FC2ブログ

記事一覧

根津二丁目

根津宮永町 藪さんの地元の文京区を初めとして、隣接する台東区や千代田区や新宿区や豊島区や荒川区など、東京都心の主な地域は昭和39(1964)年の東京オリンピック後の、昭和40年頃までの旧町名が、残念ながら「○丁目」と云う、番号表記を多用する無粋な表示に変更になってしまいました。

 タクシー拾って運転手に「吉原へやっとくれ」と云えば、現在でも台東区のソープランド街へ連れて行ってくれるようですが、現在ではその地名はなく台東区千束(せんぞく)三丁目と云う住所表示です。

 ですから「吉原江戸町三浦屋内高尾太夫」なんて宛先でハガキの一本も出してみると面白いのですが、多分「住所不明」で戻って来てしまう筈です(^ω^)

 江戸町通り、仲之町通り、揚屋通り、京町通りと云う、志ん生の「お直し」のような廓噺に出て来る通り名は今でも残ってるのですが、吉原と云う地名は現在はどこにもなくて、志ん生が憧れた吉原と云うイメージの世界にしか吉原の地名は残ってません。

 もちろん現在のソープランドは廓遊びとは別物ですので、吉原と云う地名の消失と共に廓遊びも消えました。

 前置きが長くなりましたが根津宮永町。これも根津遊郭の消失よりもずっとあとになりますが、藪さんローカルの旧町名の消失と共に消えて、文京区の案内板によると昭和40年以降に新住所表示になったようです。

 この裏通りは、宮永町のメインストリートです。一本西側にある不忍通りの更に西側も宮永町でした。北側にある言問通りが根津八重垣町との町境でした。八重垣町と云うのはこのブログでは何度も登場してますが、根津のたい焼きや八重垣煎餅、不忍通りを挟んだところにある「ふれあい館」のある場所です。東側のよみせ通りのところが藍染町で、更に東側の台東区の谷中に接している訳です。

 旧町名と云うのは住所表示からは消えましたが、町会名としては今でも残っていて、祭りの神輿や町会のイベントの半纏やTシャツにはすべて、旧町名の表示があります。根津二丁目なんて書かれた半纏はなく、すべて宮永、八重垣、藍染って書かれてます。

 以前にもこのブログで町名に「宮」が入っているところは、ほとんど神社に関係していると申し上げましたが、この根津宮永町もそうなんです。根津神社(根津権現)が出来た時から既に宮永町と云う町の名前があったそうです。

 その理由は・・・根津権現の宮元(神社の地元)であるから、宮居(みやい=神社)が永遠にと云う意味から「宮永町」となったらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=ZnlFNktPUCY
 撮影データ・・・平成26(2014)年10月19日(日)午後 根津宮永町 根津商店会まつり

 ちなみにこの動画は、藪井竹庵のIDで藪さんが上げた136本の動画の一本なのですが、どう云う訳か現在はそのIDへのログインができなくなっていて、動画の編集ができません。https://www.youtube.com/channel/UCBgQyeLYedQy2FVqx04ccgQ

 このIDにはいい動画をいっぱい上げてあったんだけど、チューブの警告無しの投網的無断削除に対抗するためには、IDを分散して上げるしかなかった。

コメント

こんにちは。(*^-^*)

タクシーがタイムスリップしてくれないかしら??
私も吉原に行ってみたいです。
(*˘︶˘*).。.:*♡
無料で人力車に乗れるなんて素晴らしいですね。
+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆

*ま~ぶるさん。。

 ♪吉原へご案内~(^∇^)

 ノープロブレム。現在でもタクシーに乗って「吉原大門(よしわらおおもん)」と云えば、台東区千束のソープランド街へ行ってくれる筈です。でも今はかつてのお茶屋遊びはなくなったので、吉原観光を含めたはとバスツアーが、一万円程度の低料金で楽しめると思います。

 根津商店会祭りの時は、木造三階建ての串焼き屋の「はん亭」さんの脇から、無料で人力車に乗れます。三台くらいで宮永町会を巡回してますが、ほとんどの人が知らないので行列せずに乗れます(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ