FC2ブログ

記事一覧

山紫水明

山紫水明 東京ドームシティのウィンターイルミネーションってのは、毎年様々なテーマで作られてます。イタリア特集でピサの斜塔を作ったりゴンドラを作ったり、江戸情緒で花火のイルミを作ったりね。

 それが成功しているかどうかは評価の分かれるところで、藪さんのような厳しい評論家にはぼろ糞に云われてしまう(^ω^)

 今年のテーマは山紫水明(さんしすいめい)でした。「美しい自然の風景をさしていうことば。山は日の光で紫色にかすみ、水は清く澄んでいるようす。」(学研 四字熟語辞典)

 と云う事で一部を見回ってみると、今年は行灯に描かれた浮世絵が山紫水明の売りらしい。藪さんから云わせるとそのプレゼンがまったくダメです。

 なぜかと云うと、浮世絵を描いた行灯が足元にあったんじゃまったくそれに気が付かない。何で目の高さに置かないの?

 この動画をご覧になればお判りのように、藪さんが腰をかがめて階段にある行灯を撮影するのにどんだけかがめた腰の痛みに耐えたか?

 このイベントのディレクターはそう云う事まで理解していない素人だと思います(^∇^)

https://www.youtube.com/watch?v=3KOCTo4fL7g
 撮影データ・・・令和二(2020)年1月30日(水)午後7時54分 東京ドームシティ

コメント

No title

行灯に浮世絵というのは平凡ですね。道の横に並べているのは遠くからの見栄えを考えてのことだと思いますが、近寄らないと、確かに何の絵か判りませんね(^^)

おはようございます。(*^-^*)

うわぁ~。綺麗~。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
美しい行灯の数々ですね。
花火のイルミは残念でしたが・・・ (*′艸`)
今シーズンは素敵です。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
美術館ではないので、
説明がなくても綺麗だなと眺めるだけで良いと思います。
低い位置なので撮影がお辛かったですね。
綺麗な行灯とイルミを見せていただき
有り難うございました。(人''▽`)ありがとう☆

*菖蒲園さん。。

 この行灯のディスプレイを考えたのは多分若い人で、見る人の姿勢まで考えが及ばなかったんだと思います。この行灯を設置した電気屋さんや工事人はどう云う姿勢だったのか? そこまで考えが及べば、見物人はその姿勢を強いられる事を考えて、目の高さに行灯を設置するはずです。

 靖国神社のみたままつりの手書き行灯は目の高さに吊ってあります。足元に設置したら誰も見ないって事を判ってるからです。行灯って四面あるんです。最初藪さんは走馬灯のように絵が回転するのかと思ったのですが固定式で、裏側に何が描いてあるのかが判らない。

 もう一度詳細に取材する必要があると考えてますが、折角作るんだからよく企画書を検討して欲しいと思います。

*ま~ぶるさん。。

 今年のドームゾーンのイルミは結構綺麗でしたね。問題は、水の中にある行灯の絵が見えないんです。もっと大きくして手前においてくれれば見えるんですけどね。

 階段を下りながら行灯の絵を撮影したのは失敗だったかもしれません。階段を登りながら撮影したらちゃんと撮影できたかも。マカロントンネルがどうなったかの撮影もやってないので、あと数回取材に行きたいです。

 それはさて置き今日は簸川神社の豆まきの取材に行っていました。子供たちがたくさんいて楽しい豆まきでした。例によって鳶の木遣りで始まりました。河津桜も咲き出したし藪さん身体が痛いからって寝てらんない(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ