FC2ブログ

記事一覧

堀切あやめ連

堀切あやめ連 阿波踊り(あわおどり)は、四百年もの歴史があり徳島県(阿波国)を発祥の地とする、全国的に知られた盆踊りです。

 「♪えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ。踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」のフレーズは日本人なら誰でも知ってるでしょう。

 チャンカチャンカ、チャンカチャンカ・・・と云うツービート(二拍子)のリズムで踊る、お賑やかな踊りです。

 同じように二つ折れの編み笠を被って踊る踊りには、越中富山のおわら踊りがありますが、おわら踊りはちょっと前にも記事にしましたが、非常に静かな踊りで阿波踊りとは対照的です。

 阿波踊りは四国徳島を起源とする盆踊りなのですが、東京には徳島県人会を通じて杉並区の「高円寺阿波おどり」として50年以上の歴史がある他、各地でも30年以上の歴史のある阿波踊りカーニバルが行われています。

 高円寺の阿波おどりパレードに刺激されたのかどうかは知りませんが、浅草でも昭和56(1981)年から毎年夏に雷門前の道路で浅草サンバカーニバルがもう30年以上に渡って開催されてます。

 日本人は祭り好きなんでラテン系なんでせうか?(´,_ゝ`)プッ

 阿波踊り独特の表現だと思いますが、一つのグループの事を「○○連(れん)」と云ってます。各地にたくさんの連があり、その連が集まってパレードをすると云う按配になります。

 もちろんそれはメジャーな阿波踊りパレードなんですが、そうじゃなくて十数人の小さな連が町内会のイベントで阿波踊りを披露する場合もあります。

 以下の動画は、文京区の根津商店会祭りのイベントで葛飾区の堀切あやめ連が招待されて、宮永町の裏通りで見事な阿波踊りを披露してくださったものです。

https://www.youtube.com/watch?v=tqptAsBFgpg
 撮影データ・・・平成26(2014)年10月19日(日)午後 根津宮永町 根津商店会まつり


 この動画のチューブでの評価は、好きが二件で嫌いが三件。藪さんは二度とこのような動画をチューブに上げません。

コメント

No title

あやめ連は地元では「しょうぶ祭り」の時しか踊ってないと思います。その他はあちこちで招待されて踊ってるのでしょうね。(^^)

こんにちは。(*^-^*)

軽快なお囃子に阿波踊り、綺麗ですね~。
ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
パレードより見やすいですね。 !(●⌒ー⌒●)!
お子様達も上手に踊ってますね。

*菖蒲園さん。。

 大塚には、家族でやってるような十人ちょっとの連があります。商人祭りの時には出てきますが、大塚阿波踊りの大きな大会には出てきません。おそらくあやめ連も、規模が小さいので大きな大会には出ずに、商店会の結び付きで招待されてるんだと思います。

 あやめ連さんは、下町祭りに付随した根津の四町会の商店会祭りに毎年来てくれてます。

*ま~ぶるさん。。

 堀切あやめ連さんは毎年、根津商店会祭りの時に藍染町と宮永町の路上で阿波踊りの組踊りをやってくれてます。

 子供たちは成長するので、毎年踊り手が代わるようです。五年前の取材の三人の女の子は去年の取材ではいませんでした。

踊り

 おはようございます。
 阿波踊りのリズムは良いですねえ。子供たちの「卒業」での離別は、後継者育成には痛いですね。

*キャバンさん。。

 東京には数十を超える阿波踊りの連があります。東京の最大の阿波踊りイベントは高円寺の阿波踊り大会だと思いますが、その大会に参加するにはある程度の人数で活動している必要があるようです。

 でも神楽坂や大塚の阿波踊り大会ってのは、高円寺のメジャーな大会とは違って地元優先なところがいいです(^∇^)

 例年いろんなパターンの阿波踊りを取材していると、大人から子供までファミリーで阿波踊りをやっているところがあるんです。そう云う小規模な連はメジャーな阿波踊り大会には出てきませんが、小規模だからこそのローカルのファンがたくさんいます。

 子供はドンドン大きくなって、学校の勉強をしなくちゃならないから阿波踊りをやめていきます。このあやめ連さんの去年のスターは、四歳くらいの男の子でした(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ