データ・・・令和元(2019)年10月1日(火)午前10時23分 小石川後楽園

コメント

おはようございます。(*^-^*)

小石川後楽園のカモはその辺で見かけるカモより
丸々太って体格も良いですし綺麗です。(*⌒▽⌒*)

太い

    鴨が、十分な栄養があるのか、太ってますね。
わが家の庭に、ムクドリが巣を作り、ヒヨドリが狙い、さらにカラスが狙っていましたが、この連鎖は小石川後楽園にもあるのでしょう。しかし、我が家の連鎖で一番弱いムクドリが、我が家から4Kmくらいの詩役者の前に広がる青葉公園の樹木にムクドリが千羽の単位で、大量に集まり、糞害と鳴き声で近隣の迷惑になっています。数集まると強いですね。

No title

これから冬に向かって冬鳥がやって来るのでしょうね。
最近は夏鳥でも日本が暖かいので帰らないヤツも居るそうです(^^)

*ま~ぶるさん。。

 丸々太って美味しそうなカモですね(^ω^)

 NHKの「ダーウィンが来た」で奈良公園の鹿の歴史を見ました。戦前には七百頭いたのに戦後は百頭足らずに激減しました。戦中の食料不足で食っちゃったんですよね。

 このカモを捕まえて食わないのは、日本が戦争のない豊かな国になった証拠です(^∇^)

*キャバンさん。。

 小石川後楽園の池には鯉がたくさんいてカモはその稚魚をたらふく食べて太ってます。カモセイロを食いたいなぁ(^ω^)

 小石川後楽園には入口に「かんようてい」と云う食堂があるのですが、ハッキリ云ってお勧めできません。値段は高くないんだけれども、大学の学生食堂よりもマズい。蕎麦とかき揚げ定食を注文しましたが、蕎麦は駅そばよりヒドくて蕎麦の感じがしないし、かき揚げは硬くて食えたもんじゃない(^ω^)

 野鳥に関しては、短絡的に考えるんじゃなくて、何度も観察してその地域ごとの最適な対策を考えて欲しいです。それはツバメの子育てにも共通する問題なんです。

*菖蒲園さん。。

 藪さんのコメントが間違ってますね。カモは冬鳥で、冬場に北の国からあったかい日本にやってくるんです。

 不忍池にも北の国に帰らないカモがいるし、皇居のお堀に定住した白鳥もいます。今は渡り鳥を感じさせてくれるのは、来年の三月末に帰って来てくれるであろうツバメくらいかな? (^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ