FC2ブログ

記事一覧

初音の森

初音の森
 日本でブログと云う簡易情報発信システムが一般化したのは15年ちょっと前。それ以前に個人がインターネットへ情報を発信するには、Win95のリリース以来ホームページ(以下HPと記述)と云うシステムでした。

 しかしHPを構築するには、ネットの記述言語であるhtml(エイチティエムエル=ハイパーテキストマークアップランゲージ)と云うのを学ばねばならず、ファイルをHPに上げるにはFTP(エフティピー=ファイルトランスファープロトコル)と云うのを理解しなくてはなりませんでした。

 藪さんは二年間htmlを学習し、当時は誰もやってなかった音源や動画をHPに上げると云う、20年以上前の遅いネットスピードではかなり無理があったのですが、無理を克服する努力をするからこそ新しい技術が生まれ、ノーベル賞がもらえる(^ω^)

 もちろん一般のネットユーザーは努力なんかしません。でもそれでいいんです。ネットの社会と云うのは5%のゼニ儲け主義のプロと、5%の技術を追求するマニアと、90%の初心者でできあがってます。

 現在のユーチューブの動画システムは、我々マニアが15年近く前に様々な試行錯誤を繰り返した結果できあがったと思ってます。だから藪さんは努力もせずに勝手にチューブのシステムを使って銭儲けしている連中は、我々が構築した技術を勝手に使ってる技術盗用者です。ネットから出て行って欲しいです。

 インターネットの技術と云うのはそもそも、各大学が持つデータベースを無料で共有するものでした。そのネットのシステムで業者がゼニ儲けするってのは違法なんです。

 と云う事で、五年前の過去記事を読み直したら、五年前の2014年にもこの時期に台風が来てたんですねぇ。ブログがなぜ急速に発展したのかと云うと、ワープロ感覚で簡単にネットに情報を発信できるようになったからです。当時はブログはネット上の日記だと云われてました。

 ブログと云うのは他の読み捨ての短絡的なSNSシステムとは違って、過去の日記を読み直す事ができるシステムなんです。で、五年前の記事の再掲(^∇^)


 藪さんは文京区名人見習いですから、女優で十代目 金原亭馬生の長女の池波志乃(本名=中尾志津子、旧姓=美濃部)さんのような台東区名人ではございませんので、台東区の事は専門外で良く知りません。

 とは云え、台東区は文京区の東に隣接する区であり、文京区と同じように高度経済成長期以前の東京の下町の情緒を今だに維持している場所ですので、藪さんは文京区以外では最も多くの時間、台東区を取材しています。

 「初音の森(はつねのもり)」と云って、それがどこにあるかお判りにならないようでは台東区名人とは云えません。ちなみに藪さんが「初音の森」の場所を知ったのは二年前で、実際に現地を取材したのは去年です(^ω^)

 この「初音の森(台東区谷中5-5)」の正式名称は「谷中防災広場 初音の森」と云うらしい。いつ出来たのかは台東区のページを調べましたが書いてない。面積は7,150平米ですので、文京区の防災広場になっている「教育の森公園(文京区大塚3-29)」の21,171平米と比べると、三分の一ほどの広さです。

 「初音の森」の場所は、不忍通りの動坂下の交差点から三崎坂(さんさきざか)を東方向へ登り、右にある谷中小学校を越えたら左の路地へ入ってしばらく行くと右にあります。山岡鉄舟や三遊亭圓朝の墓がある全生庵の北側にある広場です。

 「初音の森」を越えて北上すると右に「岡倉天心記念公園」があり、更に歩くと谷中銀座通りの夕焼けだんだんの下に出ると云うロケーションです。

 「初音の森」の場所にはかつて区営のスポーツセンターがありましたが、その跡地を更地にして防災広場にしました。防災機能としては、ベンチがカマドになり、マンホールが簡易トイレになり、照明はソーラーパネルで得ているらしい。

 世界最強の防災設備を供えている文京区の教育の森公園から比べたら、台東区の防災広場なんざ、幼稚園ですな(^ω^)

 数時間の避難ならばこの屋外の広場でもOKでしょうが、冬の寒い時期にこの広場で一夜を明かせますか? 避難場所ってのは単に広い場所があればいいんじゃないんです。避難場所に求められるのはクオリティ(質)であり、防災機能だと思います。

 暴風雨の状況下では、屋根のない広場は避難場所とはなりません。教育の森公園には文京スポーツセンターと云う屋根のある施設があります。水の確保や食糧確保がされていて、藪さんが支払っている住民税がその一部を負担しています(^∇^)

 あんまり書くと、文京区自慢ばかりになってしまいますので、今日のところはこの辺で勘弁して置いてやります(^ω^)

https://www.youtube.com/watch?v=HfvbEbbwWPY
 撮影データ・・・平成26(2014)年10月12日(日)午後 台東区谷中

コメント

こんにちは。(*^-^*)

世界最強の防災設備は素晴らしいですね。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
今回の台風は雨量が多く一歩外に出るだけで
スプ濡れになってしまいます。
老人が歩いて避難所に辿り着くまでを考えると
早すぎるほど早めの避難が良いと思います。

行政が速やかに避難所を開設する事も大切だと思います。

No title

>5%のゼニ儲け主義のプロと、5%の技術を追求するマニアと、90%の初心者でできあがってます。
名言ですね! まあ、私も90%のうちの一人ですが(^^)
今日はウチの方は何か危ないそうです。でも、歩けない親を抱えてる身としては、親を見捨てて避難出来ません。
いざという覚悟はしなくてはなりませんね(^^)

避難勧告

先程、避難勧告が出ました! 区立の建物を委託管理してる身としては軽く避難は出来ません。
歩けない親もいますしね……。

90%の身では

    ブログについては考えさせられる年でしたね。
    衛星放送の画像が乱れてきたので、録画した番組を見ています。まだ見ていない試合があるので、在庫一掃セールです。

*ま~ぶるさん。。

 文京区の防災設備は藪さんが今まで取材した中では最強です。

 とは云え文京区に洪水災害がない訳じゃなくて、文京区の神田川の上流の杉並区の善福寺川が氾濫危険水位を超えました。それはいずれ神田川を経由して水道橋地域を水没させます。

 危機管理と云うのは早め早めの予測が必要なんですね。とは云え藪さんはどこへも避難しません。昭和30年代には藪さんローカルにも台風の水害がありましたが、それ以降は下水道が整備されたので一度も水害はありません。

 もちろん早めの避難情報は必要です。それよりもっと重要なのは避難しなくてもいい環境作りです。文京区はこれまでに数百億円以上の区民税を使って下水道整備をしてきました。

 文京区って避難する必要がないんです。それって考えてみると、いちいち避難所を作るよりもっとも安上がりな災害対策なんですよね。来年のノーベル平和賞には文京区が受賞して欲しいです(^∇^)

*菖蒲園さん。。

 東京は災害が少ないので危機管理の意識が薄いです。今回の台風は予想通りの展開で早くから危険だと云われてました。歩けないお年寄りを抱えている場合は、三日くらい前に区役所へ電話して車で迎えに来てもらって避難所まで送ってもらいましょう。

 菖蒲園さんがお住まいの区でそれをやっているかどうかは知りませんが、その時に役に立つのが国会議員です。平沢さんに電話して事情を話せば何とかしてくれるはずです。

 こう云う時のために日頃無駄飯を食ってる公務員と云うのがいるんです。

*菖蒲園さん。。

 行政は危険レベル5だから避難しろなんて云うけど、暴風雨の中避難なんかできません。危険だと云う情報は既に気象庁から出ているので、避難するしないは自己責任だと思います。

 さっき播磨坂下のコンビニへチューハイを買いに行きました。日曜日にも拘らず植物園は閉園してました。折れた枝が落ちてきて怪我したら誰が責任を取るのかって事になるので、安全が確認されるまで当分休園です。

*キャバンさん。。

 スカパーは放送衛星に飛ばした電波をパラボラアンテナで受信するので、大雨や雷に弱いですね。たびたび放送が中断されそのうちにアウト。録画したものを見るしかないですね。

 キャバンさんローカルはこの台風は大丈夫でしたか? 藪さんは今朝我が家の周りを見回ったら無事だったのでほっとしました。近所の植木は強風でかなりやられてましたけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ