FC2ブログ

記事一覧

大塚阿波踊り

大塚阿波踊り 東京の阿波踊りで一番歴史があるのが、60数回やっている高円寺阿波踊り。二番目が今年47回目の大塚阿波踊りでしょうか。三番目が神楽坂かな?

 阿波踊りには組踊りと流し踊りと云う二つのパターンがあります。組踊りと云うのは一つの連が一ヶ所に留まって子供踊りや女踊り、男踊りの演舞を行います。

 一方、流し踊りは流しそうめんのように、各連が次から次へと踊りながらやって来ると云うパレードのスタイルです。

 組踊りは場所をとらないのでちょっとした広場があればできますが、流し踊りは広い場所を必要とします。東京の場合は道路を封鎖する必要があるために、道路使用許可を警察から取らなくてはならないし警備も必要です。

 地元商店会だけで道路使用イベントの許可を取るのは、騒音の問題をあってなかなか難しい。そこで顔を出すのが政治家です(^ω^)

 取材してみて判るのですが、政治家の挨拶が矢鱈と多い。お座敷遊びの狐拳じゃありませんが、庶民と警察と政治家は三竦(さんすく)みの関係にあるんです。

 庶民は警察に弱く政治家に強い。警察は政治家に弱く庶民に強い。政治家は庶民に弱く警察に強い。ジャンケンができる関係にあります。

 町会の祭りは警察は警備をしてくれませんが、国会議員や都会議員の名前を添えて道路使用許可の申請をすると、大型バスの警察車両が出動して警備をしてくれます。政治家ってのはそう云う無言の圧力をかけてもらうために存在するんです。

 庶民の祭りに対する忖度に関しては野党は追及しません。そんな事をしたら庶民の反発を食らって次の選挙で落選します。世の中ってのはそう云う力関係で動いているんです。

https://www.youtube.com/watch?v=14DUDZ4PwnE
 撮影データ・・・令和元(2019)年8月24日(土)午後四時半過ぎ 大塚駅南口

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ