FC2ブログ

記事一覧

天神様の誠

天神様の誠 天満宮(天神様)の縁日は毎月25日。1月25日はその年の最初の縁日なので初天神と云っている。

 毎年湯島天神の初天神を取材しているが、今年ほど大混雑していたのは初めてだ。考えてみると令和初の初天神だったからなのかなぁ?

 湯島天神は本殿を中心に回遊式になっていて、都心の神社として狭いけどコンパクトに見て回りやすくなっている。

 天満宮の本家は、九州大宰府の天満宮。藤原氏の諫言(かんげん=チクリ)によって、当事右大臣と云う政治のナンバー2になっていたのに、清廉潔白で賄賂を受け取らなかった菅原道真公は大宰府に左遷されてしまった。

 道真公を乗せた牛車を牽いていた牛が動かなくなってしまった。従者はどうしたのかと思って牛車の中を覗いたら道真公が亡くなっていた。後にその場所に建立されたのが太宰府天満宮。

 大阪にも、お祭りの時の船の渡御が有名な大阪天満宮があります。東京の天満宮は「湯島の白梅」で有名な湯島天神や、藤棚で有名な亀戸天神。祭りの大太鼓で有名な谷保天満宮などがあります。

 60代になって電チャリ取材しかしなくなった藪さんは、当然ながら地元文京区の湯島天神には年間で十回以上取材に行ってます。初詣で、初天神の鷽替え神事、節分の豆まき、梅祭り、五月の例大祭。11月の菊祭りとイベントが盛りだくさんですからね。

 雷除けのまじないは「くわばら、くわばら」とか、飛び梅伝説とか道真公にはいろんな逸話があるんですが、鳥のウソに関する逸話は・・・道真公が蜂に襲われた時に鷽が飛んできて蜂を追っ払ったらしい(^ω^)

 この事から、去年の凶事を嘘にして、新しく木彫りの鷽人形を買って、天神様の誠のご利益に預かろうと云う魂胆。信じる者は救われる事もある。宗教とはそもそもそう云うものであり絶対じゃないんです。宗教を絶対視するバカな連中もいますけどね。

 この映像をチャイナに見せたらビックリするでしょうね。忍耐強い日本人はおとなしく行列してトラブルがまったく起きていない。それも天神様の誠によるものなのでしょうか? (^∇^)

https://www.youtube.com/watch?v=phKG_nQKEDI
 撮影データ・・・令和二(2020)年1月25日(土)午前10時18分 湯島天神

コメント

おはようございます。(*^-^*)

天神様のご利益を授かりたい方でいっぱいですね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
神社側も売り切れないように準備するのでしょうね。
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
屋根の柱が長く突き出してると「オス」なのですね。
....〆(・ω・。) メモメモ
ご取材お疲れ様でした。

*ま~ぶるさん。。

 絵馬は年間を通して売る事ができるんですが、鷽人形は1月24日と25日にしか売る事ができないので、神社としても生産量を考えますよね。売れ残ったら廃棄するしかありません。

 でも藪さんは亀戸天神前の雑貨屋で鷽人形を売ってるのを見た事がありますが、神社で買うとの違ってありがたみがまったくありません(^ω^)

 便宜的に売るとか買うと表記してますが、神社の場合は初穂料を納めて物品を授与されると云います(^∇^)

 神社は神殿作りの様式に従って作られてます。大相撲の土俵の上の吊り天井もその様式に従ってます。神輿作り職人もそうなんですが、一般の大工さんとは違って、60年ごとの出雲大社の修復や20年ごとの伊勢神宮の式年遷宮は、特別な技術を持った職人さんがやってます。

 本殿の屋根の上に突き出た交差した二本の柱の先端。詳しく観察すると形が違うんです。御祭神の関係で、男の神様を祀ってる神社は柱の先端が上向きで、女の神様が御祭神になっている神社は先端が平らなんです。

 これは多分林修先生でも知らない薀蓄です(^ω^)

No title

令和初ということもあるのかも知れませんが、土日にかかると人が増えますね。
昨今は皆、土日に集中しますね。
平日だと人は寄らないですね(^^)

*菖蒲園さん。。

 観光客の参拝者が多い神社はもちろん土日が混雑するのですが、湯島天神は受験生や修学旅行生が多いので、平日でも時期的に混雑します。

 藪さんのような年寄りは平日でも出歩きますからね。2月3日の豆まきまではちょっと空きますが、2月8日から一ヶ月間の梅祭りの時はずっと混みます。そのあとは五月の例大祭までガラガラです(^ω^)

 古金亭や小満んさんが参集殿で平日に落語会をやってくれるのは、ひまな時期のイベントとしてありがたいんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ